オフィスの食事を美味しく・健康的に

全品100円初期費用0円自販機プランもスタート

オフィスおかんとは?

健康的で安心・安全な美味しいお惣菜をオフィスに常備できる社食宅配型のサービス。オフィスに設置する冷蔵庫と、お皿やお箸などが入った専用ボックスなどは全て貸し出し、電子レンジのみの用意で簡単に始められます。季節の食材やその土地の味を守る地方のお惣菜メーカーが、働く人たちの健康に配慮して丁寧に製造した美味しいお惣菜を、24時間いつでも好きな時に好きな量を1品100円という手軽な値段で食べることができます。

多数のメディアで注目されています!

御社の悩み、オフィスおかんが解決します。

  • いつでもオフィス内で美味しく!間食や残業時の夜食にも
  • 従業員なら誰でも100/1個〜で経済的!!
  • 厳しい自主基準による添加物控えめ&国産原料優先
  • 気軽な会話のきっかけに。休憩室の活用も。

おかんは人材採用の武器にも。

オフィスおかんを導入する事で従業員を大切にする働きやすい会社というメッセージが伝わりやすい
福利厚生の充実や食事環境の整備することで、
人材の定着だけでなく採用にも役立ちます。
オフィスおかんを導入することで「従業員を大切にする働きやすい会社」というメッセージが伝わりやすく、他社との差別化&採用力アップに。
実際に採用サイトなどで、オフィスおかん導入をアピールする導入企業様が増えています。

出典:[en]ウィメンズワーク」利用者819名に対するアンケート(2013年11月28日~2013年12月25日)、
ワークポートにご来社いただいた20~40代の男女(転職希望者)に対するアンケート( 2015年12月7日~2015年12月12日)

導入実績1,000拠点以上、直近1年で約500拠点に導入。

企業ロゴ

  • 従業員満足度アップからの人材定着へ。

    体力勝負の整備士フォローのために食環境を改善!食事面から従業員満足度アップに繋げました。

    ーー オフィスおかん導入前はどのような課題がありましたか?
    同じ業界内で、似たような問題は皆さん抱えています。その中で社員食堂を作り、従業員満足度を上げた企業があるんですね。弊社でも、この事例を参考に社員食堂を作りたいと思っていましたが、新たな設備を整えるのは、コスト面やスペース確保の面で難しい状況がありました。
    ーー オフィスおかんを導入してどのような効果がありましたか?
    みんな喜んで使っているという印象ですね。最近社員に感想を聞いたところ、「1品100円と安いうえに電子レンジ温めるだけで手軽に食べられる」「忙しくて昼食を買いに出られない時もあるので便利」「週に2、3回は必ず利用している」「美味しくて、お気に入りの惣菜がある」「天気の悪い時に、外に出て行かなくてもいいので助かる」といった声がありました。
    最初は単純に社員食堂の代わりにと導入しましたが、オフィスおかんのお惣菜はお腹を満たすだけでなく、栄養がありバランスが良いという面も嬉しいですね。整備士・メカニックは体力勝負なので、どうしてもボリューム重視になりがちですから。オフィスおかんで、食環境を整えることができ、従業員の職場に対する満足度が向上したと感じています。
  • 人材採用の武器に。

    「いつも頑張ってくれているスタッフのために豊かな職場を作りたい」という想いから導入を決めました。

    ーー どのような目的でオフィスおかんを導入されましたか?
    昨今、医療業界でもスタッフの採用は難しくなっています。スタッフ側からすると、どの医院でも仕事の内容自体はそれほど大きく違いません。そうなると職場を選ぶ際に重要になってくるのが「いかに働きやすい職場か」という点です。当院の採用ページでは積極的に医院の様子を発信しています。採用ページで当院の「働きがい」や「働きやすさ」をより発信していきたいと思っていた時に、オフィスおかんをテレビで知りました。
    ーー オフィスおかんを導入してどのような効果がありましたか?
    一番の効果はスタッフが喜んでくれていることですね。朝コンビニに寄ったり、お昼も白衣を着替えてコンビニに行かなくても良い点がとても便利なようです。白衣を着替えてコンビニに行っていた10〜15分を休憩時間として使えますからね。お弁当を持ってくるスタッフが多いのですが、オフィスおかんのお惣菜を院内で買えるので、お弁当作りの負担が減って助かっているという声もよく聞きます。
    最初はデリバリーという選択肢も検討していました。しかし、デリバリーは発注が面倒ですし、届くまでに時間もかかります。いつでも気軽に使える食事のサービスの方が良いと思いました

