導入企業1000拠点突破!導入事例から見るオフィスおかん

VRで働き方改革? VR活用型コミュニケーションの普及に向けて社内実験を開始

企業向けにVRの企画・制作を行う株式会社エドガは、次世代の働き方創りを目的とし、VRを通じて出社や社内メンバーとの打ち合わせを認める実験的な試みを開始しました。

生産性の向上や仕事効率アップを目指したVRコミュニケーションを社内で本格化

この社内取り組みを通じて蓄積したノウハウを広く公開・共有していくことで社内外を巻き込んだVR活用型コミュニケーション普及にむけ、自らがビジネス事例の先駆けとなることを目指していくとのことです。

試みを開始した背景

VRに関する企画・コンサル業務を行う中で、2018年に入りVR空間で会議やプレゼン、さらには採用面接や集合研修ができないかといった相談が多数寄せられたそうです。

技術的には米国Facebook社をはじめ様々なVR関連企業がバーチャル空間内におけるコミュニケーションツールを発表していますが、ビジネス現場での活用を念頭に導入ソリューションを提供する企業はまだ存在していません。

そこで最も適したデバイスやアプリケーションは何かを社内導入実験してみることで、将来的に客観的な立場でお客様に提案ができると考え今回実施することになったとのことです。

想定されるVR活用型コミュニケーションのメリット

インターネット技術の発達によりリモートワークやテレビ電話を通じた会議参加は一般的になってきましたが、スマホやPCの限られたディスプレイで補完できる要素には限界が存在していました。

しかしVR空間内コミュニケーションでは「まさにそこにいる」「直接会っている」という感覚を創出でき、アバターを用いれば等身大で身振り手振りまで伝えていくことができます。

参加人数も一般の会議のように複数人で登場することができます。

VRはテレビ電話では物足りないが、直接会った時に「仕事がはかどる」「議論が進む」といった臨場感に起因する集中力を再現できると考えられています。

エドガの働き方について

同社は兼業・副業を認めており、労働時間を社員が自身の裁量で決めるフレキシブルな働き方を提供しています。

オフィスも東京都郊外にある江戸川区葛西エリアに位置し、通勤ラッシュに巻き込まれにくく、近くの公園や海岸でゆったりできる環境での職場づくりを行ってきました。

今回、VR導入によりさらに自由度を増した形での会社参加を促し、「VR空間の中で出社する」という今まで以上に場所や時間に左右されない次世代の働き方を定義していきたいと考えているそうです。

今回利用する技術

社員に配布したHTC ViveやOculus RiftといったハイエンドVR機器とインターネット通信を通じて、仮想空間の中で自身のアバターを出現させ、打合せやプレゼンを行う形をとります。

既に各社からVRコミュニケーションツールが発表されているため、当面は自社でソフトウェアを開発するのではなく、それらをビジネス現場でいかに活用するかを念頭において実験を試みるとのことです。

リリース元