オフィスおかん導入企業1200社突破!自動販売機プランもスタート

オフィスコンビニ・設置型サービス|メリット・注意点・徹底解説

日本では今、労働人口が他の先進国と比べると著しく減少・高齢化が進行しています。

そんな中、社員が簡単に辞めてしまうと、せっかく育った社員が出てしまい、また人を入れなくてはならないが、人はいない・・と、会社としても負の循環でより大きな痛手を負うようになっている状況があります。

こうしたことを防ぐためにも、「働き方改革」や「健康経営」「従業員満足度」「エンゲージメント」など社員がいかに不満足なく、心身共に健やかな状態で働けるかということに着目したトレンドワードがたくさん生まれました。

従業員は何も辞めることを前提として入っている訳ではないと思いますし、「人生100年時代」を迎えるに当たって、出来るだけ社員には長く働いて欲しいですよね。

従業員が楽しく健やかに働けるようになれば、会社としても、社員としても良く、さらにはその満足が生産性やアウトプットの質を高めてお客様に提供する価値の向上にも繋がることになれば、まさに三方良しの好循環です。

さて、そうしたことを考える中で、近年増加しているのが、忙しいビジネスマンの強い味方「オフィスコンビニ」です。

コンビニ各社がオフィスへとサービスを展開し始めたことで、その数は着実と増えており、従業員働きやすさ・満足度向上への活躍が期待されます。本記事では、オフィスコンビニおよびオフィス内設置型サービスについて、最新情報を元にご紹介します。

オフィスコンビニ・設置型サービスとは?

オフィスコンビニに代表されるような設置型サービスとは、オフィス内に専用の什器を設置し、そこから24時間好きな時間に商品を購入できるサービスのことです。具体的にどのようなサービスなのか見ていきたいと思います。

オフィスコンビニの特徴

オフィスコンビニの特徴である、設置する什器の種類には、小さな棚や冷蔵庫、自販機などさまざまな種類があります。什器の設置に企業側のコストはかからず、商品の補充に関してもサービス会社が定期的に管理して行うので、企業にとって安心・手軽な福利厚生として人気です。

オフィスコンビニは多くの場合、企業の職場環境向上の一環として導入されています。 また、その利用は食事関連が多いのが現状です。食の福利厚生として一般的なサービスとしては社員食堂がありますが、利用者側から見たオフィスコンビニと社員食堂との違いのひとつに24時間いつでも少量から購入が可能という点があります。

また、サービスも食品関係だけでなくコスメや文房具など、いわゆるコンビニにあるような商品までバリエーションが豊かなため、それぞれの企業の従業員ニーズに合わせて選ぶことができます。

オフィスコンビニの利用可能エリア

サービスによって異なりますが、全国展開しているサービスも多数見られます。しかし、中には配送の関係で首都圏など都市圏だけのものも

したがって、1つがダメだったからといって諦めるのではなく、複数のサービスを同時に検討すると良いでしょう。

オフィスコンビニの利用料金

福利厚生として企業が月額負担をすることで利用できるサービスや無料のものなどサービスによって異なります。

しかし、無料サービスなどは、一定の利用個数を求められるサービスも!また、それらを自由に組み合わせることもできるものがあるなど、事前の確認が必要です。

導入している企業の声

また、オフィスコンビニ・設置型サービスの導入企業では、実際にこのような評判が上がっています。

自動車ディーラー事務所に設置してもらいました。
普段は外に買いに行く手間もなく、便利に使わせて戴いています。
また、店舗のイベントなどでも使えて重宝しています。(自動車販売営業職)
オフィスに導入して、多い人では年間10,000円以上の経費削減できました。
外に出るのが面倒なときにも便利だと社員に大好評です。(出版関係)
社員の食生活が、このままでは明らかにカロリー超過で、
食後には眠くなってしまうと指摘されました。それでピンッときまして、これこそが私の求めていたサービスだと思いました。何故なら、従業員に眠くなられてしまうと仕事の
パフォーマンスが低下します。すると売上にもならないし、事故にも繋がりますよね。なので、このお弁当はすごく良いなと思いました。(タクシー業界)

オフィスコンビニ・設置型サービスの種類

実は設置型サービスの中には、食料品だけではなく日用品まで扱っているサービスもあり、そのバリエーションはまるでデパートのよう。ここでは、そんな設置型サービスにどのような種類があるのかをご紹介します。分かりやすいよう便宜的にいくつかの種類に分けましたが、実際のサービスでは、複数の種類の商品を横断的に扱っている場合も多くあります。