    クリニックにおける採用が難しいのは先ほどお伝えしたとおりですが、当院の採用ページでは「女性が働きやすい職場」をアピールするために「オフィスおかん導入!」とサイト上でうたっています。採用のアピールポイントとしても活躍してくれています。
    (伊藤医院採用ページ)

  • 社内コミュニケーションの潤滑油。

    会社の成長を支えてくれるのは従業員。会社としても、彼らの意欲や健康を支える基盤を作りたかった。

    ーー オフィスおかん導入前はどのような課題がありましたか?
    ラクスルには「仕組みを変えれば、世界はもっとよくなる」というミッションがあり、その実現のために、WebエンジニアやWebプロデューサー、デザイナー、カスタマーサポートチーム、新規事業開発担当者などさまざまなプロフェッショナルたちが働いています。彼らがフラットなコミュニケーションを取れるような場を提供していくことはとても重要で、ランチタイムなどを有効活用してもらえたらと思い、2014年から「オフィスおかん」を導入しています。
    ーー なぜオフィスおかんを導入しましたか?
    デリバリーのお弁当などいくつかのサービスを試してみた結果、「オフィスおかん」の人気がダントツに高かったんです。ジャーサラダなどおしゃれなものもありましたが、手軽に食べられるとはいっても、それ1つで500円を超えるようなものではおサイフ的には厳しい。「いちばんおいしい」という声、加えて、魚やひじき、野菜など外食ではなかなか摂れない健康的なメニューが、1品100円200円で食べられる。費用感とのバランスがいちばんよく、利用者の満足度が高かったのが決定打でした。
    ーー オフィスおかんを導入してどのような効果がありましたか?
    やはり「オフィスおかん」を継続したことで、従業員の満足度が維持でき、みんなが元気に働けていることですね。
    現在のオフィスは天井高12メートルの吹き抜けになっていて、中階段を上った先には、50人は座れる広いフリースペースがあります。その横に「オフィスおかん」を置いているので、自分のデスクではなく、フリースペースで食事をする従業員が増えました。誰かがお弁当を食べていたら、あとからふらりと上がってきた誰かが「オフィスおかん」を温めてジョインする、ということはよくあります。ゆとりのある空間で、味も栄養バランスもいい食事を手軽に取ってリフレッシュしてもらえる。食いっぱぐれないぞ、という安心感がいいともいわれます(笑)。
  • いつでも健康的な食事をとれる。

    ANAグループでの健康経営に向けた取り組みと24時間シフト勤務である従業員の食環境改善。

    ーー オフィスおかん導入前はどのような課題がありましたか?
    健康増進や福利厚生などの観点から、食に関しては重要視してきました。さらにANAグループ全体でも健康経営に力を入れており、昨年度から弊社でも、その部分を見直そうという動きがありました。
    同じ羽田空港勤務でも部署ごとに休憩を取る時間帯・場所が異なります。また、社員食堂のあるなしなどで、食環境も大きく偏りがあったのが課題でした。
    例えばTIAT(東京国際空港ターミナル)ですと、社員食堂はなく、コンビニで買って来て休憩室で食べたり、お弁当を作ってきたり、飲食店が開いている時間であれば食べに行ったりしています。ですが、事業所によっては周りに飲食店すらない場所もあるので、食べるものの選択肢が限られています。お弁当を持参するにも、早番遅番のシフトがある中、毎日しっかり作ってくるのも大変です。
    ーー なぜオフィスおかんを導入しましたか?
    最初はお弁当の販売など、他の手段も色々考えましたが、なかなか社員の休憩時間と合わず…。販売時間に来られる人しか使えないというのが悩ましいところでした。シフトによって休憩時間がバラバラで、深夜に食べる人も多いため、この職場環境に合うサービスを探すとなかなか見つけられなかったですね。
    また、せっかく新しいサービスを入れるなら、少しでも健康に良いものを入れたいという思いがありました。
    オフィスおかんは、好きな時にお惣菜を選んで食べられるのがいいですね。24時間いつでも使えることがシフト勤務とマッチしていましたし、添加物が少ないという点も決め手となりました。
    ーー オフィスおかんを導入してどのような効果がありましたか?
    最初はTIATの方ではなく、羽田空港の敷地内にある国際貨物を取り扱う事業所に導入しました。そこは飲食店や食堂もなく、近くにコンビニしかないようなところなんです。導入すると、惣菜が2日でなくなってしまいました。すごい人気でしたね。そのため、最初Mプランで入れたのを、Lプランに変更しました。
    実際の反響もすごく大きくて、社員からも「すごく良いサービスを入れてくれて、ありがとう」という声がありました。そこで「他の事業所にも展開を広げたいな」と思い、TIATにも導入したんです。
    導入後にもアンケートを取りましたが、国際貨物の事業所では「使いたい時に在庫がなかった」「食べたいお惣菜がすでに売り切れていた」という声が多くあり、その後もみんな継続して使っているなという印象です。
    食という分野を課題視して、大きく何かを導入するというのは会社全体でも初めての試みでした。環境を整えたことで、社員の食に対する意識が上がってきていると思います。
  • 食生活の偏りを解消し、満足度向上を。

