OKAN WEB MAGAZINE

"働く人のライフスタイルを豊かにする!日本一"おせっかい"なOKANのウェブマガジン"

  • #fukuri
  • #オフィス環境
  • #コミュニケーション
  • #人事
  • #働き方改革
  • 福利厚生

オフィス向け仕出し弁当 横浜版|従業員のランチサポート5選

  • 福利厚生

働き方改革にともない、従業員の労働生産性の向上を目指して多くの企業が福利厚生制度を見直しはじめています。

特に少子高齢化が深刻化する現在の日本の就職・転職業界は売り手市場となっており、福利厚生を充実させることは「人材の確保」や「人材の定着」につながり、人事の観点でも重要ともいえます。

なかでも食に関する福利厚生は、従業員の毎日のモチベーション向上や健康管理に直結するため力を入れる企業も増えています。一言で「食の福利厚生」といっても社員食堂といった代表的なものから、週に一度社内で仕出し弁当を利用するなど、導入の手軽さや規模感などその内容はさまざまです。

この記事では「仕出し弁当サービス」に焦点を当て、そのメリットや横浜市周辺で利用できるお弁当業者を紹介していきます。また、比較・検討する際に知っておきたい宅配弁当以外の福利厚生サービスも解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。

仕出し弁当利用のメリット

会社により大型の社員食堂を持っているところ、お弁当を頼めるようにしている会社や外でのランチに食事補助を出している会社など、昼食に伴う福利厚生は様々。

ランチが働いている中で唯一の楽しみ!という人も多いので、力を入れていきたいところですね。そんな数ある食の福利厚生の中でも、今回注目する仕出し弁当は比較的手軽なイメージがあります。

実際にはどんなメリットがあるのでしょうか。具体的に見ていきましょう。

企業側の導入時負担が小さい

宅配弁当サービスをオフィス向けに行なっている会社は導入に関する初期費用がないところも多く、はじめる際の企業側の負担が小さいことが大きなメリットです。

社員食堂を作る、というような食の福利厚生はわかりやすい一方で、場所の確保から機材の設置、運営会社との契約など、どうしても導入にあたってのコストはとても大きくなってしまいます。

その分、従業員からの期待値も高まり彼らに満足を与えるのもハードルとして大きくなりがち。その点、宅配弁当であれば小さくはじめて従業員の好みなどフィードバックしてもらいながら業者を変えてみたりメニューを検討してみたりと改善もしやすいというメリットがあります。

関連記事
食事補助で福利厚生の充実を!メリットや事例、おすすめサービスまで

バリエーションが増えていて飽きることがない

従来の宅配弁当サービスというと曜日ごとに決まった種類のお弁当でそれが繰り返されて数ヶ月食べると完全にマンネリ化してしまう…というような課題もありましたが、最近の宅配弁当は種類もとても豊富な中から選べるサービスが多くなっています。

手軽に従業員の好みや健康面に対応したメニューを揃えるのも可能になりました。

価格帯が幅広いので様々なニーズに対応できる

お弁当らしい価格帯で従業員が毎日のお昼ご飯に利用するのはもちろんのこと、取引先とのランチミーティングなどにも使えそうな美味しいレストランが提供する宅配弁当を取揃えるようなサービスも登場しています。

毎日利用するのではなく、週に一回、普段行けないようなレストランのお弁当を会社で食べられるランチ会を福利厚生のひとつとするのも社内コミュニケーションが活性化して良いかもしれません。

幅広い価格帯からお弁当が選べるため、こうして福利厚生としての導入に関しても様々なニーズに対応できます。

横浜で頼める宅配弁当サービス企業 5社

横浜で宅配弁当サービスを提供している企業を紹介します。

業者ごとに利用可能エリアや価格帯などは異なり、それぞれの特徴がありますので自社に合ったところを選びましょう。

とんかつまい泉

創業昭和40年、厳選素材を使用し、栄養バランス・彩りの良いお弁当をひとつひとつ愛情込めてお作りするまい泉のお弁当は横浜市を中心に、ロケや会議・接待など、様々なシーンで大人気です。

