OKAN WEB MAGAZINE

"働く人のライフスタイルを豊かにする!日本一"おせっかい"なOKANのウェブマガジン"

  • #健康経営
  • #働き方改革
  • #従業員満足度
  • #社員食堂
  • #社食

オフィス環境

社員食堂を運営する業者・委託・運営会社を徹底検討!|運営・比較・メリット

オフィス環境


「社員食堂について情報を集めている。詳しく知りたい」

本記事は、そのような企業の人事・労務・社員の方に向けて書かれた記事です。
実は今、健康や従業員満足度向上を願う人たちから、食における福利厚生が大変注目されています。それは会社側から見ても、従業員側から見ても、「食」というものが会社に大きく関わるポイントとなるためです。本記事では、食事の福利厚生が注目を浴びる理由から、社食の運営についての情報を網羅的にまとめています。

“置くだけ”社食で、イキイキ働けるオフィスづくりを目指す!

食事の福利厚生が注目を浴びる理由

最初に、なぜ今食事の福利厚生が注目を浴びているのかを説明します。 社会的な背景から見ていきましょう。

労働人口減少、中途採用市場の活発化

一言で言うなら、労働人口が減少し、また中途採用市場が活発化し、企業側が従業員の定着化のための努力をしないといけないからだといえるでしょう。

どの企業でも人不足となり、採用がとても難しい状況ですよね。さらに、転職市場が活発化し、以前に比べると簡単に転職ができてしまうようになりました。企業も努力を推進しないと労働力を維持することができず、企業の生産力の維持・向上が非常に難しくなっています。だからこそ企業としての「働き方改革」、つまり従業員の満足度、生産性向上などのための取り組みが注目をされているのです。

社会全体的に見ても、少子高齢化、人口減少により、労働人口が減少しています。国立社会保障・人口問題研究所が発表した出生中位推計の結果によると、これからも労働人口は下がる一方だという見込みです。「働き方改革」というのは、このままでは、日本全体の国力・生産力の低下は避けられない問題だとして、日本の将来を予測し、内閣が動き出したものなのです。

このような背景から、今、食事の福利厚生が注目を浴びる理由がわかります。

参考:働き方改革まとめ!事例・助成金・メリット情報を網羅
参考:人事必見!従業員エンゲージメントを維持するには「継続」がカギ

食事の福利厚生を従業員は重視している

過去の記事での調査で食事の福利厚生は従業員から選ばれているという結果が出ています。

あると嬉しい福利厚生の調査結果

マンパワーグループが2015年に行った調査では、従業員の方があると嬉しい福利厚生は以下の順位でした。
1位:「住宅手当・家賃補助」(48.3%)
2位:「食堂、昼食補助」(33.9%)
3位:「人間ドックなど法定外の健康診断」(33.0%)

「住宅手当・家賃補助」は金額が大きいことから社員に喜ばれることが多いです。「食堂、昼食補助」は毎日の出費が抑えられるだけでなく、社員食堂などがあれば昼食を取るために移動する手間を省くこともできるので2位であることに納得できます。

実際にあって良かった福利厚生の調査結果

そして実際にあった福利厚生でよかったとものは次のとおりです。
1位:「食堂、昼食補助」(17.1%)
2位:「住宅手当・家賃補助」(16.7%)
3位:「余暇施設、宿泊施設・レジャー施設などの割引制度」(14.5%)

先程の1位と2位が入れ替わり、僅差ですが「食堂、昼食補助」がトップになりました。

「住宅手当・家賃補助」は金額こそ大きいものの条件によって受け取れない人もいる反面、「食堂、昼食補助」はほぼすべての社員が毎日利用できるためこのような順位になったと考えられます。

<出典>「会社の福利厚生として良いと思うもの」「実際にあった福利厚生でよかったと思うもの」についてのアンケート

サラリーマンのお小遣い事情

この数字の背景にはサラリーマンのお小遣い事情も関係していると考えられます。

新生銀行が男女2700名を対象に行なった「2017年版 サラリーマンのお小遣い調査」によると、サラリーマンのお小遣い金額は年々減少傾向にあることがわかります。

サラリーマンの昼食代事情

そして減少傾向にあるお小遣いに対して、昼食代は以下のようになっています。

女性の昼食代は大幅に減少しているものの、これまでも大きな変動を繰り返しているため一概に説明することは難しいです。

しかし、男性に関しては比較的に安定しており、お小遣いが減少していても昼食代は一定額確保する必要があることが伺えます。こうした背景を受けて住宅手当や健康診断などの非日常的な福利厚生よりも、食事補助のような日常的な福利厚生の満足度が高いのだと考えられます。

このように食事補助が従業員に喜ばれる福利厚生であることがわかります。

参考:食事補助で手軽に満足度の高い福利厚生を!関連サービスも紹介

そもそも社員食堂ってなに?


