オフィスおかんで「働く」を支える食事を

健康経営を加速させたいレオパレス21が「ヘルスケア推進室」を新設へ

経済産業省と日本健康会議が進める、特に優良な健康経営を実践している法人を顕彰する制度「健康経営優良法人~ホワイト500~」に2年連続で選定されている株式会社レオパレス21が、健康経営をさらに加速させるべく、2018年5月1日(火)付で社長直轄組織『ヘルスケア推進室』を新設しました。

「健康経営優良法人~ホワイト500~」に選ばれる企業が更なる健康経営の実現に向けてどのような取り組みをしているのか、確認してみましょう。

高い健康意識を持って、健康でイキイキと働ける職場環境づくり

新設の経緯

レオパルス社は、会社の成長を担う従業員の心と体の健康が“イノベーション”を産み出す原動力になると考え、2016年に「レオパレス21グループ健康経営宣言」を制定し、積極的な健康経営を進めています。

今回、健康管理専門の部署を社長直轄組織として新設することで、今まで以上に“健康”と“経営”の結びつきを深め、従業員の健康意識を高めることで、エンゲージメントの向上を図っていきたいとの考えから設立されたということです。

ヘルスケア推進室の4つの取り組み

ヘルスケア推進室では、保健師や臨床心理士等の専門家が常駐して従業員の健康支援を行い、今年度の主な取り組みとしては、下記4つの取り組みが予定されています。

過去の実績と今後の目標

レオパレス21のこれまでの実績と、2019年3月期に向けた目標はいかのとおりです。

リリース元

総務・労務・管理部 担当者必見!!

初期費用なしで始められる社食サービスで従業員満足度を向上させよう

  • 健康経営に力を入れたい
  • 生産性向上に取り組みたい
  • オフィスの食環境を整えたい
  • サービス詳細はこちら