オフィスおかん導入企業1200社突破!自動販売機プランもスタート

オフィス自販機を徹底比較!|メリットや種類・業者が知りたい

「福利厚生の充実のためにオフィスに自動販売機を導入したい」という会社が増えてきているようです。オフィスに自販機やウォーターサーバー、食事が入っている冷蔵庫などがあるとやっぱり便利ですし、社員の満足度や働きやすさにもつながるようです。

なぜ、このような福利厚生が今、注目され増えているのか? 実は、オフィス自販機というのは時代背景から見ると、注目される理由が分かります。市場的にも、会社側からも、従業員側から見ても、その関心度は高まっています。

本記事では、食事の福利厚生が注目を浴びる理由も含めて、オフィス自販機を探している方向けの情報をオフィス自販機のメリットとデメリットや、ペットボトルタイプから紙カップの自動販売機、どのようなスペースに設置しているのかなど、業者等が一斉比較できるようにまとめています。

オフィス自販機のメリット

飲料の自販機がメジャーですが、それだけでなく、コンビニ自販機やお惣菜の自販機などオフィスで活用できる自販機は多岐にわたります。

さて、それではオフィス自販機にはどのようなメリットがあるのかを見ていきましょう。

24時間利用可能

24時間、年中無休で利用することができるので、ランチ以外の時間帯での早めの昼食、遅めの昼食、早朝・深夜など、好きな時間にいつでも利用することができます。

また、高層ビルや工場など、買い出しが大変な場所であればますます重宝されますね。24時間利用可能というのは、同じ食の福利厚生サービスの社員食堂宅配弁当などにはないメリットといえます。

小さなスペースに設置可能

機種の仕様や設置台数にもよりますが、比較的省スペースで導入をすることができることがメリットの一つです。社員食堂などと比べると、コストもそうですがスペース的な導入ハードルは低いといえます。

飲食店の行列回避

特にランチの時間帯は、オフィス周辺の飲食店が混み合い、時間をとられます。そうなると、労働時間や休憩時間が減るだけでなく、疲れがとれずに午後の業務の生産性の低下に繋がります。そんな飲食店の行列・混雑などを回避することができます。

震災発生時の備蓄として

これは副次的なメリットですが、いざという時の備えになるというメリットもあります。サービスにもよるかと思いますが、災害時には製品の無償提供等も行われています。東日本大震災時には、首都圏においても帰宅困難者の避難施設などで、飲料などが無償で提供された事例があります。

他にも、

  • セキュリティー管理が厳しいビルの残業時などの出入りの面倒がなくなる
  • 食堂・売店の運用コストの見直しができる

などのメリットもあります。

オフィス自販機・業者一覧表

オフィス自販機には飲料水を販売するものと食事を販売するものがあります。
飲料編と食事編に分けてご紹介していきます。

飲料編

1.メーカー自販機

飲料メーカーが提供する自動販売機です。

メーカーの管理のもと提供されるため、サポート体制が整っており、電気代以外のレンタル料や保証金、機械の設置に関わる費用は一切かかりません。

担当者が定期的に訪問し、商品の補填や清掃など、自動販売機に関わる全ての事を行ってくれるので、何かトラブルが起こった時や食品衛生の面もバッチリです。

各メーカーの色々な飲料を利用したい場合や、栄養ドリンクを入れたい場合はコンビ自販機という各メーカーの様々な商品が混在した自販機もありますのでチェックしてみてください。

2.カップ自販機

こちらは紙カップに飲料が入って出てくる形の自販機になります。

オフィスの外で移動をしながら飲むとなるとフタ付きのペットボトルの方が便利かもしれませんが、オフィスワークを座ってするという時はカップに淹れた飲み物も問題ありません。

多彩なバリュエーションが特徴のカップ自販機には、エスプレッソをその場で抽出してくれる機械が不随しているものもあり、淹れたてのコーヒーが飲めるというコーヒー好きにはたまらないサービスも。

また、フローズンドリンク専用のアイスクラッシャーと調理システムが不随しているものもあり、作りたてのフローズンドリンクを飲めるものも!飲み物を買いに行くのが少し楽しみになるかもしれません。

3.紙パック自販機

野菜ジュースや乳飲料は紙パックに入っているものがほとんどなので、そのようなものを飲みたい場合は紙パックの自販機がいいでしょう。

ペットボトルや缶に比べて簡単に潰すことができるため、ゴミの容量も少なく済みます。

4.省スペース自販機

自販機を起きたいけど、とにかくスペースがないという方にはこちらがオススメです!

豆を一杯ごとに挽き、ドリップ方式で丁寧に抽出するものや、コーヒー・ミルク・砂糖の濃さを、好みに合わせて簡単に調整できるものが多いので、サイズは小さくても飲料のクオリティは下がりません。

サイズが小さい分、消費電力も少なくて済むというメリットも!