さて、それでは社員食堂について具体的に見ていきたいと思いますが、その前に、そもそも社員食堂とは一体どのようなものを指すのか? について軽く触れておきたいと思います。

社員食堂とは一言で言うと、「企業などの給食施設、またはそのための食堂」です。

一般的には社食(しゃしょく)と略され、呼ばれていますね。事業所の近くに飲食店がなかったり、セキュリティの関係上、業務中に社外に出られない場合に設置されたりします。福利厚生という観点で設置されたりするので、価格設定は一般の外食産業と比べるとやや安め。休憩室・談話室・社内の行事の会場等として、スペースを活用することもあります。

また、東京都庁のように一般にも開放されていることも多い一方、セキュリティ上の問題もあるので、所在を公開することを控えることも少なくないようです。

関連記事:社員食堂のメリットは?従業員に喜ばれる食事サービス徹底比較

社員食堂の運営方法

それでは、社食の様々な運営方法(運営方式・費用負担・清算方式・供食形態)について見ていきましょう。

運営方式

一口に社員食堂といっても、会社や規模によって様々なスタイルがあります。もしもあなたが、社食の運営を始めることを考えているのなら、最初の仕事は、自社でどのような方式で運用していくのか、どのくらいの規模、どんな雰囲気の社員食堂にするのか、イメージを定めることだといえます。

【運営方式】

①直営方式
企業で直接調理師・栄養士・調理補助などのスタッフを雇用し、会社事業の一環として運営・管理する形態
②準直営方式
給食会社を新たに設立し、その会社に給食業務を運営・管理させる形態
③外部委託方式
事業主が委託した給食業者が給食業務の一部(調理・配膳・食器洗浄)または全てを運営・管理する形態

ちなみに、社員食堂を運用している会社のうち、4割以上が直営方式を採用しています。直営方式を採用する場合は、どのようなスタイルの社員食堂にするのか、さらに自社スタッフで企画していきます。

費用負担

費用の負担については次のような種類があります。

【費用負担】

全額を企業側が負担
直接費(食材費)の一部を喫食者が負担
直接費(食材費)の全部を喫食者が負担
直接費(食材費)の全部と間接費の一部を喫食者が負担
全額を喫食者が負担[/box]

清算方式

精算の方式については次のような種類があります。

【清算方式】

現金(食券制のところと、直接支払うところの両方がある)
記名名札式
記名カード式
回数券式
身分証明式[/box]

精算方式については、会計の効率化を図るためにキャッシュレス方式を採用したり、食器にRFIDを埋め込み、即時に料金計算を行うなど、種々の工夫を図る企業も現れているようです。

供食形態

供食形態については次のような方式があります。

【供食形態】

定食方式
単一献立方式
一食につき一種類の定食のみのもの。
複数献立方式
複数の定食の中から選択できるもの。
カフェテリア方式
主食・主菜・副菜・汁物・デザートをそれぞれ複数の種類用意し自由に料理を選択できるもの。一般的には20種類から30種類が用意される。
フードコート方式
中央のスペースに複数のファーストフード店が出店した上で共有の座席を設けるもの。
ブランドコンセプト方式
外食産業の1社が1か所に複数のブランドを出店して運営するもの。
弁当方式
弁当を発送してもらう方式。

配膳配食方式

配膳配食の方式については次のような種類があります。

【配膳配食方式】

セルフ方式
喫食者が配膳及び下膳をすべて行う形態
ハーフセルフ方式
喫食者は配膳のみ行い食堂の従業員が下膳する形態
フルサービス方式
食堂の従業員が配膳及び下膳のすべてを行う形態