    東京・大阪の2拠点で福利厚生を充実。従業員の食生活の偏りを解消し、満足度向上を目指す。

    ーー オフィスおかん導入前はどのような課題がありましたか?
    歯科医院の採用支援を行なっているため、当社の営業は、歯科医の先生方と連絡を取り合いながら業務を進めていく必要があります。必然的に、先生方がお昼休みに入り、連絡が可能となる12時から15時までが1日の業務の繁忙時間となります。まさに世間一般的には「ランチタイム」なわけですが、その時間に営業が昼食を取ることは難しくなります。
    東京本社の周辺に飲食店は少なくはありませんが、この時間帯の問題もあり、どうしても偏りがちになってしまう従業員の食生活を是正したいと思っていました。
    自席でさっと食事を済ませる時でも、健康に配慮できる「オフィスおかん」の存在は、従業員に喜ばれており、美味しさに対する満足感も高いようです。
    加えて、当社は大阪にも営業所があって4名の従業員がおりますから、すでに導入していたコーヒーやお水のように、事業所間の格差なく提供できることも条件でした。
    大阪営業所の周辺には飲食店が多くないので、そのサポートもできればと考えていました。
    ーー なぜオフィスおかんを導入しましたか?
    オフィスおかんなら、1日の業務繁忙の波が顕著な営業職や集中すると時間を忘れがちな制作職など、どのような職種・時間帯であっても、健康に配慮した食事をとることができるためです。
    数年前、350円程度の仕出し弁当を導入したこともあるのですが、メニューに偏りがあったせいかすぐに飽きがきて、3ヶ月ほどで利用されなくなってしまったことがありました。その点、「オフィスおかん」は惣菜を選んで組み合わせることができ、その日の天候や業務スケジュールなどに合わせて利用することができる点も便利ですね。
    また、1食分300〜400円程度で食事を済ませることができるので、“おサイフに優しくて助かる”という従業員も多いです。オフィス内での食事としてだけではなく、夜は自宅に持ち帰って利用している人もいるようです。
    事業所の立地に関わらず、すべての従業員が利用できる福利厚生サービスとして導入できたのもよかったですね。従業員に好評ですので、満足度は上がっていると思います。
    ーー オフィスおかんを導入してどのような効果がありましたか?
    もともと「従業員の食生活の偏りを是正したい」という思いもあって導入した「オフィスおかん」ですが、最近ではコンビニ食やカップラーメンを食べているひとが少なくなったと感じます。
    若い従業員が多い東京本社は主菜(お肉、お魚等)が人気、女性従業員が多い大阪営業所は副菜(煮物、サラダ等)が人気のようです。
    また当社は今年2月に移転しており、5月にはさらにリラックススペースを拡張しました。「オフィスおかん」を導入してからは、リラックススペースの利用者も増えています。移転を機に食事ができるスペースを作りたかったのですが、利用促進につながっています。
    採用ブランディングの一環として、中途採用の求人サイトの福利厚生の項目に「ぷち社食サービス」と記載しはじめました。今後も福利厚生を充実させて、働きやすさをアップしていきたいと思っています。採用への良いインパクトを期待しています。

オフィスおかんの使い方

専用冷蔵庫・ボックス・料金箱を設置。
お惣菜・ご飯・容器・箸類を定期的にスタッフがお持ちします。

貴社にご用意いただくものは電子レンジのみ!今すぐ手軽に導入できます。

オフィスおかんの自動販売機
オフィスおかんにはお惣菜の自動販売機もございます。
自動販売機をご導入の場合も、専用冷蔵庫と同様に初期導入費はかかりません。
貯金箱の設置が不要となるため、現金の管理がより安心&簡単に!

