導入企業1000拠点突破!導入事例から見るオフィスおかん

社内の面談実施状況を見える化して人材定着をサポート!

Sharin株式会社が、2018年5月14日(月)より、コミュニケーション型人事クラウド『Sharin(シャリン)』で新機能がリリースされました。

1on1ミーティングなど社内で行われる様々な面談記録の蓄積・共有を行う「面談ツール」について、面談の実施状況を見える化することで面談実施の浸透をサポートします。

面談の実施状況を見える化して面談実施を浸透させる

「面談レポート」をリリースする背景

Sharin社は、チーム活性化・人事業務効率化をコンセプトにしたコミュニケーション型人事クラウドサービスを提供してきました。組織の活性化を促すために、感謝の気持ちを贈り合う「バッジツール」や、社内投票やアンケートなど社員の意見を収集し活用する「投票アンケートツール」など5つのツールがリリースされています。

既にリリースしている「面談ツール」にて、面談内容の蓄積・共有を促し、継続的な社員の育成マネジメントがサポートされてきましたが、利用者からの声を聞く中で、

  •  面談実施の有無や、面談スケジュールの把握に手間がかかっている
  •  面談を1度実施したが継続的に実施することができない

といった、面談実施の「定着化」や「日程調整」に対して課題を抱いている企業が多くありました。そこで従来の機能に加え、定期的な社内面談の開催状況の把握や、未実施の面談の開催を促すことで、定期面談の定着化を支援する機能をリリースするに至ったということです。

新機能の特徴

1.実施レポート機能

面談の実施状況を自動的に集計し、実施回数の推移や、多く実施している対象者のランキング表示などを用いて、視覚的に実施状況を把握することができます。また、未実施の対象者を自動的に抽出。未実施者へボタン1つで任意のメッセージを送ることが可能です。

2.未実施アラート通知

面談の種類、開催頻度、対象者などを事前に設定しておくことで、面談未実施の対象者や経営層、人事担当者等に自動でアラートを通知することができます。

3.面談の開催状況がカレンダー表示でぱっとわかる

社内で行われている面談予定をカレンダー形式で確認することが可能です。既に行われた結果も、これから行う予定もぱっとわかり、スケジュール調整や開催状況把握が効率的に行なえます。

利用料金

1ユーザー月額300円から。
既に面談ツールを利用しているユーザーはそのまま新機能を利用することができます。

※Sharinとは、チーム活性化・人事業務効率化をコンセプトにしたコミュニケーション型人事クラウドサービスです。

リリース元

【採用・従業員定着にも効果あり】人事担当者必見!

初期費用なしで始められる社食サービスを人事戦略に

  • 従業員エンゲージメントを高めたい
  • 優秀な人材を集め、採用をスムーズに進めたい
  • 組織開発を加速させたい
  • サービス詳細はこちら