OKAN WEB MAGAZINE

"働く人のライフスタイルを豊かにする!日本一"おせっかい"なOKANのウェブマガジン"

  • #WLV
  • #WLVカンファレンス
  • #ライフワークバランス

おかんのコト

11.26(火)「WLVカンファレンス」が大阪で開催!企業と働く人の働き方3.0を考える

おかんのコト


株式会社OKANでは、11月26日(火)に「WORK LIFE VALUE CONFERENCE (ワーク・ライフ・バリュー カンファレンス / 通称 WLV カンファレンス )」を、グランフロント大阪ナレッジシアター(大阪府)にて開催します。

“置くだけ”社食で、イキイキ働けるオフィスづくりを目指す!

WORK LIFE VALUE CONFERENCEとは?

WORK LIFE VALUE CONFERENCE (WLV カンファレンス) は、自社の理想の働き方を模索し実現していきたい、経営者と総務・労務・人事担当者が集う、Well-Being Osaka Lab(大阪府公民戦略連携デスク)と共同開催のカンファレンスイベントです。

WLV カンファレンスでは、「働く人のライフスタイルを豊かにする」ことに率先して取り組んでいる企業の経営者、総務・労務・人事担当者から、その考えや取り組みを共有すると共に、 参加する経営者と総務・労務・人事担当者が「自社のWORK LIFE VALUEの活動」について考え、企業や担当者の明日からのアクションが少しでも変化することを目指しています。

当日は大阪府四條畷市長 東修平氏により基調講演を皮切りに、
「多様化する価値観。”今”何を求めるのか?働き手の思考を読み解く」
「働き方改革の”本質”とは?個人のパフォーマンスを最大化させる組織を考える」
「チャレンジし続ける組織改革。組織へのアクションはコストなのか、それとも投資なのか?」
の3つのセッションを開催します。

開催を目前にして、「WLVとは?」「なぜ開催するのか」を、当日ファシリテーターも務める株式会社OKAN CEO沢木のメッセージをお届けします!

企業の成長には不可欠な「ワーク・ライフ・バリュー(WLV)」

企業の成長には、事業成長と組織成長が必要です。

もちろん事業成長も大切ですが、組織成長が見込めなければ、簡単ではないでしょう。組織成長を考える上で、離職の悩みを耳にする機会も増えてきました。人材を獲得してもそれが流出しては意味がありません。

だからこそ「ワーク・ライフ・バリュー(WLV)」を理解し、従業員とのコミュニケーションにいかしていく必要があります。

人口減少に伴い、労働力人口も減少しています。しかし日本においては、出産育児のために辞めざるをえない、体調を崩し働き続けられない、介護のために実家にもどらなければならない、いろいろな「生活=ライフスタイル」に関する理由で「働きたいけど働けない人」を目にします。

これらの問題は個人の力だけで解決するのは難しく、必ず「仕事≒会社」を理解し、その支援をする必要があります。

人が辞めてしまった場合、採用や育成にかかったコストはもちろん、後任の採用にもコストがかかります。金額面だけでなく、知識の損失、人の離脱によるチームの生産性低下など、離職による企業経営へのマイナス影響は計り知れません。

必要な人材の望まない離職を予防していくことが、日本において経営上必要になります。

ワーク・ライフ・バランスからワーク・ライフ・バリュー(WLV)へ

人材投資の形も変わり始めています。

従業員体験(EX)の向上やリテンションマネジメントに取り組む企業が増加しています。なかでも、仕事だけでなく、離職のトリガーにもなりうる、仕事とは関係ない生活部分について投資をする企業が増えてきました。

フレデリック・ハーズバーグによる、退職の要因を解き明かした「二要因理論」が参考になります。理念への共感や仕事内容へのやりがいなど、満足度をさらに向上させるために必要とされる「モチベーター」。そして、健康・家庭との両立など生活基盤の安全性や同僚との関係性など、不満足を取り除くための要因である「ハイジーンファクター」があります。

厚生労働省の調査では、モチベーター起因が約2割、ハイジーンファクター側が離職理由の約8割という結果が出ています。このデータを見ると、パフォーマンスをあげる「やりがい」はもちろん重要ですが、とハイジーンファクターにも投資が必要であることがわかります。

働き方の多様化する今、仕事・社会(家庭)・個人を取りまく価値観は多岐に渡り、人によって欲求の順位や、欲求の中で重視する要素が異なります。

だからこそ、仕事と生活と個人の調和を取る上で個人が大切にしたいと思う価値観『ワーク・ライフ・バリュー(WLV)』を企業側が理解し、支援する必要があります。これを理解した上で対策を打たなければ無駄撃ちとなり、投資ではなくコストになってしまいます。

働き方改革の中でワーク・ライフ・バランスを意識した取り組みがおこなわれてきました。
ここで語られていたのは時間の分配を軸にした話です。しかし、最近某大手企業で時間を意識した勤務体系を撤廃したように、時間ではなく、質を軸にした働き方改革の流れができ始めています。

だからこそ、従業員個々人の価値観『ワーク・ライフ・バリュー』を意識した支援が必要になってきます。

これは個人だけの価値観ではなく、企業側の価値観についても目を向ける必要があります。全ての価値観に対応するのは難しいからこそ、企業として「どういった人」「どういった働き方」を大切にしているか、これを明確にするのが重要です。

支援する取り組みはすでに多くの企業で実践されています。今日を1つのきっかけに、「自社のWLVは何か?」「何を支援できているのか?」「何を支援できていないのか?」を考え直してみてください。

『WLVカンファレンス』に開催への想い

現在、働き方改革という考え方が浸透したことにより、今までの猛烈に働く「働き方1.0」から、仕事と生活のバランスをとる「働き方2.0」が企業にもインストールされました。では、これで十分かというと、もう一度企業は、働き方に関する考え方を再インストールする必要があるでしょう。
この潮目が変わって行きている今だからこそ、企業の成長に繋がる「働き方3.0」にあたる個の価値観を理解する「ワーク・ライフ・バリュー(WLV)」が必要となってきます。
株式会社OKANは、ミッションである「働く人のライフスタイルを豊かにする」を達成するうえでも、WLVという考え方を、皆さんに知っていただき、理解し、納得し、インストールしていただきたいと思っています。だからこそ、このプロセスの手助けとなる、『WLVカンファレンス』の開催へと至りました。

一般的なカンファレンスは東京で行われることが多くあります。しかし、WLVの考えは、東京だけでなく、その他の都市圏、あるいは地方でも広がっていくべきものと考えています。そのなかで、万博を控え、経済発展を続けている大阪で、経営者、有識者、行政の首長をお招きし、WLVについてディスカッションすることは、非常に有意義であると考えています。

Writer 執筆者

おかんの給湯室編集部

メディアで話題の食の福利厚生 初期費用0円で簡単導入!