食事編

1. お惣菜自動販売機|オフィスおかん

オフィスおかんは“初期費用0″で手軽に始められる新しい食の福利厚生サービスとして注目を集めています。

お惣菜を陳列する自動販売機と、お皿やお箸などが入った専用ボックスなど食事をするために必要なものがそろっているので、24時間いつでも好きな時に好きな量を1品100円という手軽な値段で食べることができます。

食のサポートだけにとどまらず、「従業員のロイヤリティ・満足度の向上」「社内コミュニケーション活性化」「女性の育休復帰率向上」など、従業員の課題を解決する新しいアプローチのツールとしてご活用可能で、全国で利用可能エリアです。

特に最近、人材採用が難しくなっている背景から「人材定着促進」「新卒・中途採用促進」の背景で導入いただくことが増えています。ANAなど、様々な業界・規模の企業に導入中で、その数なんと全国1200社以上!

オフィスおかんの概要を知りたい方は下記の記事をチェック!

<詳細はこちら>オフィスおかんの評判・料金・提供エリアは?導入事例や効果を徹底解説

2. 自販機コンビニ|ファミリーマート

自販機コンビニとは、その名の通り、自販機の中にコンビニエンスストアがあるようなイメージのもの。

もちろん、コンビニエンスストアほどのすごい品揃えはありませんが、マシンの中には、おにぎり、弁当、パン、スナック菓子などが並んでおり、利用者はお金を投入して、自分が欲しいモノを購入するといった流れになります。元々はam/pmが手がけていた事業で、同社を買収したファミリーマートが2012年から本格始動し、5年間で2.8倍にまで拡大したといいます。

現在、オフィスなどを中心に約2,300台設置されているファミリーマートを取り上げましたが、店舗と店舗の間の「隙間」にコンビニの需要があると判断したセブン-イレブン・ジャパンはコカ・コーラグループと業務提携し、自販機コンビニへ本格参入しました。今後、1企業に1台の自販機コンビニの時代が到来するかもしれませんね。

自販機種類:自販機コンビニ(多種)

参照:自販機コンビニ(ASD)|ファミリーマート

3. 冷凍食品自販機|株式会社ニチレイフーズ

高速道路のパーキングエリアやパチンコ店、健康ランド等で冷凍食品の自販機を見たことはありませんか?

フライドポテト、唐揚げ、たこ焼き、今川焼き、ホットドッグ、焼きそば、チャーハンなどなど。冷凍食品自動販売機を扱うニチレイフーズは2008年から、職域ロケーション、つまり職場での食事需要に応えるために、オフィスビルや配送センター、研究センター等の社員食堂などで冷凍食品自動販売機を展開しています。

自販機種類:冷凍食品自販機

参照:自動販売機専用商品 | 冷凍食品・冷凍野菜はニチレイフーズ

4. 食品専門自販機|フードベンダー100

フードベンダー100は、小腹が空いた時に副食となるカップ麺やパン類などから、疲れを感じた時に、リフレッシュできるチョコレートやスナック菓子などを販売している食品自動販売機。最大の特徴は、すべての商品を100円の均一価格で販売していることです。飲料では珍しくなくなった100円自販機も、食品としてはまったく新しいサービスになっています。

食品自動販売機の設置場所として、一番多いのがオフィスです。オフィスから5分以上歩くと、社員は面倒と感じるそうですが、都内でも5分以上歩くという職場は意外に多いようです。また、お昼に集中するコンビニや売店、食堂の回避策としても活用されているようです。毎日の混雑に嫌気がさしている人にも好評です。

自販機種類:食品専門自販機

参照:100円均一の食品自販機 | フードベンダー100

5. 食品自販機|ジャパンビバレッジホールディングス

自動販売機専業No.1を謳うジャパンビバレッジホールディングス。

全国に自動販売機約25万台を設置し、北海道から沖縄まで運営・管理を行う事が出来るのはジャパンビバレッジだけ。

飲料自動販売機(自動販売機・給茶機・コーヒーサーバー)はもちろん、食品自動販売機や災害救援ベンダー機など、様々な自動販売機を取り揃えています。商品管理から清掃・回収まで、フルオペレーションサービスや、アフターサービスも充実しています。

自販機種類:食品自販機

参照:食品自販機 | 自動販売機 | ジャパンビバレッジグループ

オフィス自販機をはじめとした食事の福利厚生が人気の理由

オフィス自販機をはじめ、食事の福利厚生が人気を集めていますが、なぜ今、注目を浴びているのかを社会的な背景から見ていきましょう。

労働人口減少、中途採用市場の活発化

一言で言うなら、労働人口が減少し、また中途採用市場が活発化し、企業側が従業員の定着化のための努力をしないといけないからだといえるでしょう。

どの企業でも人不足となり採用がとても難しい状況で、転職市場も活発化し、以前に比べると簡単に転職ができてしまうようになりました。企業も努力をしないと労働力を維持することができず、企業の生産力の維持が難しくなっています。だからこそ企業としての「働き方改革」、つまり従業員の満足度、生産性向上などのための取り組みが注目されているのです。

