OKAN WEB MAGAZINE

"働く人のライフスタイルを豊かにする!日本一"おせっかい"なOKANのウェブマガジン"

  • #人事労務
  • #働き方
  • #労務

業務効率化

労務の役割とはなにか? 仕事内容、「人事」との違い、必要な能力について解説

業務効率化


労務の仕事は多岐に渡ります。その業務のあまりの幅広さに「こんなことも労務の仕事にあたるのか!」と感じたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。一方、「人事労務」と一括りにされることも多く、それぞれの役割について迷うこともあるかもしれませんね。

今回の記事では労務の役割について、仕事内容や人事との違い、やりがいや必要な能力、資格などについてお伝えしていきます。

社員が喜ぶ福利厚生No.1なら、全国対応の“置くだけ社食”

労務の仕事内容とは?

労務の仕事は、「安心して従業員が働くことができる組織を作り、維持すること」といえます。従業員をサポートする立場ともいえるでしょう。

具体的には、労務には以下のような業務があります。

・労働契約の管理、就業規則
・給与計算、勤怠管理
・各種保険手続き
・安全衛生管理
・福利厚生
・労働トラブルなどの対応
・その他、従業員に関するすべてのこと

以上のように労務の仕事は、働く従業員にかかわる事務全般のことを指します。

企業が従業員と労働契約を結び、労働時間や休日を管理、そして給与計算をし、各種社会保険の手続きをおこなう。さらに、健康診断やストレスチェックを実施し、従業員の健康と安全を守る。福利厚生で社員のプライベートの充実をサポートする。ハラスメントなどの労働トラブルから社員を守る、など。そしてその他、「とりあえず労務に相談しよう…」というようなことも持ちこまれがち。これがまた労務担当者の頭を悩ませるところなのです。

また、これらがきちんと対応されているか、行政に対して報告する義務もあります。細々とした仕事がたくさんあり、従業員が多ければ多いほど乗数的に管理が煩雑になる労務業務。ミスは従業員の不利益に直結するため、正確に、丁寧に、かつ素早く対応しなければなりません。くわえて、個人情報を扱うため、常に整理整頓をこころがけるなど情報セキュリティにも配慮する必要があります。

労務と人事の違い

労務と人事の違いを簡単に表すならば、労務は従業員の「現在」に関わる仕事、人事は「未来」に関わる仕事といえるかもしれません。

どちらも「人」を対象としていますので、同じ部署がまとめて担当している企業もあるのではないでしょうか。企業によって異なることもありますが、人事の仕事は大きく分けると以下のようになります。

・採用活動
・教育、研修の実施
・人事評価
・異動、配置転換

労務が組織の土台を作り、維持・改善をする仕事であることに対して、人事は従業員、そして企業の「未来」を創造する仕事といえるでしょう。どんな人材を採用するか。そしてどう育てるか。企業の状態と従業員一人ひとりの適性を見極める。そしてどこに誰を配置すると、より良くなる可能性があるのか。

維持ではなく変化を利用して、よりよい企業にするために業務に取り組むのが人事の仕事です。仕事内容は異なるものの、根底にある「従業員がのびのびと働く組織づくり」というところは共通する部分がありますね。

また採用活動などでは企業の顔となりますので、労務と比べると人事の方が、より対外的な仕事であるといえます。

「人事労務」と括られる理由

ではなぜ、人事と労務は企業内で括られていることが多いのでしょうか?

先ほどもあげたように、どちらも「人」を扱う部署であることが共通しています。とくに社員の個人情報を扱う部署であるということです。

労務は業務上、従業員のプライベートな情報を目にする機会ばかりではないでしょうか。たとえば従業員の収入、家族構成、住んでいる場所、さらには健康状態など。

また人事は、学歴、職歴などの経歴や、もっている資格などの個人情報も取り扱っています。
これらはどちらも秘密保持の姿勢で取り扱わなければなりません。個人情報を社内で分散させるよりも、一箇所にまとめたほうが管理しやすいという点が括られる理由のひとつにあげられます。

また労働トラブルが起きた場合、その解決策として異動や人事評価につながることもあるかもしれません。とくにハラスメントのようなデリケートな問題の場合、被害者の不利益にならない行動が求められます。その場合、労務と人事がつながっているととてもスムーズです。

従業員と深く関わる部署ということで、人事労務とひとくくりにすることが多いと考えられます。

労務業務のやりがい

労務業務のやりがいは、「自分が蓄えた知識が確実に仕事に反映される点」といえるのではないでしょうか。

労務業務は労働基準法を中心としたさまざまな法律や規定、条例を使って仕事に取り組みます。さらに使用する法規は日々改正され、また新しいものもつぎつぎと策定されていきます。

業務を円滑におこなうためには、常にそれらの知識をアップデートしていかなければなりません。大変な仕事ではありますが、勉強したことが仕事に直結するため、成果を感じやすいこともたしか。自分が知識を取り込んだ分だけ、仕事がしやすくなる。これを実感できることは、おもしろさを感じるポイントではないでしょうか。