コンビニ

「自販機型」と「小型什器型」の2種類に分かれます。「自販機型」は飲料だけを販売するのではなく、おむすびやサンドイッチ、惣菜パンといった軽食の扱いもあり、「小型什器型」では、お菓子やカップ麺、日用品までを扱い、コンビニの一角をオフィス内に再現するというイメージが近いです。

食事

専用什器にお惣菜やご飯が格納されており、利用者はそれらを電子レンジで温めて食べることができます。品揃えはヘルシーなものが多く、従業員の健康管理を目的に導入されることが多いのが特徴です。

お菓子、軽食

コンビニタイプの「小型什器型」に近いですが、それよりもお菓子やちょっとした軽食に特化したもの。オフィスの机の上に置けるほど小さい什器のものもあり、あまりスペースを取らないものが多いです。

飲料

専用の冷蔵庫が設置され、その中に数種類の飲料が定期的に補充されていくサービスです。ペットボトル飲料だけでなく、コーヒー・エナジドリンクなどの缶飲料や野菜ジュースなどの紙パック飲料の扱いもあります。

コスメ、日用品

設置型サービスの中には、食料品以外を扱うものもあります。主に女性向けに、ハンドクリームや化粧品などのコスメやストッキングや歯ブラシなどの日用品の購入が可能。

オフィスコンビニ・設置型サービスのメリット

では、このようなサービスはどのようなメリットで、導入をされるのでしょうか?
4つの点でご説明します。

①時間の有効活用

設置型サービスの一番のメリットはやはり時間の短縮。大きなビルオフィスの企業ですと、昼食時にエレベーターで一階に降りるだけでも、混雑して時間を余計に使ってしまうことがありますよね。そうでなくとも、最寄りのオフィスに行って帰るだけでも10分以上の時間を使ってしまうという場合も珍しくはありません。オフィス内設置型サービスなら、「ミーティング前にちょっとした軽食を食べたい」という状況でも、わざわざコンビニまで走って買いに行かずとも、オフィスの一角で手軽に商品を購入することが可能。サービスによっては、お弁当の販売を行うものもあるため、軽食と言わずランチでの活用も考えられるでしょう。時間が命のビジネスマンには心強いサービスです。

②従業員の食事サポート

前述の通り、設置型サービスでは軽食やお弁当、飲料などを購入することが可能です。コンビニ各社が提供しているオフィスコンビニでは、実際にコンビニに置いてある商品と同じものが置いてあることが特徴。

設置型サービスは24時間利用することができるので、ランチを食べ逃してしまったときや残業時に小腹が空いてしまったときなど、好きなタイミングで食事をとることができるのが嬉しいですね。忙しいビジネスマンも体が資本、業務の合間に食事の時間がなかなかとれないという場合でも、オフィス内で商品を購入することができるので、食べ逃しを回避することができます。

③コミュニケーションの活性化

サービスを利用するためには、専用什器の前に行かなくてはいけないため、什器がコミュニケーションスポットとして機能します。より従業員のコミュニケーションを活性化するために、オフィスのどこに什器を設置するか考えるのも重要なポイントとなります。

④低価格の料金設定

設置型サービスの商品は、店舗で買うよりも安いことが特徴の一つ。ちょっとおやつが食べたいときなど、そのたびにコンビニなどで購入するのは、積もり積もって財布にダメージを与えていきます。設置型サービスで購入することは、そのまま外のお店で購入するよりも節約につながるため、積極的に利用したいところです。品揃えは季節や時期によって変わりますし、サービスによっては要望を出すことで品揃えを変えてもらうこともできるので、飽きがくる心配もありません。

⑤災害時の備蓄用品になる

設置型サービスの商品は、定期的な納品があるため、いざという災害時の備えになります。あえて備蓄品を用意するとなると使わずに年末の大掃除に捨ててしまうなんてこともあると思います。普段から使えて備えにも活用できる使い方は合理的ではないでしょうか。

オフィスコンビニのタイプ別サービス比較

それぞれのタイプ別に、具体的なサービス名をご紹介します。

コンビニタイプのオフィスコンビニ

セブン自販機|セブンイレブン

[URL] http://www.sej.co.jp/sej_case/jihanki/index.html

セブンイレブンのオリジナル商品が自動販売機型の什器に並びます。通常の店舗と同じく品質・鮮度管理されたおにぎり・パンなど最大73アイテムが届く他、日々の販売状況を分析し、売れ筋商品・立地特性に応じて品揃えを変えてくれたり、販売期限が切れると商品ごとに販売を中止してくれます。自動販売機ながら、常に鮮度の良い商品を提供してくれるのは安心です。

