OKAN WEB MAGAZINE

"働く人のライフスタイルを豊かにする!日本一"おせっかい"なOKANのウェブマガジン"

  • #コミュニケーション
  • #モチベーション
  • #ランチ難民
  • #健康経営
  • #食事補助

働き方

ランチ難民を救え!従業員のランチタイムを充実させる対策とは?

働き方


ランチをとりそびれる人や飲食店の行列に並ぶ人は、ランチ難民と呼ばれています。ランチ難民は会社にとっても深刻な問題であり、放置することで仕事の生産性低下にもつながるのです。今回の記事では、このランチ難民の定義や問題などの知識について説明していきます。また、ランチ難民対策で働き方改革へつなげることについても紹介します。本記事を読むことで、ランチ難民問題を会社で対策する方法が学べることでしょう。

“置くだけ”社食で、イキイキ働けるオフィスづくりを目指す!

ランチ難民とは

ランチ難民は別名で昼食難民ともいわれています。その言葉の通り、会社に勤める従業員が昼食を満足いく形で食べることができない状態を意味するものです。ランチ難民の定義や内容をもう少し詳しく説明すると、同じ時間帯に昼休憩を取ることで、混雑する時間に人が集中してしまうのが典型的な光景として挙げられます。その結果、人気店舗の場合は利用したくても入店を断られたり、並ぶ時間が長時間になってしまったりすることもあるのです。このような状態になれば、せっかくの昼休みなのに食べたいものが食べられないということも起きるでしょう。

特に入店を断られるというのは理不尽に感じますが、店舗に入店できる人数には限りがあるため、店側もこのような対応をするしかないといえます。また、待ち時間が長くなることについても同じような理由です。お店で同時につくれる料理の数には限度があり、必然的に待ち時間は長くなってしまうことが多いのです。

参考:【コトバンク】ランチ難民

アンケートからみるランチ難民の現状とは

ここでは、東京23区内のアンケート結果から、ランチ難民の問題を具体的に紹介します。

参照:23区内で働く人のランチ事情から考えた “ランチ難民”が生まれる現場

半数の人が食べたいものが食べられなかったことがある

アンケートの結果、ランチ難民の経験がある半数の人は食べたいものが食べられなかったり、昼食を食べ損ねたりした経験があると回答しました。その具体的な理由としては、多忙のために昼食時間が取れないというものがあります。つまり、仕事が忙しすぎて、満足に昼食を食べるための時間も確保できない状態ということです。また、混雑による待ち時間が長いことが原因で、食べたいものが食べられないこともあるようです。これは特に、人が多い都心部のオフィス街などで頻繁に発生する問題といえるでしょう。

さらに、業務時間が不規則で食事のタイミングを取りづらいという回答もありました。一般的に昼食時間が固定されている人のほうがランチ難民になるイメージがありますが、実際は決まりがなく自由な人ほど難民になりやすいようです。決まりがなく自由だと、いつ昼食を取って良いのか迷うこともあり、タイミングを判断することが難しいからです。

ランチの不満トップ3とは

ランチ難民の人々には、昼食に対する共通した不満点もいくつかありました。アンケートの結果、一番多かった不満点はお店の選択肢の少なさです。たとえば、近くに同じような飲食店しかなくマンネリなってしまったり、メニューの値段を考えると同じようなものばかり食べることになってしまったりといった不満です。次に多かったランチの不満は、お昼休みの時間帯や形態についてのものでした。それぞれの企業に考え方やルールがあるので仕方ない面もありますが、もっと自分の希望通りに昼食を食べたいと思っているようです。

最後の不満点は店やコンビニの混雑についてです。一例としては飲食店では待ち時間が長く、入店しても人が多くてゆっくりできないことなどが挙げられます。また、コンビニの利用時もレジが混んでいることが多く、すぐに買いたいものを買えない現状があるのです。

ランチ難民の問題を解決するメリットとは

従業員の満足度の高い福利厚生の一つは、「食堂や昼食補助」です。このような制度で満足度を高めることは、会社側にもメリットがあります。

従業員にとってのメリット

ランチなどの福利厚生のある会社は、従業員にとってメリットの多い魅力的なところといえます。では、具体的に従業員には、どのようなメリットがあるのでしょうか。まず、いえることは、当たり前ですが昼食代が安く済むということです。自分でお店を探して昼食を食べるときは代金のすべてを払わなければいけませんが、ランチの福利厚生のある会社なら一部を肩代わりしてくれます。また、社員食堂のある会社なら、通常よりも良心的な金額で美味しい昼食を食べることができるでしょう。