社員食堂業者・委託・運営会社一覧表

さて、それでは社員食堂業者・委託・運営会社をいくつか見てみましょう。

1. 株式会社魚国総本社

1914年創業の老舗企業。社員食堂・給食事業のパイオニアです。

おいしさや栄養バランス、日々の変化はもちろん、職務特性や強度、属性などに基づく豊かなメニュー、セット・カフェテリア・バイキングといった提供スタイル、そして利用者のコミュニケーションスペースとしての空間開発まで、様々なサービスを提供している強みがあり、多様化するニーズにフレキシブルに対応しています。

サポート方法:外部委託方式

参照:株式会社魚国総本社HP

2. 株式会社レパスト

主に企業の社員食堂や大学等の学生食堂の受託運営事業を行う会社。

株式会社タニタから監修を受けて、タニタ食堂を運営する会社でもあります。また、レストラン経営や医療施設での食事の提供やさまざまな食に関する事業を国内外で展開しています。

サポート方法:外部委託方式

参照:株式会社レパストHP

3. エームサービス株式会社

「食」を中心に様々な分野へとビジネスフィールドを展開、1日120万食を顧客に提供し、飲食業界において日本トップクラスの売上を誇る企業。

社員食堂や病院、学校やスポーツ施設などの給食サービスから施設の運営管理まで、きめ細やかなカスタムメイドのサービスを通じて、顧客の本業をサポートしています。

サポート方法:外部委託方式

参照:エームサービス株式会社HP

4. 株式会社LEOC

社員食堂委託や寮・社内カフェの食事委託など、創業30年以上の委託実績をもとに各企業に合った最適な空間、食事をトータルで提案。

食事は常に新商品を開発し、本格的な美味しさを追求。新築食堂も手掛け、コンセプト、動線、レイアウトの提案も行っている。これまでご支援してきたオフィス・工場・ホテルの社員食堂や研修所・寮・社内カフェなど様々な委託実績を元に、各施設・企業に合ったオリジナルな空間をデザインし、マネジメントすることが可能。

サポート方法:外部委託方式

参照:株式会社LEOC HP

5. 一冨士フードサービス株式会社

1901年創業の老舗企業。コントラクトフードサービスのリーディングカンパニーとして一冨士フードサービス株式会社は食を考え続けて110年。

一冨士フードサービス株式会社は、委託給食のトータルサービスを提供し、未来の元気を創造する会社です。

サポート方法:外部委託方式

参照:一冨士フードサービス株式会社HP

話題になっているユニーク社員食堂・社食

それでは、成長企業の社員食堂の事例を見てみましょう。自社の社員食堂を企画する際の参考にしてください。

1.ヤフー株式会社|イノベーションを生み出す社員食堂

ヤフーではレストランを”BASE”、カフェを”CAMP”と名付けています。会社として高い目標を実現させるため、山の麓にあるベースキャンプを模して「食事だけでなく、さまざまな情報が集まり、コミュニケーションがうまれる場所」と位置付けられているためです。社員食堂は昼だけでなく、朝、晩も食事を提供しています。特に朝は社員を対象に無料で朝食を提供しており、一日約350食の利用があるそうです。

従業員の健康を支援していることはもちろん、「生態系に影響が少ない食材の選択」や「地域貢献につながる食材選び」、チャレンジ精神を忘れないようにする”C”メニューの導入、さらに社員食堂業界で話題のJラーメンの導入など、様々な形で食の多様性にも対応されています。

さらに、コミュニケーションの場として開放感を演出するための天井の撤去や、混み具合が把握できる社内位置情報の活用、社員食堂のスタッフと社員とのコミュニケーションを円滑にするための社内イントラでの人物紹介や食堂スタッフの制服選びまでこだわる徹底ぶりです。

2.オムロンヘルスケア|「生活習慣病予防を推進する」というスローガンのもと社員食堂を運営


出典

オムロンヘルスケアでは、社員に意見を募ったところ、「社員食堂を充実させてほしい」との意見が続出したといいます。社食運営での問題点は、利用時間をシフト制にしているため、同じ部署の人と食べる機会が多くなるということだったそうです。

会社が健康産業の代表的企業でもあるため、社員食堂のメニューも徹底的にヘルシー指向かと思いきや、「若い社員も多いですし、会社としては低カロリー食ばかりを提供するのではなく、摂取カロリー以上の運動などの推進をしています。INよりOUTを充実させることで、健康的な生活習慣病の予防も提案できるのではないでしょうか」とのことでした。

