オフィスおかんで「働く」を支える食事を

就活生の8割が採用動画で志望度上昇!就活生アンケート調査

動画マーケティングのコンサルティングを行っている株式会社プルークスは、2018年・2019年卒業の就職活動を行なっている(または終了した)学生332名に対し、2018年3月9日(金)~2018年4月6日(金)の1ヶ月間、新卒採用動画に関するアンケート調査を実施し、その結果を発表しました。

本調査実施の背景

売り手市場の続く新卒採用マーケットでは、2018年3月卒業学生の求人倍率が1.78倍に達し、リーマンショック後の大卒求人倍率において最も高い数値を記録(※1)し、2019年3月卒の大卒求人倍率においてもほぼ同水準での倍率が見込まれています。

このような市場環境において、各社の採用競争は激化の一途を辿っており、採用ツールに動画を活用することは一般的になってきました。ただ、動画の活用が進む一方で、動画が採用活動に与える効果や影響度についての可視化は進んでいませんでした。

そこでプルークス社は、就職活動生にとって採用動画がどのような影響や効果があるのか、その実態を明らかにすべく本調査を行ったということです。

※1)第34回 ワークス大卒求人倍率調査(2018年卒)http://www.works-i.com/pdf/170426_kyuujin.pdf

調査結果の概要

  1. 就職活動生の2人に1人が採用動画の視聴経験が有り(会社説明会での視聴が最多)
  2. 動画を視聴することにより約8割の就職活動生の志望度が上昇
  3. 実際に働いている社員のインタビュー動画が最も印象に残ると回答
  4. 選考中に動画があった方がいいと感じる就職活動生が9割を超える
  5. 8割以上の就職活動生がスマートフォンで動画を視聴
  6. よく使うソーシャルメディアはLINEが最多となり、次いでTwitter・Instagram・Facebook

調査結果詳細

就職活動生の2人に1人が採用動画の視聴経験有~会社説明会での視聴が最多

アンケートに回答した就職活動生332名のうち、50%以上の168名が採用動画の視聴経験が「ある」と回答しており、視聴経験のある168名の就職活動生のうち、会社説明会での視聴が最も多い視聴経験となっていました。

その他、企業のSNSアカウントやYouTubeで採用動画を視聴した就職活動生もおり、企業の動画活用の裾野が広がっていることがわかりました。(下記図参照)


動画を視聴することにより、約8割の就職活動生が志望度上昇

動画視聴が志望度に及ぼす影響度合いについての設問では、採用動画の視聴経験を持つ約8割の就職活動生が、動画を見ることで「志望度が上がった/大きく上がった」という好意的な回答をしています。

多くの学生にとって採用動画は企業理解度や志望度を上げる働きをしていると推察されました。(下記図参照)

次に、どのような内容が学生にとって有益なのかも調査されました。

「実際に働いている社員のインタビュー動画が最も印象に残る」~面接や企業研究の参考に

印象に残る動画コンテンツを問う設問では、説明会で会うことができない社員へのインタビュー動画や、オフィス内の様子などを紹介する会社紹介動画が就職活動生の印象に残りやすい傾向があることがわかりました。(下記図参照)

これは就職活動生が大事にしている職場環境や働く人に関する情報を動画が効果的に訴求しているためだと考えられました。一方、「説明会の待ち時間で場繋ぎ程度に流れていた、社員だけが盛り上がるような動画は志望度が下がる」と言った回答も見られ、動画の内容と活用方法が大切だと言えます。

【回答の理由 一部抜粋】

  • 就職活動をしている就職活動生への真摯さが伝わる。
  • 社員インタビューは説明会にいない社員の話も伺えることが魅力的だったから。
  • 企業研究のため何度も見たから。
  • 面接の参考にしたから。
  • 感動できる内容だったから。
  • 嘘をつけないコンテンツだから。
  • 就職活動ではオフィス内は見られないから。
  • その企業に入ったときをイメージできるから。
  • 社長の思いがストレートに伝わったから。

選考中に動画があった方がいいと感じる就職活動生が9割超

就職活動生に動画の必要性を問う設問では、働くイメージが湧きやすいなどの理由だけでなく、就職活動に割く時間を短縮するために動画を活用してほしいという回答が多く見られました。

また地方の就職活動生にとっては、Web上で配信される説明会動画は高い需要があることも伺えています。(下記図参照)

【回答の理由 一部抜粋】

  • 短時間でその会社の事業やサービスを知ることができるため。
  • 社長の思いや起業ストーリーを疑似体験できるツールだと思うから。
  • 地方だと会社説明会へのアクセスが難しいがweb上で情報を仕入れることができるから。
  • 自分がそこで働くイメージがつきやすいから。
  • 就活に割く時間を短縮したいので、ナビサイトも全て動画になってほしい。

8割以上の就職活動生がスマートフォンで動画を視聴

採用動画視聴以外で普段動画視聴に利用する端末を問う設問では、8割の就職活動生がスマートフォンを活用していると回答していました。一方でPC・タブレットで動画を視聴している就職活動生は少なく、タブレットは全体の0.3%にとどまっていました。

企業のSNSアカウントや採用ホームページ用の動画を制作する際は、スマートフォンで視聴することを前提に動画を制作する必要があることがわかります。(下記図参照)

よく使うソーシャルメディアはLINEが最多~次いでTwitter・Instagram・Facebookの順に

就職活動生が利用するソーシャルメディアを問う設問では、よく使うソーシャルメディアとしてLINEが最も多い回答数となっていました。一方でFacebookを「よく使う」と答えた就職活動生は全体の1割以下と、他のソーシャルメディアと比較すると少数派となっていました。

採用動画の広告配信や就職活動生とのコミュニケーションツールとして、どのソーシャルメディアを活用するか検討する必要があるようです。(下記図参照)

まとめ

本調査結果では、就職活動生の2人に1人が動画を視聴した経験があり、その大半の就職活動生が動画に対して、好意的な印象を抱いていることがわかる結果となりました。

就職活動生が好意的な印象を抱く動画の内容には社員へのインタビューや会社紹介動画があげられ、一方で社員同士の身内ネタとなるような動画は避けるべきという意見が寄せられていました。

また、説明会で動画を活用するだけでなく、ソーシャルメディアへの配信や地方の就職活動生へのアプローチにも動画を活用することは、就職活動生・企業の双方にとって時間やコストの負担を削減でき、就職活動生の需要が高いことがわかる結果となっていました。

調査概要

調査期間  : 2018年3月9日(金)~2018年4月6日(金)
調査方法  : インターネットアンケート
調査対象  : 就職活動が終わった または就職活動中である学生
有効回答数 : サンプル数332

リリース元

【採用・従業員定着にも効果あり】人事担当者必見!

初期費用なしで始められる社食サービスを人事戦略に

  • 従業員エンゲージメントを高めたい
  • 優秀な人材を集め、採用をスムーズに進めたい
  • 組織開発を加速させたい
  • サービス詳細はこちら