導入企業1000拠点突破!導入事例から見るオフィスおかん

個人だけでなく事業主も嬉しい「関東ITソフトウェア保険組合」!加入条件など紹介

多くのサラリーマンが加入しているのが健康保険です。 民間企業の社員を被保険者とする健康保険は、企業に入社した時点で健康保険被保険者証が交付されます。それによって毎月の給料から保険料が徴収される仕組みになっているので、あまり意識されることはありません。

しかし、健康保険は加入する組合によって保険料からサポートまで様々なものがあります。中でも「関東ITソフトウェア健康保険組合(ITS)」はIT企業の間でとても人気があります。本記事では、関東ITソフトウェア健康保険組合の加入条件やメリットを紹介していきます。

関東ITソフトウェア健康保険組合(ITS)とは?

企業によっては、単独で健康保険組合を運営できない場合もあります。このような健康保険の仕組みの中で、関東ITソフトウェア健康保険組(ITS)は、コンピューターソフトウェア関連企業が加盟する社団法人コンピュータソフトウェア協会がベースとなり設立されました。おもに健康保険業務を全般的に行っており、設立以来、コンピューターのソフトウェア産業が右肩上がりの成長を遂げている中で、今では国内有数の規模を誇る総合型の健康保険組合として機能しています。

健康保険組合とは、国が行うべき保健事業を代わりに民間で行うの組合です。700人以上の従業員を有する企業や同業種の事業者が集まる3,000人以上の拠点では、厚生労働大臣の認可を受けられれば、健康保険組を設立することができます。特に複数の事業者が集まる団体が行う保険を総合健保と呼んでおり、ITSも総合健保として設立された経緯があります。

他の健康保険との違い

ITSは前述の通り、複数の事業者が集まる団体が保険を扱う総合健保ですが、他の健康保険は1つの事業所が保険業務を行う単一健保となっています。また、健康保険組合を作れない零細企業が加入する全国健康保険協会とも異なり、保険料等の相違点もあります。

加入条件と方法

どんな企業でも、ITSに加入できるわけではありません。元々、コンピューターソフトウェア関係の団体が母体になっていることから、加入できる条件は以下のとおりです。

  • パッケージソフトウェアや関連製品の利用技術・研究開発及び販売
  • コンピューターと周辺機器の販売や保守サービス
  • コンピュータ利用による情報の提供業
  • 社会保険加入期間1年以上
  • 東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、茨城県、栃木県、群馬県、新潟県、 長野県、山梨県の協会けんぽ加入
  • 被保険者数20名以上

加入条件からもわかるように、コンピューターのソフトウェア関連の事業を手掛ける会社に限定されます。また、加入の手続きついては加入基準を満たしているか確認した上で、 サイトの加入申出書ページで必要事項をインプットして申出書作成を作成します。申出書を印刷して代表者印を押印の上、添付書類を添付、郵送または窓口にて提出することで完了です。

結果は後日組合からの連絡となります。届け出には色々な物がありますが、特に被保険者の退職・死亡や被保険者資格の取得年月日・種別・報酬月額の訂正、資格喪失年月日の訂正、取り消し等は、規定の期日内までに速やかに届け出を提出しなければなりません。

同健康保険組合に加入するメリット

過去、景気の並みに左右されて事業運営に変動されることもありましたが、業界の確実な成長のおかげで、加盟する事業所と被保険者数は、順調に増加しています。また、IT業界で知名度の高い企業もが数多く加入していることから、組合のスケールメリットを最大に活かすことができます。

保険料が安い
具体的には、事業経営者、被保険者共に、一般保険や介護保険料が全国健康保険協会(協会けんぽ)より少ない負担で済むことです。協会けんぽと当健康保険組合の保険料率を比較すると、協会けんぽでは、月々の一般保険料率の負担が事業主、被保険者共に5%。同健康保険組合の一般保険料率は、4.25%となっています。

協会けんぽとITSの保険料を比較したのが以下の表になります。1番右の差額を確認すると被保険者(個人)は年間で39,900円安くなっており、事業主と被保険者の合計では年間1,596,000円も安くなることがわかります。


関東ITソフトウェア健康保険組合 HPより

給付金の給付
健康保険では、病気、怪我、出産、死亡の時には、一定の給付が支払われます。給付内容には、法律が定めている法定給付と各健康保険組合独自の付加給付がありますが、協会けんぽには付加給付がありません。

給付額の一覧は以下のとおりです。

業務外で病気や怪我をしたとき 給付額 = 自己負担額 – 20,000円
出産したとき 給付額 = 1児につき90,000円
扶養家族が死亡したとき 給付額 = 150,000円

詳細については関東ITソフトウェア健康組合 給付額一覧から確認できます。

さまざまな保険施設を利用できる
ITSは健康増進事業の一環として、被保険者やその家族の人達を対象に直営の健診センターを中心に健康診断を実施しています。新宿区と港区に2つの直営健診センターのほか、全国各地の契約健診機関で検診を受けることができます。

また、保養施設も関東では、トスラブ箱根和奏林、トスラブ箱根ビオーレ、トスラブ館山ルアーナ、トスラブ湯沢の4つの直営保養施設が格安で利用できます。また、JTBが提携するホテルから公共施設、ITS旅行センター契約保養施設を1泊5,000円での利用が可能です。

IT企業なら目指したいITS

さまざまな形態のある健康保険ですが、ITSは保険料をはじめ厚いサポートを受けることができます。従業員の満足度が高まるだけではなく、事業主の負担を軽減することもできるため非常に魅力的な健康保険組合です。

総務・労務・管理部 担当者必見!!

初期費用なしで始められる社食サービスで従業員満足度を向上させよう

  • 健康経営に力を入れたい
  • 生産性向上に取り組みたい
  • オフィスの食環境を整えたい
  • サービス詳細はこちら