さらに、社員食堂や宅配弁当サービスを導入している会社には、昼食のための移動時間が削減されるというメリットもあります。これは、従業員が外に出ることなく、会社内ですぐに昼食を食べることができるからです。移動時間が削減されるということは、昼食時に自由に使える時間が増え、従業員の満足度アップにつながるのです。たとえば、移動時間短縮よって増えた自由時間は、読書などの気分転換に使うこともできるでしょう。

会社にとってのメリット

ランチの福利厚生制度のある会社は従業員だけではなく、制度を取り入れている企業そのものにもメリットがあります。実用的なメリットとして良くいわれることは、会社の福利厚生が充実していることを外部にもアピールできるということです。福利厚生が充実しているという事実が社会に広く伝われば、優良企業と認識されるきっかけになるかもしれません。その結果、特に採用時のアピールポイントになるのです。一般的に意識の高い人材は福利厚生を含めた待遇面が充実している企業に入りたいと考えているので、そのような人材獲得のチャンスにもつながるでしょう。

また、ランチの福利厚生が充実していれば、従業員の健康面への配慮ができることになります。健康であれば生産性も上がるのが一般的なので、会社側にも大きな恩恵があるということです。良心的な価格で美味しい食事ができるということは、従業員の肉体面はもちろん、精神面でもプラスになるものです。

関連記事:
【おかんの給湯室】福利厚生でランチ補助がうれしい!従業員が喜ぶ食事補助のメリットとは

会社で取り組めるランチ難民対策

ここでは、会社が主導権を持ってランチ難民問題に取り組むために考えることができる、いくつかの項目について紹介します。

会社で利用できる社員食堂や宅配弁当

社員食堂や宅配弁当は、会社がランチ難民問題に取り組むときに最も良く行われる方法です。社員食堂については多少大がかりになり、一定の導入コストも必要ですが、ランチ難民対策としては大きな効果も期待できます。そのため、予算や運営を検討して導入メリットがあると判断できる場合には、実際に導入に向けて動いていっても良いでしょう。そのときは、事前に従業員にアンケートを取ったり、試験的に小規模な社員食堂から導入したりすると失敗が少なくなります。

一方、宅配弁当については、社員食堂よりも簡単に取り組めるメリットがあります。大規模な社員食堂だと導入のための場所の確保や工事が必要なりますが、宅配弁当はその必要がないからです。もちろん、予算も一般的な社員食堂よりは安く済むことが多いでしょう。なお、実際に宅配弁当導入を考えるときは複数契約できるのかどうかや、注文の取りまとめや支払いなどの運用面で検討していくことになります。

ランチ会などの食事補助

社員食堂や宅配弁当はランチ難民対策として優れており、ランチ関係の福利厚生を充実させたい多くの企業が取り入れています。ただ、予算などの関係で社員食堂や宅配弁当制度導入が難しい企業もあるでしょう。そんな企業の場合、ランチ会の補助制度から取り組むことが得策です。ランチ会を通してのコミュニケーション機会の増加は、従業員のモチベーションアップにもつながるものです。そのため、効果的な運用を検討することは意味のあることといえます。

また、具体的にランチ会の運用を検討するときは、頻度や対象者などの細かい面までしっかりと決めておくのが良いでしょう。ランチ会は大きな費用もかからないため気軽に開催できますが、運営方針がしっかりしていないと続かないこともあるからです。したがって、長期的に多くの従業員が参加できるようにするためにも、継続できる制度にしていくことが求められるのです。

関連記事:
2019年最新版!ランチ補助に最適な”社食サービス”を徹底比較【福利厚生】 | おかんの給湯室

ランチ難民からみる健康経営とは

世の中には仕事が忙しく、ランチの時間も確保できないという人が多くいます。このようなランチ難民問題は働き方改革が叫ばれる中、看過できない問題といえます。

昼休みが充実することで仕事にメリハリが出る

仕事を頑張るのは素晴らしいことです。意欲的に働くことで自分はもちろん、周囲の人にも良い影響を与えることができます。ただ、あまりに忙しく気が付いたら夕方だった、ランチを食べる暇もなかったという場合は行き過ぎといえます。なぜなら、このような状態だと仕事にメリハリがなくなり、疲弊していくだけの働き方になりがちだからです。そして、メリハリのない働き方をして昼食を満足に食べられない状態が続くと、心身の不調につながることもあるでしょう。