たった10坪の柔らかとんかつ店としてオープン以来、創業者の想いを繋ぐ料理人たちがお客様の心とお腹を満たすお弁当を作るまい泉は箸で切れるほどのやわらかとんかつ弁当&サンドイッチが有名です。

そのやわらかさの秘訣は、全国から取り寄せた豚肉の毎日をチェックし合格した豚肉のみを使用することやプロがさっくりと揚げるなど、精密な過程で成されています。

ヒレカツサンドが有名ですが、それ以外に通常の形のとんかつ弁当も用意しています。150円のメンチカツバーガーから2000円のお弁当まで、品揃えが豊富なので時々の用途やシーンに合わせてご活用ください。

・価格帯:150円~2000円
・利用可能エリア: 東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県
・TEL:050-3821-0319
・URL:https://www.kurumesi-bentou.com/maisen/

オーマイベント

オーマイベントの作り手はなんと韓国料理店のシェフを長年務めてきた韓国人のお母さん!普段日本人の夫に作る日本の家庭料理に、母国韓国の家庭料理をMIXした少し変わった韓国風のお弁当です。
ハンバーグ、焼鮭、鯖みそなど、日本のお弁当として定番のメインおかずにトッポギ、厚揚げコチュジャン炒め、チヂミなど韓国料理を副菜に置くだけでアクセントになります。
メニューのラインナップの豊富さはどれにしようか迷ってしまうほど。

そしてオーマイベントは抜群のコスパが特徴です!ボリューム感のあるおかずに韓国料理の副菜付きのお弁当がなんと500円。あまりお弁当で食べることのない韓国料理を楽しむことが出来て、お腹の満たされるしっかりとしたボリュームで、このお手頃価格は見逃せません。

・価格帯:500円〜1000円
・利用可能エリア:東京都、神奈川県
・TEL:050-3821-4102
・URL:https://www.kurumesi-bentou.com/ohmybento/

OMAJOUE(オマージュ)

低糖質・低カロリーに特化したLOCABO DELIメニューのOMAJOUEは「美しく、美味しく」というコンセプトとともに旬の野菜、魚、肉をふんだんに織り交ぜた色鮮やかなお弁当を提供しています。

最も美味しくなる旬の時期や栄養価が高い時期の材料を全国の生産者から取り寄せた食材のおいしさは抜群で、ビタミンたっぷりの野菜や動物性タンパク質など、栄養バランスもバッチリです。

ヘルシー志向の女性社員が多いオフィスでは喜ばれること間違いなしですね!

具材にこだわりつつも、値段はお安いものが800円〜、最高値でも1000円と比較的お手頃価格となっています。

・価格帯:800円〜1000円
・利用可能エリア:東京都、神奈川県
・TEL:050-3816-4859
・URL:https://www.kurumesi-bentou.com/omajoue/

鎌倉ごぜん

地元で人気のおふくろの味・手作りにこだわっている「鎌倉ごぜん」。手作りおかずのバリエーションは豊富で、魚沼産コシヒカリとミルキークイーンなどの旬のご飯の食べ比べをすることもできます。また、毎日炊き上げるお赤飯は無添加なので、身体にもやさしいヘルシーなお弁当となっています。

京都のおばんざいのような色鮮やかな副菜と共に、まごころの込められた鎌倉の「母の味」を味わうことができます。彩り豊かなおかずが少しずつたくさん入っているため、ボリュームもちょうどよく、男女問わず満足度の高いラインナップを揃えています。

・価格帯:800円〜1500円
・利用可能エリア:東京都、神奈川県
・TEL:050-3820-7460
・URL:https://www.kurumesi-bentou.com/tokishirazu/

崎陽軒

横浜ならでは、明治41年創業の崎陽軒のお弁当。冷めてもおいしいを目指したこだわりのシウマイは豚肉と干帆立貝柱の風味が豊かで、お弁当にはとても相性が良いです。

色鮮やかなお弁当に入っているごはんは、なんとチャーハンに変更することも可能。老若男女、年代問わず喜ばれるおかずが盛りだくさんなので、全般的な満足度が高いお弁当だといえます。シウマイ弁当以外にも、バラエティに富んだ数々のラインナップから好きなお弁当を選ぶのもひとつの楽しみですね。