3.安田生命生命保険相互会社|メニューの充実、眺めもよくリラックした社員食堂

明治安田生命の社員食堂では、栄養管理士と一緒にメニューを作り、職員好みのメニューを取り入れながら、飽きを越させないメニューづくりを心がけています。

食事を摂る座席スペースも、10mの高さの吹き抜けで開放感があり、「リラックスできる」「気分転換しやすい」など、職員からも高い評価を得られているといいます。

心身ともに健康になるために、料理や雰囲気を大切にした、保険会社ならではの社員食堂です。社員からの声も好評で、「ほぼ毎日利用しています。眺めもいいので!」、「人気メニューが売り切れるのが早いのが残念ですが、食堂はきれいで満足です!」、「毎日利用しています。味は美味しいし、量も調節できるので満足しています」との声が上がっています。

4.株式会社ファンケル|社員の美と健康をはぐくむ社員食堂

赤レンガ倉庫をはじめ明治・大正時代の建物に囲まれどこかノスタルジックな雰囲気を残している横浜港。ファンケル本社は、そんな横浜港に居を構えています。社員食堂はカフェスタイルとなっており、「くつろぎ」をテーマに緑や茶色など落ち着く色彩でデザインされています。

女性が多い職場なのもあり、女子の好みのメニューが多いのがファンケルの社員食堂の特徴です。また、社食で自社のサプリメントや青汁を無料配布したり、自社商品を社員向けに告知するためのイベントを行なっているそうです。これはファンケルらしい取り組みですね。さらに、社員同士の交流を増やすための社内交流会が企画されたり、コミュニケーションの促進も進んでいる模様です。

5.エイベックス株式会社|社内の活気を回復する、遊び心満載の社員食堂

自社の17階に「THE CANTEEN」を設置しているエイベックス。多様な用途を想定し、社員食堂のエリアごとに特徴をもたせた作りにしてあります。ホテルラウンジ、広場、都会的なお一人テーブル、トンネル風の半個室、アジアンダイニング、カフェの6つのエリアに分けられています。

フリーアドレス制を導入しており、このフロアでも仕事ができるように、電源、Wi-Fiを完備。17階とあって眺望もよく、仕事がしやすいと評判だそう。社外との打ち合わせにも使用でき、外部の人を招待するととても喜ばれるといいます。

オフィスを移転にあたり、最も考慮したポイントは活気あふれるオフィスにすること。

“会社規模が大きくなることと反比例し、過去の活気が失われてきたと感じていたそうです。そのために、コミュニケーションの活性化の必要性も感じており、社内の流動性の促進や部署の枠を超えたコラボレーションが生まれることを期待して、執務フロアをフリーアドレス化したそうです。

6.バンダイナムコホールディングス|利用者目線の多機能な社員食堂

世界に向けてたくさんのエンターテインメントを発信しているバンダイナムコ。田町駅にある「バンダイナムコ未来研究所」の13階には、社員食堂「マルシェ」が設置されています。利用数は一日平均800食にもなるそう。

「メイン」「デリ」「スナック」「ヌードル」と、コーナーが分かれており、各コーナーにそれぞれ1〜2品のメニューが用意されています。オープン前に社員からアンケートをとってメニューを決定したとのこと。眺望のいい人気のソファー席、少人数から大人数まで対応できる目玉の小あがり席、さらには予約が必要なVIPルームなど、テーマをもたせたさまざまなエリアを用意されているのが特徴です。

エンターテインメント企業ならではの、遊び心ある気配りがある社員食堂となっています。さまざまなシチュエーションに合わせた使い方ができるのが魅力的ですね。

関連記事:社員以外でも利用可!都内の一般開放されている社食11選

社員食堂だけじゃない!他にもある食の福利厚生サービス

上記のように、社員食堂にはたくさんのメリットがあり、有効的に活用すれば従業員満足度の向上、労働効率アップなど企業にとっても社員にとっても良い結果が得られます。

ただ、当然ご想像できるかと思いますが、社員食堂の導入にはコスト・スペース・手間がかかるため、企業側の導入ハードルは高いです。うちの業務内容や規模に社員食堂はちょっと難しい…とお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

最近では、本格的な設備を持った社員食堂を設置することなく、手軽に導入できる社食サービスが増えてきています。
この章では、企業規模に関わらず幅広く、低コストから導入検討が出来る社食サービスをご紹介します。
現在、社食サービスをご検討中の方はぜひご参考にしていただければと思います。

