オフィスおかん導入企業1200社突破!自動販売機プランもスタート

AIが社風と応募者の適性を判定!早期離職の予防策

株式会社ミライセルフは、企業の社風と応募者の価値観からマッチングを判定するWEBサービス「mitsucari(ミツカリ)適性検査」の導入企業社数が1,000社を突破したことを発表しました。

早期離職の原因が採用前に見えるクラウド適性検査

2016年2月にサービスが開始したmitsucari適性検査。

2017年7月には経済産業省等主催「HR-Solution Contest ―働き方改革×テクノロジー―」のファイナリスト、12月には「富士通アクセラレータプログラム 第5期 ピッチコンテンスト」優秀賞を受賞し、2017年第4四半期(10月-12月)には毎月100社を超える登録がありました。

従業員数10,000人を超える東証一部上場企業から、従業員数5人のベンチャー企業まで、多くの企業に導入されています。

企業の社風と応募者のミスマッチをなくすサービス

ミライセルフが開発・提供する「mitsucari適性検査」は、人工知能(AI)と企業文化論・社会心理学を基幹技術として、適性検査で人柄や価値観、社風を分析し、人工知能で企業と応募者の適性(ミスマッチの可能性)を判定する採用支援サービスです。

応募者の人柄や価値観のみで適性を判定する一般的な適性検査とは異なり、組織と社員・応募者とのマッチングを考慮した適性を人工知能が判定します。

企業だけでなく部署や職種ごとの判定も行うため、配属先に対するミスマッチも見抜けます。

社風や人間関係のミスマッチを理由とした早期退職の防止だけでなく、社風の可視化による採用すべき人物像の明確化などにも活用できます。

サービスURL:https://mitsucari.com/enterprise

従来の適性検査との優位点

mitsucari適性検査は従来の適性検査に人工知能を使ったマッチング分析がセットになり、【上手い】【早い】【安い】を目指したサービスです。

上手い適性検査
従来の適性検査では「個人がどういう人か」を判断し、企業に合うかどうかは社員の判断に委ねられていました。

mitsucari適性検査では「企業に合うか」を客観的な数値で可視化し、主観に依存しない評価が可能になりました。
「ある組織には合うが、他の組織には合わない人がいる」との直感的な判断を、客観的に可視化していることがmitsucari適性検査の最大の特徴です。

応募者を類似している社員に例えることで、面接前の人物像理解を短時間で可能にします。
また、社風との重大なミスマッチが起きそうな価値観に対し、面接での質問例と回答への対応を記載することで、若手面接官と熟練面接官で異なってしまう質問内容や評価のばらつきが抑えられます。

早い適性検査
5択式の質問が72問、受検時間は10分程度です。個別の受検案内だけでなく、複数人への受検案内も簡単にできます。
受検者もメールアドレスや受検用URLから、どんなデバイスでも受検でき、負担がとにかく少なくなるように設計されています。

導入も会員登録を行うのみで、会員登録後は即座に全ての機能が利用可能です。

安い適性検査
適性検査の中では最安値水準となる、受検費用800円/1人(2018年1月現在)のみです。
応募者の受検時のみに発生し、社員の受検や分析機能の利用、導入費や固定費などは基本無料になっています。

mitsucari適性検査が誕生した背景

代表取締役社長の表氏が前職のモルガン・スタンレーMUFG証券株式会社で面接官をしていたときに、面接では非常に合うと思ったのに入社すると会社に全く合わずに苦しんで早期退職してしまう、などの不幸なシーンに出会った原体験から始まっています。

米国でよく使われるMBTIテストの結果や留学していた組織心理学の大学教授との出会いをきっかけに、顧客の悩みを繰り返しインタビューしていくなかで「社風に合わない人や会社を見抜きたい」ニーズが非常に大きいと分かり、現在のmitsucari適性検査となりました。

導入ニーズと導入企業における事例

導入に至るニーズとしては「定着率をあげたい」「面接の採用・評価基準を統一したい」「採用を効率化したい」「社内の配置配属を最適化したい」などがあります。

従来の適性検査は値段が高いわりに課題を解決できていない、受検結果を見ても実務にまで落とし込めない、といった不満から検討されることもあります。

株式会社きゅうべえ【小売・店舗サービス】

重要な質問を事前に検討することで、限られた面接時間の中でも、ミスマッチが劇的に減少。

配属においても、ミスマッチの少ない店舗や店長の元にすることで、定着率が20%近く上昇しました。

事例URL:https://mitsucari.com/enterprise/case_studies/6

株式会社ファームノートホールディングス【インターネット】

社風を可視化することにより、自社の求める人物像を明確化でき、採用基準を統一化。面接官ごとの基準のばらつきがなくなっただけでなく、面接は重要な価値観の見極めに注力することで、面接時間を2/3に削減しています。

事例URL:https://mitsucari.com/enterprise/case_studies/1

株式会社エイチーム【インターネット】

社風とのマッチ度が可視化されたことにより、選考の時間が1/30に減少。

適性検査の費用についても1/3に削減され、最終面接前に行っていた受検をエントリー時へ変更し、利用範囲を拡張しています。

事例URL:https://mitsucari.com/enterprise/case_studies/7

株式会社オープンロジ【インフラ・輸送・物流】

応募者と会社や部署、社員とのマッチ度を考慮することで、入社後の配属や担当業務にズレがなくなる。

既存社員との組み合わせから、どうすればパフォーマンスが上がるのかを客観的に判断されています。

事例URL:https://mitsucari.com/enterprise/case_studies/9

導入企業が増えるたびに製品品質が向上

1,000社突破によって、【マッチング精度の向上】と【成功ノウハウの蓄積】の製品品質向上効果があります。

マッチング精度の向上

mitsucari適性検査は、人工知能によるマッチング精度を向上させるために、全ての受検データを用いて機械学習をします。

より多くの片が受検することで、更なる精度向上が見込めます。

成功ノウハウの蓄積

mitsucari適性検査は、採用活動を行っている企業であれば、どんな企業でも利用することができます。

様々な業種・業態の方を支援することで、不慣れな方でもより使いやすくなる機能改善やmitsucari適性検査利用のアドバイスが可能になります。

今後の展望

ミライセルフ社によれば、採用のミスマッチによる早期離職や社内不和が実際に発生している、可能性を危惧している企業の方に利用してほしいということです。

同社ではマッチング精度の向上と成功ノウハウの蓄積により、「mitsucari適性検査でマッチした会社で働ければ仕事で不幸に感じることはないよね」と実感してもらえると考えており、そのためにも人事の領域で様々な挑戦を行い、ミッションである「社会全体の適材適所」を実現しようとしているとのことです。

料金体系

・初期費用/基本料金:無料
(社員の受検費用、分析画面の閲覧は無料)

・受検料金:応募者1人あたり800円(税別)
(応募者の受検完了時に費用発生、無料トライアルとして応募者5名分の受検が可能)

リリース元

社員の健康を想う"食"の福利厚生

健康的で安心・安全な美味しいお惣菜をオフィスに常備できる 社食宅配型のサービスオフィスおかんを導入してみませんか?

全国対応
初期費用0円
自動販売機プランがスタート

資料ダウンロードはこちら