※自動販売機はLプラン(月600個お届け)を1年以上ご契約の企業様のみご利用いただけます。

雇用形態や性別・年齢によらず、幅広く使えて嬉しい

幅広い利用方法

オフィスおかん、4つの安心

運用のお手間はかかりません。
お惣菜の賞味期限の管理や現金の管理は、オフィスおかんが行います。
導入ご担当者さまのお手間はかかりません
※一部エリアによりサービスが異なります。詳細はお問い合わせください。
利用規模に応じて、様々なプランをご用意
利用企業の従業員数は5名〜5,000名と、企業規模にかかわらず、ご利用いただきやすいサービスです。
安心・安全の品質
添加物控えめのメニューを月替りで楽しめます。
メニューは約20種類。管理栄養士が、従業員さまにご満足いただけるようメニューを開発しています。
アフターサポートあり!
オフィスおかんを使っていてお困りごとがあれば、電話・チャットでいつでもご相談下さい。

投資・手間を抑えられて、従業員満足度が高いのがオフィスおかん!

企業様も従業員様も嬉しい!

初期費用0円

導入の流れ

4STEP

オフィスおかん便なら日本全国どこでも対応!!

よくある質問

Q.どれくらいの規模の事業所で導入されていますか?
A.従業員数5名ほどから、数百人規模の事業所様まで、広くご導入頂いております。
三辺が50cmほどの小さな冷蔵庫から、たくさんご利用される場合の自動販売機タイプまでご用意し、従業員様の数や使い方のイメージにあわせて適切なプランをご提案させて頂きます。
Q.100円/個のお惣菜の購入費以外に、費用がかかるのですか?
A.従業員様がお惣菜を購入される以外に、商品の開発や管理&配送・サービスの運用等の費用を、サービス利用料として事業所様にご負担いただきます。(54,600円(税抜)〜、初期導入費用はかかりません。)導入されている事業様からは「従業員が健康的で美味しい食事を安く食べられることで、職場への満足度が上がっており、効果的な福利厚生と捉えている。」「従業員の健康管理やモチベーションアップ、人材の定着に効果を実感しており、そのための投資」とのお声を頂いております。
Q.複数拠点での導入が可能ですか?
A.もちろん可能です。店舗や営業所を全国で構えている事業所様などで、複数拠点でのご導入いただくケースが多数ございます。お気軽にご相談ください。
Q.お惣菜の賞味期限はどれくらいですか?
A.納品時点で賞味期限が1か月以上となるよう商品管理を行っております。
また、次回納品までに賞味期限が切れる商品に関しては、スタッフが廃棄をさせて頂きますので、安心してご利用いただけます。
※エリアにより、一部サービスが異なります。詳細はお問い合わせください。
Q.メニューは何種類くらいありますか?
A.常時20種類程度をご用意し、毎月5~6品程度は新商品が販売されますので、毎日でも飽きずにご利用いただけます。新商品には、季節の旬の食材を使ったものなども含まれ「新商品が楽しみ!」「旬のものを食べられるのが嬉しい」というお声も多数頂いております。また、ご飯やカレーなどもご用意しています。
Q.届けてもらう商品のリクエストができますか?
A.はい、自由にリクエストいただくことができます。従業員のみなさまの使い方によって「魚を多めに」「ハンバーグが人気なのでたくさん納品してください!」などお気軽にご相談ください。
Q.お惣菜が足りなくなったら、どうしたら良いですか?
A.一時的に足りなくなってしまった場合には、次回の納品日を早めたり、スポットでお惣菜の追加の発注をいただくことができます。全体のご利用数が増えて、足りなくなる状態が続くようでしたら、プランアップをご相談ください。

トップページへ

ロゴ

会社名 株式会社おかん
住所 東京都渋谷区代々木1-58-1 石山ビル4階
電話番号 03-6383-4406
営業時間(定休日) 9:00~18:00(土日祝)

Copyright © 株式会社おかん / Okan, Inc. All Rights Reserved.