導入企業1000拠点突破!導入事例から見るオフィスおかん

ブロックチェーン技術を利用した副業の労務管理課題を検証

総合人材サービスを行うパーソルキャリア株式会社は、日本情報通信株式会社、テックビューロ株式会社とともに、ブロックチェーン技術を利用した副業支援アプリケーションの実証実験を実施したことを発表しました。

副業解禁する企業も増えてきている中で、どのように勤務時間などの労務管理をするのかは喫緊の課題と言えます。今話題のブロックチェーンを用いることで改ざん不可能、システムダウンの心配が無いなど多くの問題を解決できるといいます。どのような研究だったのか、内容と結果を確認してみましょう。

実証実験を実施した背景について

最近、仮想通貨やICOの基盤技術として「ブロックチェーン」が注目を集めています。ブロックチェーンには、「耐改ざん性」「ゼロダウンタイム※1」「スマートコントラクト※2」などの特徴があり、幅広いサービスへの流用が可能な技術です。

そこで、パーソルキャリア社は、システムインテグレーション事業を展開する日本情報通信社と、ブロックチェーン技術に基づいたサービス開発を行うテックビューロ社とともに、実証実験を行ったということです。

    ※1 ゼロダウンタイムとは:冗長化によって、システムを構成するサーバーなどが障害で停止しないこと

    ※2 スマートコントラクトとは:契約を自動化する仕組みのこと。あらゆる契約行動をプログラム化し、条件がそろえば自動的に実行する。

実験概要と結果について

今回の実証実験では、近年注目されている“副業”を支援するためのアプリケーションが開発されました。企業が副業を制度化する上で、社員の労務管理は大きな課題となっています。また、副業を行う個人にとっては、勤務時間の自己管理が大きな負担となっています。

そこで、ブロックチェーンの技術を用いて、勤怠データを管理するアプリケーションが開発され、以下の課題の検証が行われました。

課題と検証結果

今後の展望について

パーソルキャリア社では、今後も引き続きブロックチェーン技術の研究を行っていくとしています。

同社のグループビジョンである「人と組織の成長創造インフラへ」を目指し、既存の枠にとらわれず、新たな技術や取り組みを積極的に採用し、社会や組織における課題の解決に取り組むということです。

リリース元

【採用・従業員定着にも効果あり】人事担当者必見!

初期費用なしで始められる社食サービスを人事戦略に

  • 従業員エンゲージメントを高めたい
  • 優秀な人材を集め、採用をスムーズに進めたい
  • 組織開発を加速させたい
  • サービス詳細はこちら