OKAN WEB MAGAZINE

"働く人のライフスタイルを豊かにする!日本一"おせっかい"なOKANのウェブマガジン"

  • #ワークライフバランス
  • #仕事観
  • #働き方
  • #意識
  • #株式会社リサーチ・アンド・ディベロプメント

働き方

働き方改革で変化する仕事への情熱とは?首都圏在住者の意識調査

働き方


株式会社リサーチ・アンド・ディベロプメントは、首都圏在住の18~79歳男女3,000人を対象に自主調査を行ない、その中から「仕事に対する考え方」について、20~59歳有職者を対象に分析を行いました。

“置くだけ”社食で、イキイキ働けるオフィスづくりを目指す!

仕事に対する意識の変化を10年前と比較して検証

仕事に対して力を入れていきたい人がやや減少

(株)リサーチ・アンド・ディベロプメントが実施した調査によると、仕事に対して『力を入れる』割合は、2007年:62.0%→2017年:56.8%と、5.2ポイント低下しており、仕事に対する『満足』割合は、2007年から35%前後を推移し、大きな変化はみられません。

『力の入れ方』と『満足度』を掛け合わせてみると、「仕事に非注力・満足度【低】」の割合が最も高く、2007年と比べても増加しています。(図1)

仕事に関する考え方は思い入れや独立心が低下

10年前と比べ、「組織に属している方が安心」「仕事はお金を得るための手段」「仕事よりプライベートな生活の方が大切」などの意識が増加しています。

一方で、「自分のオリジナリティを発揮できる仕事をしたい」「いずれは独立して商売や事業を起こしたい」「人々や社会に貢献できる仕事がしたい」、「どこでも通用するプロの力を身に付けたい」などの意識は低下しています。(図2)

「努力してもなかなかむくわれない」「のんびりやりたい」意識が上昇

アベノミクス発表後、2013年に一旦は「努力が報われる」感が高まったものの、再び「今の世の中は、努力してもなかなかむくわれない」が徐々に増えています。

「あくせくしないでのんびりやりたい」も2013年以降5.0ポイント増加。(図3)

インサイト(R&D)

変わりゆく「仕事」に対する態度。

この10年間には、リーマン・ショック、ITの進化、アベノミクス、働き方改革と、仕事周りで色々な環境変化がありました。現在は10年前と比べ、『より短時間で、より多くの成果を挙げる』ことが厳しく求められるようになっています。

効率最優先の観点からは、時間をかけて試行錯誤しながら何かをしっかり身につけよう、そこからオリジナリティを作り出そう、という働き方は難しくなりました。また、「仕事はお金を稼ぐ手段」ではあっても、稼ぐことへの貪欲さは薄れています。ワークライフ・バランスが叫ばれる中、仕事に対してあまり多くを望まず、あまりエネルギーもかけない・・・と、淡白な意識・態度が増えているように思います。

今後、AIによって人々の仕事が大きく変わると言われています。単なる『効率』ではAIに敵いようもない中で、人間ならではの創造力や、新しい物事を作り出していく力、やり抜いていく力、が必要となるはずです。そういう力はどうやって培っていけばよいのでしょうか。また、そういう力にはどれだけのエネルギーが必要なのでしょうか。

改めて、仕事や働き方の『今と未来』について向き合う必要があるのかもしれません。

調査結果の詳細

調査結果の詳細は、無料ダウンロードレポート『変わりゆく「仕事や働き方」に対する価値観』にてご確認いただけます。

本リリースで取り上げた結果以外にも、以下の内容が掲載されています。

・仕事に関する考え方
・仕事に関する考え方/仕事への注力&満足度の意識別
・常識に対する考え方/10年前から比較
・心の豊かさ・豊かな生活に対する考え方/10年前から比較

今回発表されたデータを含む単年の集計表が100,000円(税別)にて販売されています。
(18~79才まで性年代別等基本分析軸での集計表アウトプット)

※データは R&D CORE(生活者総合ライフスタイル調査システム)を利用

詳細は同社ホームページ https://www.rad.co.jp/ をご覧ください。

CORE 2018 調査概要

    調査名: CORE2018 マスター調査
    調査地域: 首都圏 40km圏(調査地点 200地点)
    調査対象: 18~79歳男女個人
    サンプル数: 有効回収 3000サンプル (人口構成比に合わせて、性×年代別を割付)
    サンプリング手法: 住宅地図を用いたエリアサンプリングで抽出
    調査手法: 訪問・郵送併用の自記入式留置調査
    調査実施時期: 2017年10月(毎年1回 10月実施)

※『CORE』は、株式会社リサーチ・アンド・ディベロプメントの登録商標です。

※1982年から約30年、生活者理解のために毎年実施している調査です。

リリース元

コンビニ食が続く
ランチ代が高い
もっと健康的な食事を提供したい
社員食堂を作るスペースや費用捻出は難しい
1品100円の食事サービスで、こんなの食環境を改善しませんか?

Writer 執筆者

おかんの給湯室編集部

メディアで話題の食の福利厚生 初期費用0円で簡単導入!