また社員から持ち込まれる案件によっては、企業と社員の間に立って問題を解決していくこともあるでしょう。自分の持てる知識を120%活用し、お互いが納得する着地点を模索するのは、難しいですがやりがいを感じられるはず。

そして労務担当は、会社を支える屋台骨といってもいい存在です。労務担当がしっかりしていればいるほど、社員が余計な心配をせず、のびのびと働くことができます。

・どうしたらこの会社がよりよくなるか。
・社員がより気持ち良く働くためにはなにが必要か。

このような大きな視点で業務に取り組めることが、なによりやりがいになるのではないでしょうか。

労務に必要な能力

柔軟性とコミュニケーション能力

事務仕事が多いので、意外に思われることもあるかもしれません。しかし従業員の対応をするとき、不快感や不信感を与えてしまうと、従業員のモチベーションの低下や企業に対する不信感を引き起こしてしまう可能性があります。

また従業員が抱える問題に対して、一方的な対応をとることは反発に繋がりかねません。しっかりと従業員の顔をみて対応できるコミュニケーション能力と、柔軟な対応力が必要とされるでしょう。

知識と根気強さ

柔軟な対応をするためには知識が必要不可欠です。社員への対応は、基本は各種法令や社則、例規などに法っておこなっていきます。

しかし社員が多ければ多いほど、基本的な流れで対応できないケースが増えます。ここまではセーフ、ここからがアウト、のような線引きができないとより良い対応ができません。

複数の法規を視野にいれて判断していく必要もあります。また過去の事例を延々と見返すこともあるでしょう。

ですので労務には、コツコツと勉強して知識を積み上げることができる方が向いています。ほかにも給与計算をはじめ、一人でひたすらコツコツと取り組まなければならない仕事がほとんどです。根気強さが求められるでしょう。

秘密保持の姿勢

先ほどもあげたように、労務は個人情報を取り扱うことが多い仕事です。社員のプライベートな情報や、抱えている問題などを知る機会が多くなります。従業員の情報を守るという情報セキュリティ意識の高さが求められます。

労務に関する資格

社会保険労務士

労務の専門家となる国家資格です。かなりの勉強時間が必要であり、合格率も10%程度と難易度が高いため、多くの企業は外部に依頼しているのではないでしょうか。

企業の労務担当として必須ではありませんが、今後のキャリアプランの中で、労務のプロとして独立したい方は必ず取るべき資格です。またこの先ずっと、労務に関係する仕事についていたいと考えている方は挑戦してみてもいいかもしれません。

労務管理士

社会保険労務士と名前はよく似ていますが、こちらは国家資格ではありません。民間の団体が認定しているもので、企業内で必要とされる知識に関する資格です。内容としては、労働基準法を中心に、その他労務管理に必要な専門知識が問われます。

通常は指定された講座を受講して受験となりますが、実務経験を重視する「書類審査による資格取得」という方法もあります。

こちらは「労務に関する3年以上の実務経験」、「労務管理士資格取得者の推薦」が必要です。労務担当になって3年以上たち、今までの知識をブラッシュアップしたいという方にオススメです。

2級と1級があり、2級を取得してから一定の条件を満たすと1級の受験資格が得られます。企業によっては資格手当が期待される場合もあり、キャリアアップにつながる資格といえます。

衛生管理者

労働基準法で従業員が50名以上の事業所には必ず1名おくことになっており、国家資格です。社内の衛生管理に関する関係法令や労働衛生などが試験問題となります。

合格率も60%を超えるなど比較的挑戦しやすい資格です。そして50名以上の事業所では必ず資格をもつ担当がいなければならないため、重要度はかなり高いです。労務担当者が少ない会社では、ほぼ必須の資格といってもいいでしょう。

労務関連の部署に配属されたらまず衛生管理者からチャレンジしてみるといいかもしれません。

労務の役割とは、よりよい会社、労働環境をつくること。

さて、本記事では労務の仕事についてお伝えしてきました。あらためてポイントを下記にまとめます。

【本記事のポイント】

労務の仕事とは従業員が気持ちよく働くことができる環境を作り、維持すること
労務と人事の違いは、企業や従業員の「現在」に関わるか、「未来」に関わるか
ひとくくりにされる理由はどちらも従業員との関わりが深いから
労務業務に必要な能力は柔軟性とコミュニケーション能力、知識と根気強さ、秘密保持の姿勢

労務業務は多岐に渡ります。さらにミスはなくて当然とされている仕事が多く、扱う仕事量も多い部署です。成果は目に見えにくく、ミスばかりが目立つので損だなと思うこともあるかもしれませんね。

しかし企業になくてはならない部署であることは、間違いありません。

地味な仕事でも一つひとつ、誠実に確実に扱っていくことが信頼につながります。

「労務にはあの人がいるから安心だ。」と従業員から思ってもらえる存在になれたらー。そう考えると、どの部署よりもやりがいがあるのが労務の仕事なのかもしれません。

ランチ代が高い
コンビニ食が続く
もっと健康的な食事を提供したい
社員食堂は予算的に作れない

どんなオフィスにもフィットする1品100円の食事サービスを導入しませんか?

Writer 執筆者

おかんの給湯室編集部

メディアで話題の食の福利厚生 初期費用0円で簡単導入