OKAN WEB MAGAZINE

"働く人のライフスタイルを豊かにする!日本一"おせっかい"なOKANのウェブマガジン"

  • #NEWS ZERO
  • #テレビで紹介

おかんのコト

リモートワークの従業員支援を!新サービス『オフィスおかん仕送り便』がスタート

おかんのコト


新型コロナウィルス感染症が世界に大きな影響を与えています。様々なことが制限されたり変化している中で、働き方も大きく変化の時をむかえています。その中で、リモートワーク中の従業員支援サービス『オフィスおかん仕送り便』を5月13日(水)よりスタートしました。この新サービスは、オフィスで利用する置き社食「オフィスおかん」にて提供しているお惣菜を、出社を控えている従業員のご自宅にお送りするサービスです。

社員が喜ぶ福利厚生No.1なら、全国対応の“置くだけ社食”

なぜ『オフィスおかん仕送り便』を始めたのか

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大を受け、緊急事態宣言の延長が宣言されました。在宅勤務の長期化に伴い、企業・従業員ともに柔軟な対応が求められています。今回の『オフィスおかん仕送り便』により、休園・休校により増加している育児家事負担軽減や、従業員同士のコミュニケーション不足を解消し、仕事と自宅での活動の両立の支援を企業としてサポートいただくことが可能です。

緊急事態宣言後、テレワークを導入する企業が増加しています。“企業の社会的責任”として、長引く在宅勤務による “従業員のフィジカルヘルス・メンタルヘルスの悪化”や“育児家事負担の増加”を解決したいと、導入企業・ご検討企業から強い要望をいただいておりました。『オフィスおかん』ではお持ち帰りいただくことで、仕事と自宅での活動の両立を支援してきましたが、あらゆる“働く人のライフスタイルを豊かにする”ため、『オフィスおかん仕送り便』のスタートに踏み切りました。

代表沢木のコメント:新サービス提供の背景

代表沢木のコメントとあわせnoteに記載しています。
OKANが自宅向けの「オフィスおかん」にチャレンジするのは、ミッション・ステートメントの実現のために必要なことだから

株式会社OKANでは、『望まない離職』を生み出さない社会の仕組みづくりを進めて参ります。事業や企業活動を通して、仕事と生活の調和をとる上で、個人が大切にしたいと考える生活観や家族観などの価値観『ワーク・ライフ・バリュー(WLV)』の支援をおこない、個々人がそれぞれの価値観に合わせて理想の働き方をつくることのできる“働きつづけられる”社会の実現を目指します。

【サービス概要】オフィスおかん仕送り便

『オフィスおかん仕送り便』は、個人宅に社食を提供するサービス。社食同様、企業の負担によって、従業員の皆様に健康的な食事をとっていただける福利厚生です。毎月、季節に応じた旬の物や全国の地の物を使用し、管理栄養士が監修したオリジナルの健康的なお惣菜を、プランに応じた個数お送りします。1袋ごとに小分けされたお惣菜なので、複数を組み合わせて定食のようにご活用いただくことも、お子様の昼食のプラス1品としてご活用いただくこともできます。

提供企業は「在宅勤務補助」など、仕事と自宅での活動の両立を支援するツールとして、“従業員のフィジカルヘルス・メンタルヘルスの悪化”や”育児家事負担増加“の解決にご活用いただけます。

提供期間
2020/05/13〜2020/7/31(約3ヶ月) 
※お届けは6月頃より随時。
※社会情勢の変化に応じて延長などを検討

対象企業
日本全国の企業(海外・離島を除く)
※仮申込された企業様より順次詳しいご案内をさせていただきます

プラン
提供人数・惣菜個数/人にあわせご提供。
50,000円(税抜き)Sプラン 最大提供人数20名 〜

サービス特徴・利用イメージ
① 電子レンジのあたためは約1分。好きなときに手軽に食べられて家事負担軽減が可能
② 偏った食事のプラス1品で健康管理が可能
③ 安全安心で健康的な惣菜で、自宅にいる子供の食事にも提供可能
④ 新入社員とのオンラインランチにも利用可能
⑤ オンライン飲み会で従業員同士のコミュニケーションとしても利用可能

商品イメージ
さばの味噌煮、ハンバーグ、肉じゃが、かぼちゃ煮 をはじめ、旬の物や全国の地の物をつかったお惣菜。
※月によって内容が変わります

置き社食『オフィスおかん』とは


働き方改革・健康経営などの取り組みの一環として、食生活の支援を通して、働く人と企業に起こる様々な問題解決を目的としてご利用いただいているサービスです。

オフィスに冷蔵庫・自販機と専用ボックスを設置し、健康的なお惣菜をはじめ、ご飯・カレーなどを常備することで、手軽に健康に気遣った食事をとっていただけます。導入企業の従業員は、全国各地の地の物、旬の物を使用し管理栄養士が監修したオリジナルの健康的なお惣菜や白米・玄米・カレーなどもすべて1品100円で購入ができます。ご利用に際して必要となる専用集金ボックスや使い捨て耐熱皿などの付属品も貸与・提供。昼食のみならず、持ち帰って夕飯やお弁当のおかずにするなど、働く人のライフスタイルにあわせて利用シーンもさまざまです。

オフィス、クリニック、商業施設、工場、教育機関など規模や業種を問わず、全国47都道府県2,000社以上が導入。「健康経営の促進」「従業員のロイヤリティ・満足度の向上」「社内コミュニケーション活性化」「従業員の家事育児負担軽減」など、企業の課題を解決する新しいアプローチのツールとしてご活用いただいているサービスです。

関連記事
オフィスおかんの評判・料金・提供エリアは?導入事例や効果を徹底解説

[全国版導入事例] オフィスおかんのメリット・デメリットは?

ランチ代が高い
コンビニ食が続く
もっと健康的な食事を提供したい
社員食堂は予算的に作れない

どんなオフィスにもフィットする1品100円の食事サービスを導入しませんか?

Writer 執筆者

おかんの給湯室編集部

メディアで話題の食の福利厚生 初期費用0円で簡単導入!