・価格帯:600円〜3300円
・利用可能エリア:神奈川県(一部例外あり)
・TEL:0120-938-029
・URL:https://kiyoken-haitatsu.jp/kanagawa/

鎌倉 和ごころ

食と歴史の都「鎌倉」が発信する「和の心」を、お弁当で表現している「鎌倉 和ごころ」は、鎌倉野菜をふんだんに使った神奈川県ご当地弁当を提供しています。

ふだんスーパーなどでは見かけることのない、西洋風で色とりどりの鎌倉野菜や、多くの観光客が愛してやまない湘南しらすなど、神奈川県を代表する食材が1つのお弁当に盛り込まれています。厳選された鮮やかな鎌倉野菜のおかずには、蓋をあけたら思わず「わっ」と感動することでしょう。

・価格帯:800円〜1100円
・利用可能エリア:東京都、神奈川県
・TEL:050-3821-7747
・URL:https://www.kurumesi-bentou.com/kamakurawagokoro/

お弁当以外にも考えたい食事補助・福利厚生

食に関する福利厚生サービスは、決して宅配弁当だけではありません。

「従業員数が少なくて、最低注文個数に満たない」「毎日、お弁当の個数を集計するのが面倒」など、事業所によって向き不向きがあるのも事実です。

そこで、ここでは横浜エリアで導入できる、宅配弁当以外のサービスを3つ紹介していきます。

設置型サービスとは?

設置型サービスは、オフィスに専用のボックスや冷蔵庫を置いて、補充されている食事をいつでも食べることができるサービスです。

「初期費用0円」とうたっているサービスも多く、気軽に導入できるのが最大の特徴です。

従業員数やオフィスの立地に左右されずに導入することができます。

シフト制の事業所においては休憩時間が一人ひとり異なるため、各自のタイミングで食事がとれる設置型サービスがぴったりです。

チケット・優待型サービスとは?

チケット・優待型サービスとは、飲食店などで使用できる優待チケットを食事補助として利用できるサービスです。

サービスの種類によって使えるお店が異なるため、自分の事業所の近くで使えるものを導入することが大切です。

全国に事業所がまたがる企業においては、全国チェーンでも利用できるサービスを導入することで地域間格差をなくすことができます。

中でもコンビニで使うことができるものもあるので、自社に合ったものを選ぶようにしましょう。

社員食堂とは?

社員食堂は食の福利厚生サービスの中で、最も従業員満足度が高いサービスと言えるでしょう。

昼食を外に食べに行く必要がなくなり業務効率のアップにつながるほか、ちょっとした会議や話し合いをおこなう場としても活用できます。

オフィスではどうしてもビジネスライクになりがちですが、社員食堂で打ち合わせや相談事などをすることでフランクにコミュニケーションが取れるというメリットもあります。

ただし、従業員が少ない事業所においては、コストが高く設置が難しい場合も少なくありません。

また、日々のランニングコストも少なくないので、導入の際には運用後のシミュレーションもしっかりとおこなうようにしましょう。

食事の補助サービスを紹介

食の福利厚生サービスを検討する際には、宅配弁当だけでなくそのほかの選択肢についても理解しておきましょう。そのうえで、実際に導入するサービスを選定していくことが大切です。

設置型サービスおすすめ企業 2社

設置型サービスは導入コストを抑えることができ、気軽に利用できるのが特徴です。おすすめの設置型サービスを2つ紹介します。

オフィスおかん|株式会社おかん

オフィスおかん』は、“初期費用0″で手軽に始められる新しい食の福利厚生サービスとして注目を集めています。

オフィスに冷蔵庫と専用ボックスを設置し、健康的で安心・安全な美味しいお惣菜をオフィスにいながらいつでも食べることができるサービス。

従業員は、さばの味噌煮・ひじき煮・玄米ごはんなどのお食事を1品100円で、いつでも購入することが可能。使い捨ての食器やはしなどの付属品も提供しています。

食のサポートだけにとどまらず、「従業員のロイヤリティ・満足度の向上」「社内コミュニケーション活性化」「女性の育休復帰率向上」など、従業員の課題を解決する新しいアプローチのツールとしてご活用可能。

特に最近、人材採用が難しくなっている背景から「人材定着促進」「新卒・中途採用促進」の背景で導入いただくことが増えています。

様々な業界・規模の企業に導入中で、その数なんと全国2500社以上!

