オフィスおかん導入企業1200社突破!自動販売機プランもスタート

北海道でオフィスおかん!社食・宅配弁当にかわる食事の選択肢が増加中

オフィスや工場・クリニック・建築現場など様々な”働くヒト”のいる場所で活用される食の福利厚生サービス「オフィスおかん」。
いつでも簡単に社内で食の環境が整うことから、北海道でも多くの企業で導入が進んでいます。
今回は実際に道内でオフィスおかんを活用している企業の話とともに、オフィスおかんを紹介していきます。

オフィスおかんの評判・料金・提供エリアは?導入事例や効果を徹底解説

オフィスおかんって?

イメージ

オフィスおかん』は、“初期費用0″で手軽に始められる新しい食の福利厚生サービスとして注目を集めています。

オフィスに冷蔵庫と専用ボックスを設置し、健康的で安心・安全な美味しいお惣菜をオフィスにいながらいつでもお召し上がりいただけるサービスです。導入企業の従業員は、さばの味噌煮・ひじき煮・玄米ごはんなどのお食事を1品100円で、オフィス内でいつでも購入することが可能。お食事のみならず、ご利用に際して必要となる専用集金ボックスや使い捨て耐熱皿などの付属品も貸与・提供しています。

食のサポートだけにとどまらず、「従業員のロイヤリティ・満足度の向上」「社内コミュニケーション活性化」「女性の育休復帰率向上」など、従業員の課題を解決する新しいアプローチのツールとしてご活用いただいています。特に最近、人材採用が難しくなっている背景から「人材定着促進」「新卒・中途採用促進」の背景で導入いただくことが増えています。

全国で1200社以上が導入。様々な業界・規模の企業に導入いただいています。

どこでつかえるの?

北海道でも利用可能!
オフィスおかんは日本全国どこでもご利用いただけます。
※関東圏とは一部ご提供の方法が異なります。詳細は資料をお問い合わせください。

費用は?

従業員の負担分は1品100円で購入が可能。
ご飯+主菜1品+副菜2品で400円のおかん定食として使うのもよし、おにぎりを持ってきて、主菜+副菜の200円で済ませるのも可能です。

運用費用として企業からプランに合わせ、一定の金額をご負担いただいています。
企業規模に合わせプランが変わってきますので、詳細はお問い合わせください。

どんな企業が利用しているの?

オフィスおかんの全プランをあわせ、導入企業数は全国1200社を超えました。
3名程の企業から、5000人を超える上場企業と、規模や業種も様々です。オフィスだけでなく、クリニックや美容院、また、商業施設や工場などで“働くヒト”のいる様々な場所で導入されています。
自販機プランは120名ほどの企業からご利用いただいています。

道内での利用も進んでおり、IT企業・メーカー・建築会社・工場・クリニックなど、様々な業態の企業で利用されています。

工場や大規模社食の代替として、自販機プランも人気です!

オフィスに惣菜自販機?オフィスおかんの自販機で健康経営・働き方改革を!

ではどうして道内で従業員に対して投資をする企業が増えているのでしょうか?

北海道の企業がオフィスおかんを導入する理由

従業員の食事のサポートをしたいという考えでの導入が多いですが、その背景には人材定着・採用強化への意識があります。

道内の有効求人倍率は、平成26年度には、昭和38年の統計開始以降、最も高い0.86倍を記録し、全国より低い水準ながらも、全国と同様のテンポで上昇を続けています。こうした中、福祉や医療など従来から人手 不足の状態にあった産業に加え、建設業、宿泊 業・飲食サービス業など、幅広い産業の関連職 種で有効求人倍率が急上昇し、人材確保に支障が生じています。若年層の離職率が高いのも課題のひとつとなっています。全国的に離職率が高いサービス関連の産業において従業員の全産業に占める割合が高いことや、サービス業などにおいて、離職率が高いとされる非正規労働者の割合が全国より高いことから、離職率も高いものと推測されます。こういった背景からも従業員への投資を行い、人材定着・採用強化を進める企業が増えているのでしょう。

北海道でオフィスおかんを利用している企業の声

医療法人社団いずみ眼科(旭川市)

福利厚生(食堂がない、昼食に対する支援がない)が不十分であり、現在の職員の昼食環境を思い浮かべた時に、毎日同じ種類のコンビニ弁当やカップラーメンを食べている職員が多く、食生活の偏りによる健康不安が心配になりました。私達は患者さんを治療し、いつまでも元気な生活を送ってもらう事が使命なのに、その私達が不健康では元も子もありません。オフィスおかんの総菜は、添加物が控えめの安心・安全でバランスが整ったメニューが多く、職員の健康面に対してサポートができると思いました。

職員の健康面へのサポートができ、それだけでも大満足でしたが、職員同士のコミュニケーションが増えたのは予測していなかった事です。休憩時間に「今日は何を食べようか」とか「あの総菜おいしかったよね。」など総菜の話しで盛り上がったりと、職員同士が楽しそうに食事をする時間が増えました。
医院の福利厚生で、職員の昼食として利用しています。

東札幌緑の杜歯科クリニック(札幌市)

当方の昼休みは1時間しかないため、なかなか外でランチすることは難しいです。午前の診療時間が延びたりして、昼ご飯を買いに行くのも難しいときがあります。そんなとき、オフィスおかんがあれば温めるだけですぐに食べられるので、2カップラーメン中心の食事から、栄養のバランスの取れた食事が取れるようになりました。
スタッフの評判もよく。スタッフを募集するときに、社食制度ありと書くことが出来るので、他との差別化を図ることが出来るのは、健康経営の視点とはまた異なった効果でした。

さいごに

北海道で導入している方々の声を交えて「オフィスおかん」をご紹介しました。
組織で抱えてる課題は様々だと思います。まずはお気軽にお問い合わせして、その課題をどう解決できるのか、スタッフに相談してみてください。