オフィスおかん導入企業1200社突破!自動販売機プランもスタート

業務自動化で生産性UP!次世代RPAサービスがリリース開始へ

人材ソリューションサービス業を行っている株式会社エーアイエルが、デジタルトランスフォーメーション(DX)事業の一環として、RPA(Robotic Process Automation)サービス「マクロマン」を2018年5月9日(水)にリリースしたことを発表しました。

マクロマンURL: http://www.ailltd.co.jp/macroman

RPAサービス「マクロマン」開発の背景

経済産業省によると、今後2030年までに労働人口が735万人減少し、その内の145万人がバックオフィス人口と言われています。

この問題を解消する鍵となるのはAI・ロボットといった第4次産業革命技術の社会実装であると言われています。

エーアイエル社はこのバックオフィスにおける労働人口減少解消の中核技術がRPA(Robotic Process Automation)だと考えており、これを実現できれば労働人口が500万人増えるとの試算をしています。

オフィスワークの業務効率化や自動化を促進していくことで、人々がよりクリエイティブで付加価値の高い仕事に取り組み、生産性を高めて新しい働き方を創出することは、これからの日本にとって不可欠だと考えられています。

RPAは2017年頃から大手金融企業に取り入れられたことで日本でも急速に導入が進み、今後は普及も加速する見込み(CAGR年平均成長率:64.8%)となっています。

ただし課題もあり、導入したけれど活用しきれていないという企業の実態があります。

そこで、エーアイエル社はこのRPAを開発し、同社のEXCEL女子( http://www.ailltd.co.jp/it/exceljoshi )がサポートをするというモデルを創造したということです。

エーアイエル社は、人材ソリューションサービスを提供している同社だからこそ、柔軟かつ低価格で、きめ細かいサービスが提供できるとしています(オフィスワークにおけるRPA導入の効果は導入前の生産性の7.75倍:エーアイエル社実例)。

さらに、より広く多くの企業に気軽に使ってもらうために、RPA製品は完全無料にされました。

これにより、RPAの市場浸透がより加速され、生産性革命ならびに働き方改革につながることを目指していくということです。

マクロマンについて

マクロマンイメージ

マクロマン プロフィール

人とロボットが共生し、つながり合うイメージを人型+ロボットコスチュームで表現したキャラクター『MACROMAN(マクロマン)』となっています。

未来・サイバーをイメージさせるロボットコスチュームはRPAサービスの先進性・将来性を感じさせつつ、かっちりとしたプレートアーマーが信頼性を醸成しています。

人型のキャラクターは、丸みを帯びたフォルムと子どものような無垢な表情により誰からも愛されるような人懐っこさを表現しているということです。

前頭部のラインは「MACROMAN」頭文字の「M」を象っています。

名前   :マクロマン
身長   :30cm
体重   :ノートPC一台分
好きなこと:頭を撫でられること

※株式会社エーアイエルで開発された、量産型業務自動化ロボット
EXCEL女子のサポート役として、派遣先の企業の元で仕事をこなしていきます。
仕事熱心で人懐っこく、丸い頭を撫でられることが大好きです。
慌てん坊な所もあり、トラブルがあるとあたふたしながらEXCEL女子に頼ってしまうということです。
搭載されている人工知能は、派遣先の企業の影響を受け、日々成長をしていきます。
「いち早くみなさんのお役に立てるよう、一緒にお仕事を頑張ります。」

マクロマン

企業ごとのオリジナルのコスチューム

コスチュームは取り外しができる設定となっています。

利用される企業ごとにオリジナルのコスチュームに変更できる仕様となっています。

マクロマンオリジナルコスチューム

マクロマンオリジナルコスチューム

<PRPサービス概要>

1.データ入力 2.データ集計と分析 3.データ照合 4.メール受信・送信 5.情報検索・各種通達メール送付

PRPサービスにできること

<マクロマンの特徴>

・完全無料のRPA
・充実のサポート体制
・安心のセキュリティ

マクロマンの特徴

RPAとは

RPAはRobotic Process Automationの略称です。

RPAは、ホワイトカラーの業務自動化と言われており、パソコン上で行うキーボード入力やコピー&ペーストなどの単純作業を、自動で行ってくれるソフトウェア上のロボットを指します。

Excelの自動化はマクロですが、PC作業自体のマクロ化とも言われており、ExcelやAccessなどのOffice製品、Windowsアプリケーション、WebアプリケーションとPC作業における広い範囲において業務を自動化することが可能となります。

RPAには、ロボティックという言葉が入っていますが、実態はロボットではなくソフトウェアです。

エーアイエル社では、このRPAを単なるソフトウェア導入というサービスではなく、デジタル技術が生み出した働き手、すなわち「デジタルレイバー(仮想知的労働者)」のロボット派遣サービスと定義しているということです。

サービス内容

名称: 完全無料の次世代RPA「マクロマン」
販売: 2018年5月9日 サービス提供開始
価格: 完全無料
内容: RPAの無償提供およびRPAのコンサルティング、サポートサービス

今後の展開

エーアイエル社では、今後、日本が労働人口減となっていく中、より生産性を高め、多様な働き方が選択できるような世の中にしていくべく「人とロボットが共生し、イキイキと働ける社会」を創っていくとしています。

また、AIやIoTとの連携がとれるような機能強化を行いながら、まずは3年で売上10億円を目指すということです。

MACROMANのロードマップ

リリース元

社員の健康を想う"食"の福利厚生

健康的で安心・安全な美味しいお惣菜をオフィスに常備できる 社食宅配型のサービスオフィスおかんを導入してみませんか?

全国対応
初期費用0円
自動販売機プランがスタート

資料ダウンロードはこちら