詳細はこちらの記事まで
オフィスおかんの評判・料金・提供エリアは?導入事例や効果を徹底解説

チケット・優待型サービスおすすめ企業 2社

こちらもおすすめのサービスを2つ紹介します。2社とも大型チェーンが加盟店としては入っているので、全国どこでも利用可能です。

チケットレストラン|株式会社エデンレッドジャパン

チケットレストランとは、飲食店やコンビニなどで使える食事補助チケットです。大手コンビニチェーンでも使用ができ、加盟店は全国58,000店以上もあります。

いろいろなところで使うことができるため、従業員満足度が高いのが特徴です。チケットの利用率も99%と高く、「導入したもののあまり活用されない」ということも少なくなります。

導入の際には、電子カードと食事券のどちらかを選べます。電子カードの「チケットレストランタッチ」は、オンラインでチャージができ利用履歴なども見ることができます。

・価格帯:従業員一人当たり380円から(入会金が別途必要)
・利用可能エリア:全国対応
・URL:https://ticketrestaurant.jp/

ベネフィット・ステーション|株式会社ベネフィット・ワン

ベネフィット・ステーションは、ショッピングや映画館、旅行などを優待価格で利用ができるサービスです。

もちろん、飲食店の優待チケットも含まれています。全国チェーンも加盟店として含まれており、「食事代金10%off」「代金から500円割引」といった優待サービスを受けることができます。

価格も従業員一人当たり380円からと安価で導入ができるのもメリットのひとつです。

・価格帯:従業員一人当たり380円から(入会金が別途必要)
・利用可能エリア:全国対応
・URL:https://bs.benefit-one.co.jp/bs-official/service/index.html

社員食堂サービスおすすめ企業 2社

横浜で社員食堂の設計・運営をおこなっている企業を2社紹介します。

LEOC|株式会社LEOC

最新のトレンドに合わせた食事、演出を常に研究開発し社員食堂を設計するLEOC。

LEOCは30年以上、全国約700件の社員食堂・寮などに食事を提供した委託実績をもち、社員食堂の導線・席配置・厨房設計まで最適な提案をしてくれます。
設計だけでなく、本格的な美味しさを追求した食事や企業の業務形態に合った食空間まで、30年以上ヘルスケア分野で培った経験とノウハウを活かし、「健康経営」をサポートしてくれます。

・価格帯:詳細は直接お問い合わせください
・本社住所:〒100-0004 東京都千代田区大手町1-1-3 大手センタービル17F
・TEL:03-5220-8550
・URL:https://www.leoc-j.com/

エームサービス |エームサービス株式会社

社員食堂の新設も改修も請け負っているエームサービス。エームサービスが受託運営する形で社員食堂の運営が行われます。

おいしいだけでなく、社員の健康に貢献するようなメニューを提供しており、健康的なメニューを社員食堂で体験した社員に食生活を見直す気づきを提供します。

また、自宅でも作れるように、実際に食べたセットメニューのレシピと食材サンプルを配布するなどのサービスも行なっています。

さらに「おいしい健康」のサイトも運営しており、そこのレシピを参考にすることで会社と自宅の両方でおいしく健康な食事を続けることをサポートしています。

・価格帯:詳細は直接お問い合わせください
・本社住所:〒107-0052 東京都港区赤坂2丁目23番1号 アークヒルズ フロントタワー
・URL:https://www.aimservices.co.jp/index.html

まとめ

最近、注目が集まっている「食に関する福利厚生」。社員食堂は企業イメージのアップにもつながり、社員にも喜ばれます。
ただし、導入へのハードルが非常に高いのが悩ましい点です。

「従業員数が少ない」「予算が多くない」という事業所では、宅配弁当や設置型サービスがおすすめです。
自社の従業員ニーズに合ったサービスを導入しましょう。

Writer 執筆者

おかんの給湯室編集部