[ラインナップ]

おにぎり・パンなどを中心に最大73アイテム

[利用可能エリア]

全国のセブンイレブンがある店舗近隣。詳細はお問い合わせください。

無人コンビニ 600

[URL] http://www.600.jp/

お菓子、お弁当、飲料から文房具、日用品まで、まさに「オフィスのコンビニ」という品揃え。購買データは細かくレポーティングされるため、ニーズに基づいたサービスの提供が可能なサービスです。

また、クレジットカード決済に対応しているため、オフィス内でキャッシュを持ち歩く必要がないところも便利です。

[ラインナップ]

お菓子、お弁当、飲料から文房具、日用品まで

[利用可能エリア]

東京23区限定(2018年10月現在)

オフィスコンビニ|株式会社スリーピース

[URL] https://www.office-conveni.com/

小さな冷蔵庫と棚に、レギュラー商品約100種類、季節/キャンペーン商品を含めると約300種類と業界最大級の商品を取り扱うオフィスコンビニ。また、お客様の声で要望が多い紙パックのドリンクや駄菓子などの新商品も続々と追加されています。ミネラルウォーターが50円から、ジュースやコーヒーも60円からと、近くのディスカウントショップなみの価格で利用できるところも、企業の従業員から人気です。

[ラインナップ]

飲み物を中心に、お菓子、駄菓子等

[利用可能エリア]

東京・大阪を中心に順次拡大中

 

ぷちローソン|ローソン

[URL] https://www.lawson.co.jp/area/kanto/detail/petit-lawson/

お菓子を中心にローソンがセレクトした商品が並ぶ什器から商品を購入することができます。

お菓子BOXのほか、オプションとしてドリンクをストックする冷蔵庫やアイスをストックする冷蔵庫、コーヒーマシンの設置も可能。設置型サービスの中では珍しく、セルフレジにて交通系電子マネーで決済するシステムが特徴です(現金決済不可)。

[ラインナップ]

お菓子・ドリンク・アイス・日用品などお菓子・軽食タイプ

[利用可能エリア]

東京23区限定(順次拡大予定)

オフィスファミマ|ファミリーマート

[URL]:http://www.family.co.jp/company/officefamima.html

こちらはファミリーマートのオフィスコンビニ。150種類以上の品物を季節や企業の好みに合わせて配置しています。

365日受付のコールセンターがあるため、トラブルにも迅速に対応可能、さらに管理や補充、メンテナンスは専門スタッフにお任せできるお手軽サービスです。電気代もかからず、スペースも少しで済みます。なお、ファミマは自動販売機タイプもあるのでそちらと合わせてご検討ください。

現在は関東の都心部を中心に展開しています

[ラインナップ]

お菓子・ドリンク・アイス・日用品などお菓子・軽食タイプ

[利用可能エリア]

東京都内23区 (一部配送外エリアがあります。)、川崎、横浜

食事タイプのオフィスコンビニ

オフィスおかん|おかん

[URL] https://office.okan.jp/

オフィスおかんは、“初期費用0″で手軽に始められる従業員エンゲージメント向上や、健康経営推進のツールとして注目を集めています。

<参考記事>オフィスおかんの評判・料金・提供エリアは?導入事例や効果を徹底解説

オフィスに専用のボックスと冷蔵庫を設置することで、管理栄養士監修の、健康的で安心・安全な美味しい手作りのお惣菜を、1品100円から外出せずにオフィス内でお召し上がりいただけるサービスです。中には、ひじきの煮物、卵焼き、鯖味噌や西京焼き、ハンバーグやカレーなどもあり、毎月メニューが変わるのも特徴の一つです。

導入企業様からは社員が健康に気を使うようになった、コミュニケーションが活発になったなどの声をいただいております。主食としての食のサポートはもちろん、サービスを通して今話題の、「従業員のロイヤリティ・満足度の向上」、「社内コミュニケーションの活性化」、「健康経営の推進」など、従業員の課題を解決する新しいツールとしてご活用いただいています。

全国で1200社以上が導入。様々な業界・規模の企業に導入いただいています。

[ラインナップ]

惣菜・ご飯・ドリンクなど

[利用可能エリア]

東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県

クール便で資材や商品が届く『おかん便』なら日本全国利用可能!