このような背景から、昨今は食事の福利厚生が注目を集めているんですね。

参考:働き方改革まとめ!事例・助成金・メリット情報を網羅
参考:人事必見!従業員エンゲージメントを維持するには「継続」がカギ

食事の福利厚生は従業員からも人気

調査の結果、食事の福利厚生は従業員からも選ばれているという結果が出ています。

あると嬉しい福利厚生の調査結果

マンパワーグループが2015年に行った調査では、従業員の方があると嬉しい福利厚生は以下の順位でした。

  • 1位:「住宅手当・家賃補助」(48.3%)
  • 2位:「食堂、昼食補助」(33.9%)
  • 3位:「人間ドックなど法定外の健康診断」(33.0%)

「住宅手当・家賃補助」は金額が大きいことから社員に喜ばれることが多いです。2位の「食堂、昼食補助」は毎日の出費が抑えられるだけでなく、社員食堂などがあれば昼食を取るために移動する手間を省くこともできます。

仕事同じく毎日触れる食事はやはり従業員に与える影響が大きいようです。

実際にあって良かった福利厚生の調査結果

そして、実際にあってよかった福利厚生は以下になります。

  • 1位:「食堂、昼食補助」(17.1%)
  • 2位:「住宅手当・家賃補助」(16.7%)
  • 3位:「余暇施設、宿泊施設・レジャー施設などの割引制度」(14.5%)

先程の1位と2位が入れ替わり、僅差ですが「食堂、昼食補助」がトップになりました。「住宅手当・家賃補助」は金額が大きいので導入できる企業が限られてくる反面、「食堂、昼食補助」は導入が比較的気軽にでき、多くの社員が使うことになるためこのような順位になったと考えられます。

<出典>「会社の福利厚生として良いと思うもの」「実際にあった福利厚生でよかったと思うもの」についてのアンケート

サラリーマンのお小遣い事情

この数字の背景にはサラリーマンのお小遣い事情も関係していると考えられます。

新生銀行が男女2700名を対象に行なった「2017年版 サラリーマンのお小遣い調査」によると、サラリーマンのお小遣い金額は年々減少傾向にあることがわかります。

サラリーマンの昼食代事情

そして減少傾向にあるお小遣いに対して、昼食代は以下のようになっています。

女性の昼食代は大幅に減少しているものの、これまでも大きな変動を繰り返しているため一概に説明することは難しいです。しかし、男性に関しては比較的に安定しており、お小遣いが減少していても昼食代は一定額確保する必要があることが伺えます。こうした背景を受けて住宅手当や健康診断などの非日常的な福利厚生よりも、食事補助のような日常的な福利厚生の満足度が高いのだと考えられます。このように食事補助が従業員に喜ばれる福利厚生であることがわかります。

参考:食事補助で手軽に満足度の高い福利厚生を!関連サービスも紹介

外に行くのは面倒?

株式会社ネオマーケティングが2015年に行ったインターネット調査「社員食堂に関する調査」では、「社員食堂を利用する理由は?」という質問に対して以下のような回答が発表されています。

※調査条件は、勤めている会社に社員食堂がある全国の20〜49歳の男女を対象に行われました。

この質問では、「値段が安いから」(67.0%)という回答が最も多い結果となり、「外で食べるのが面倒だから」(33.0%)が2位、「外に買いに行くのが面倒だから」(31.6%)が3位という結果となりました。2位と3位の結果に注目してみると、オフィスの外に出るのが面倒だと感じている従業員は多いということが分かります。複数回答ではありますが、2位と3位の合計は1位に匹敵する数字となっていますね。

このような結果から、外に出なくてもよいという手軽さを感じている方が多いことが分かり、オフィス自販機が注目されるのも納得です。

まとめ

企業の中で、社員の健康や従業員満足度向上を願うあなたにとって、具体的なヒントは手に入りましたでしょうか?

冒頭には、食事の福利厚生・補助サービスが注目される理由を見てきました。健康経営というキーワードも注目を集めるようになり、今後さらにより多くの企業で、社食という従業員満足度を上げるための施策に取り組まれることになることが予想されます。

また、自販機コンビニの拡大の流れから見ても、今後、1企業に1サービス、または複数の食に関する福利厚生サービスが導入され、そして今後、新しくユニークなサービスもどんどん世に出てくることでしょう。自社にあった方法を検討される上での有益な情報が手に入り、働く全ての人のライフスタイルが豊かになるように、本記事の内容がお役に立てば幸いです。

コンビニ食が続く
ランチ代が高い
もっと健康的な食事を提供したい
社員食堂を作るスペースや費用捻出は難しい

1品100円の食事サービスで、こんなの食環境を改善しませんか?

サービス詳細はこちら 資料ダウンロード