このような状態にならないためにも、ランチタイムをしっかりと取ることは大切です。また、現代はランチタイムを単に食事をするだけではなく、自身の健康維持にも役立てたいという考えが増えてきています。たとえば、ランチタイムを運動や休息、スキルアップの時間として活用する方法などが挙げられます。心身の充実のためにも昼食の時間を使うことが、現代的な価値観の特徴です。

健康を意識したランチはモチベーションアップにもつながる

ランチを食べる目的は空腹を満たすことですが、それだけを目的としてしまうと栄養が偏り、健康を害する場合もあります。そのため、健康を意識したランチについて会社が考えていくことは大切です。健康を考えたランチについて会社も考えていくことで、従業員の健康状態が改善し、モチベーションアップも期待できるでしょう。従業員のモチベーションが向上するということは、生産性にも良い影響を与えるということです。栄養バランスの取れた良質な食事をすれば、肉体面はもちろん精神面にもプラスの効果があることが多いからです。このように、会社が健康を意識した食事を従業員に用意することは、双方に予想以上のメリットをもたらします。

健康経営で企業も従業員もより良い関係に

健康経営は近年注目されている概念です。健康経営とは、アメリカの学者であるロバート・ローゼン博士が提唱した理論が元になっています。基本的な考え方としては、企業が従業員の健康に配慮することで、経営面でもプラスの効果を期待できるというものです。これはつまり、企業と従業員の両方に恩恵があるということです。

健康経営に取り組む前

ランチを取らないことや、簡単なもので済ませることは想像以上のリスクがあります。具体的なリスクとして挙げられることとしては、生活習慣病があります。生活習慣病はその名の通り、日々の健康上良くない習慣が引き金となるものです。そのため、ランチをおろそかにすることも大きな影響があるといえます。次のリスクとして挙げられるのは、メンタルヘルス不調です。心と肉体は密接に結びついており、ランチをおろそかにすることが精神面の不安定にもつながるのです。その結果として、生産性の低下や事故、不祥事が起きるリスクも考えられます。このようなことを起こしてしまえば、本人はもちろん、会社の社会的信用の失墜にもつながります。

健康経営に取り組む効果

健康経営に取り組むことで、さまざまな効果が期待できます。最初にいえることは、会社や組織が従業員の健康に配慮できるようになるということです。その結果、従業員は健康的に仕事にやりがいを持って取り組むことができるでしょう。また、会社などの組織は健康経営に挑戦することで、それぞれの従業員の生産性を高めるための方法を模索することになります。試行錯誤しながら模索を続ければ、より働きやすい環境が構築できるはずです。そして、企業は生産性が高まる組織改革や人事制度改革にも取り組み始めます。このような取り組みを通して常に働きやすい会社づくりを意識すれば、最終的には生産性の高い企業経営を行っているようになるでしょう。

ランチ難民を救うプチ社食「オフィスおかん」とは

ランチ難民を救うプチ社食として注目を集めているのが「オフィスおかん」です。オフィスおかんは社員食堂を気軽に始められる画期的なサービスであり、従業員が社内でランチを食べることを可能にします。具体的な価格としては、1品100円から購入可能とリーズナブルなものになっています。このような安い金額なら、従業員も気軽に購入することができるでしょう。また、オフィスおかんは社内に専用の冷蔵庫を設置し、その中にさまざまな商品を置いておく仕組みです。そのため、外出不要で好きなときに社内で食事ができます。その他、商品購入金額は専用の集金箱に入れるというシステムもユニークな点といえます。

さらに、オフィスおかんは従業員だけではなく、会社側にも使いやすいサービスです。初期費用が無料なので、たとえば、従業員5名程度の小さな組織でも導入しやすくなっています。

ランチ難民を救う企業の方針が従業員のモチベーションアップに

ランチ難民の状態は個人の健康やモチベーションの低下につながります。また、従業員だけではなく、起業の生産性低下を招く可能性もあるのです。そのため、ランチ難民がいる会社は早急に対策する必要性があるといえます。どのような対策を行うのかは予算などにもよりますが、手軽に始められるプチ社食の「オフィスおかん」はどんな会社にも取り入れやすい対策です。

コンビニ食が続く
ランチ代が高い
もっと健康的な食事を提供したい
社員食堂を作るスペースや費用捻出は難しい
1品100円の食事サービスで、こんなの食環境を改善しませんか?

Writer 執筆者

おかんの給湯室編集部

メディアで話題の食の福利厚生 初期費用0円で簡単導入!