TAVENAL (タベナル)

[URL] https://tavenal.com/

置き弁タイプのオフィスコンビニTAVENAL。会社の健康課題などを見える化した上で、プランを提供してもらえるなど、健康知識・意識・行動の改善にコミットした「Fit Food Biz」というサービスを実施しています。

スペース的には、約1畳分のスペースがあれば20名以上の利用にも対応しています。1食500Kcal前後のため、カロリーコントロールに気を使っている人でも満足なランチができます。

[ラインナップ]

お弁当

[利用可能エリア]

全国(全リモートでの利用)
訪問サービスを受けられるコア利用エリアは、東京都・神奈川県・大阪府・京都府・兵庫県

お菓子・軽食タイプのオフィスコンビニ

オフィスグリコ|グリコ

[URL] https://www.glico.com/jp/enjoy/service/officeglico/

満タン時で10種24個のお菓子・栄養補助食品がストックできるリフレッシュボックスとドリンクやアイスをストックできる冷蔵冷凍庫(従業員20名以上から設置可能)から商品を購入することができるサービス。

ちょっとした休憩や小腹が空いたときに利用されることが多く、社内のコミュニケーションスポットとしても機能します。

[ラインナップ]

お菓子を中心に、栄養補助食品・ドリンク・アイスなど

[利用可能エリア]

首都圏・愛知・近畿・広島・福岡

パンフォーユー

[URL] https://www.panforyou.jp/office/

こちらはおいしいパンを冷凍の形でオフィスにお届けするサービスです。1ヶ月に1回変わるラインナップの豊富さと、冷凍庫の空いてるスペースにお届けできる手軽さが売りです。

忙しいオフィスワーカーは朝食やちょっとした昼食など主食を抜いてしまうこともあるのではないでしょうか。美味しいパンを通じてしっかり主食を食べて欲しいというメッセージも伝えられるのではと思います。
導入先企業では、社内でファンクラブができるといったこともあるようで、そうしたコミュニティ作りに繋がるのもこうした食のいいところと言えますね。

[ラインナップ]

こだわりのパン

Heno Heno NATURAL FROZEN FRUITS

[URL] https://henoheno.jp/t201812/

こちらはこの2019年の2月から開始するサービスです。

少しの変色や傷がついただけでもフルーツは捨てられてしまうのはご存知でしょうか?元々急速冷凍技術を持っていたデイブレイクがフードロスを防ぐ目的で、その技術を廃棄フルーツに応用しました。

使われるフルーツは全て国産、無添加の高級品。栄養価が高くておいしいフルーツを社員と楽しく食べて、健康とコミュニケーション活性化に繋がり、それが社会貢献にもなればすごく素敵なことですよね。気になる方はチェックしてみてください。

[ラインナップ]

高級フルーツのフローズン品

飲料タイプのオフィスコンビニ

Drink&Snack|レップ・グローバルネットワーク株式会社

[URL] http://oc-tokyoeast.com/

ドリンクやお菓子、カップ麺などを什器から購入できるサービスです。初期費用がかからない上に、什器は通常の飲料用の自動販売機を置くよりも節電になるため、導入企業からも人気のサービスです。さらにドリンクなどは通常の定価よりも安く導入できるため、利用者全員の懐にも嬉しいですね。また、通常の自動販売機と異なり、停電しても中から飲み物が取り出せるため、災害時の備蓄としても機能します。

[ラインナップ]

ドリンクを中心にカップラーメンなども扱う

[利用可能エリア]

東京・大阪を中心に順次拡大中

 

オフィスオアシス|阪神酒販

[URL] http://officeoasis.jp/

オフィス内に50cm四方のスペースがあれば、簡単に導入ができる「オフィスオアシス」。

缶コーヒーやミネラルウォーターが50円、ペットボトル飲料が110円から購入できるなど、安価な価格設定が特徴。ドリンクのラインナップは、あらかじめ用意されている「スタンダードタイプ」「ヘルシータイプ」「パワフルタイプ」から選ぶことができますが、要望を伝えることで自由に品揃えを変更することもできます。

[ラインナップ]

ドリンクを中心に、軽食やお菓子も扱う

コスメ・日用品タイプ

オフィスコスメ|ハチモ

[URL] http://office-cosme.com/

20人以上の女性社員が利用できる環境がある企業を対象にサービスを展開する「オフィスコスメ」。

食料品を扱うその他の設置型サービスと同様の形で、女性の身だしなみ用品を扱っています。これなら、「化粧直しをしたいけど、忙しくて買いに行けない」という女性ならではの悩みも、オフィス内で解決することができますね。オフィス内に設置される専用BOXの中身は、季節によって毎月変わります。