オフィスおかん|株式会社おかん

オフィスおかんは、“初期費用0″で手軽に始められる新しい食の福利厚生サービスとして注目を集めています。

オフィスに冷蔵庫と専用ボックスを設置し、健康的で安心・安全な美味しいお惣菜をオフィスにいながらいつでも食べることができるサービス。

季節の食材やその土地の味を守る地方のお惣菜メーカーが、働く人たちの健康に配慮して丁寧に製造した美味しいお惣菜を、24時間いつでも好きな時に好きな量を1品100円という手軽な値段で食べることができます。

食のサポートだけにとどまらず、「従業員のロイヤリティ・満足度の向上」「社内コミュニケーション活性化」「女性の育休復帰率向上」など、従業員の課題を解決する新しいアプローチのツールとしてご活用可能で、全国で利用可能エリアです。

特に最近、人材採用が難しくなっている背景から「人材定着促進」「新卒・中途採用促進」の背景で導入いただくことが増えています。ANAなど、様々な業界・規模の企業に導入中で、その数なんと全国1200社以上!

オフィスおかんの概要を知りたい方は下記の記事をチェック!

<詳細はこちら>オフィスおかんの評判・料金・提供エリアは?導入事例や効果を徹底解説

オフィスファミマ|ファミリーマート

オフィスファミマとは、ファミリーマート店舗や自販機コンビニASDでは出店することが難しい場所に、専用の販売ケースを設置し、“コンビニエンスストアの楽しみと利便性”をより身近に体感できるサービス。

導入にあたって、設置時の費用、ランニングコストはかかりません。寸法分のスペースがあれば大丈夫。

サービスエリアは、2018年8月13日現在、東京都内23区 (一部配送外エリアがあります。)、川崎、横浜のようです。

参照:オフィスファミマ|ファミリーマート

シャショクル|スターフェスティバル株式会社

「シャショクル」は、企業の会議室や空いているスペースを活用し、そこでお弁当を販売するデリバリー型の社員食堂サービスです。約4,000種類の弁当から、企業側の要望に沿った弁当のラインナップを選び、毎日宅配をしてくれます。

特徴は

  • 約4,000種類の弁当の中から献立を考えて、宅配してくれるため、毎日食べてもお弁当に飽きにくく、長期間でも利用しやすい。
  • 利用方法によって、2通りのプランを選べる。 などが挙げられます。

利用料金は1食500円~で、対応エリアは関東・関西を中心に、全国の主要都市になります。

参照:シャショクル – オフィスランチをもっとハッピーに

玉子屋|株式会社玉子屋

「玉子屋」は、1日7万食を都内のオフィスワーカーに提供している人気店です。栄養バランスにこだわり、平均7種類のおかずが入っていながら、450円という低価格を実現しているコスパの良さが人気の秘密です。

特徴
・ネット注文が可能。
・オフィスの一画を使い、社内販売をすることもできる。さらに、社内販売で売り切れが発生したとしても、近くのオフィスからお弁当を追加転送できる。
・おかずの数が平均7種類と、彩り豊富なお弁当が食べられる。
・最低平均注文数は、一日平均10食以上。 などが挙げられます。

利用料金は1食450円~で、対応エリアは東京都23区、神奈川県になります。

参照:おべんとうの「玉子屋」| 宅配弁当1日平均65,000食!

関連記事:
[サービス集]宅配弁当でオフィスランチ!これでランチ問題を解決!
職場のお弁当でランチ問題を解決!仕出し・宅配弁当を紹介

まとめ

企業の中で、社員の健康や従業員満足度向上を願うあなたにとって、具体的なヒントは手に入りましたでしょうか? 冒頭には、社食が注目される理由を見てきました。健康経営というキーワードも注目を集めるようになり、今後さらにより多くの企業で、社食という従業員満足度を上げるための施策に取り組まれることになることが予想されます。ただ、ご覧頂いてわかる通り、社食には様々な運営方式があります。自社にあった方法を検討される上での有益な情報が手に入り、働く全ての人のライフスタイルが豊かになるように、本記事の内容がお役に立てば幸いです。

Writer 執筆者

おかんの給湯室編集部

メディアで話題の食の福利厚生 初期費用0円で簡単導入!