[ラインナップ]

コスメを中心に、女性の身だしなみ用品。最新コスメのサンプルなども

<参考記事>【福利厚生】ランチ補助に最適な”社食サービス”を徹底比較|2018年最新版

導入時の注意点

それぞれ具体的なサービスを見たところで、実際に導入する際にはどんなことに気をつけたら良いか、ポイントを整理しました。

①セキュリティ

各社、取り扱っている什器の種類が異なるので対応はそれぞれ異なりますが、セキュリティ対策は気になるところですよね。

一般の自動販売機のようにお金と引き換えに出てくるタイプだけではなく、貯金箱にお金を入れて利用者自身で什器から商品を取り出すセルフサービスタイプもあります。

 

会社の福利厚生として全額会社負担の場合は良いのですが、そうでない場合は、まわりの目が気になるところで管理するなど、設置場所と合わせてセキュリティ対策についても検討した方が良いでしょう。

②設置場所の確保

社内に売店を作るほどの面積ではないにせよ、什器を置く場所の確保が必要です。サービスによって取り扱っている什器のサイズは異なるので、自社のオフィス環境と照らし合わせてサービスの検討じには什器のサイズを確認するのをお忘れなく。

②利用条件

導入時にもちろんチェックするべきなのが利用条件。サービスによっては最低利用人数や最低利用期間を設けているサービスもあります。

 

しかし通常オフィスにいる人数が最低利用人数よりも少なくても、接客業などを行なっている場合、そのお客様の利用も見込まれる場合などは導入が認められるケースもありますので、まずは相談してみるのが良いでしょう。

食事補助の比較

設置型サービス以外に、食事補助には以下のような形態があります。

社員食堂・カフェテリア

食環境を充実させるための選択肢として、最も代表的なものが社員食堂です。最近ではおしゃれなカフェテリア型の社員食堂を運営する企業も増えており、従業員の満足度向上に大きく貢献しています。

<参考記事>5分でわかる社員食堂|メリット・効果・運用/導入方法・事例まとめ

<参考記事>手軽な福利厚生カフェテリアプランとは?|メリット・費用を検証

企業側の負担によって、利用者は一般的に外の飲食店よりは安く利用できるのが特徴です。また、食堂の運営会社と協力することで、より健康に配慮したメニューを提供している企業もあります。

もちろん導入にはコストがかかりますが、外部・一般利用を許可することで、社食をきっかけとした企業ブランディングに成功した例もあります。タニタ食堂などが有名ですね。

仕出し・宅配弁当

もっとも手軽に取り入れられるのが仕出し・宅配弁当ではないでしょうか。コストやスペースの問題で社員食堂の導入が難しい場合、まず選択肢にあがるのが仕出し弁当の配達サービスです。

24時間好きな時間に活用できるというわけではありませんが、設備投資などが必要ないことから、人気がある食事補助サービスです。

企業としては費用負担がなく、スタートできるもの魅力である一方、発注作業が発生します。また、時間の制限やレパートリー、業者によっては毎日のお弁当のクオリティーに差があるなどのデメリットもあります。いかに良い業者と出会えるかがポイントです。

<参考記事>1記事でわかる|オフィスランチの味方宅配弁当|サービス・業者紹介

まとめ

手軽な福利厚生サービスとして広まっているオフィスコンビニ・設置型サービスですが、会社の規模や目的に合わせてさまざまな選択肢があるため、どのタイプの設置型サービスを導入しようか迷ってしまいます。

こうした施策を考案する前には現状把握が必要不可欠です。

従業員の満足度を上げたいのか・健康経営が課題なのか・コミュニケーションを活性化させたいのか といった様々な課題がる中で、今会社として解決したい課題は何か?従業員はどんなモノを欲しているのかをしっかり把握し、その解決手段としてこうしたサービスを使用することが大切です。また、一生懸命考え抜いて用いたツールは、従業員へのメッセージとして積極的に発信できれば、従業員も心から長く働きたいと思える会社に成長していくのではないかと思います。素敵な会社づくりの参考になれば幸いです。

コンビニ食が続く
ランチ代が高い
もっと健康的な食事を提供したい
社員食堂を作るスペースや費用捻出は難しい

1品100円の食事サービスで、こんなの食環境を改善しませんか?

サービス詳細はこちら 資料ダウンロード