オフィスおかん導入企業1200社突破!自動販売機プランもスタート

API等の最新トレンドをキャッチしよう。「Tech Trends 2018 日本版」が発表!

デロイト トーマツ コンサルティング合同会社が、テクノロジー活用の最新の動きについてデロイト グローバルが毎年まとめている「Tech Trends」に、日本の動向と日本企業への影響を加えて解説した「Tech Trends 2018 日本版」を発表しました。

複数のテクノロジーを組み合わせて活用するステージに

今年のTech Trendsではテーマを「The symphonic enterprise」としています。

この言葉は企業における戦略、テクノロジー、オペレーションがこれまでの業務・ビジネス領域や境界線を越えて調和し、一体化していく、ということを意味しています。

昨年までのTech Trendsは個別のデジタルテクノロジーやクラウド、アナリティクスについて取り上げ最新事例が紹介されてきました。

こうした技術は今やどの産業でも受け入れられ、最近では、オートノミックプラットフォーム(自律的な企業基盤)、機械知能(MI:Machine Intelligence)やデジタルリアリティといったさらに新たなトレンドが勢いを増し続けています。

しかしながら先端テクノロジーのトレンドは、従来とは違った角度で見る必要が生まれています。

調和する環境では、企業や組織を分類していた垂直方向の業種、あるいは水平方向の業務やソリューションという従来の見方はもはや意味をなしません。

今年の日本版では、企業全体を俯瞰的に捉え、複数のテクノロジーを、いかに効果が出せるところで組合わせて適用するか、という点に焦点が当てられています。

グローバルの先行事例を挙げつつ、日本の課題に鑑みて、日本企業が取り組むべき点が8つのトピックスで示されています。

「Tech Trends 2018 日本版」レポート

http://www.deloitte.com/jp/techtrends2018

 8 つのテーマと要点

テクノロジーの再構築

多くの企業において、従来型のITデリバリモデルでは、凄まじい速度で進む技術革新と、それが引き起こす破壊的な変化にもはや対応することができません。

テクノロジー再構築のトレンドは、CIOとそのチームがトップダウンとボトムアップの両面からITを根本的に見直すためのロードマップを必要とします。

この二つのアプローチを追い求めることができれば、今日・そして明日の課題に対応することが可能です。

労働力の新しい概念:ノーカラーワークフォース

AI、コグニティブ技術、ロボティクスの進歩は、仕事、キャリア、職場におけるテクノロジーの役割、そして業務プロセスに関する古くからの常識を覆そうとしています。

ノーカラーワークフォース」という新しい労働形態の誕生で、人間と機械が互いの力を補完し高め合いながら共に働くという、全く新しい組織モデルを、空想ではなく現実のものとして企業が考えるべき時代に突入しています。

エンタープライズデータのあるべき統治とは

データが指数関数的に増加するとともに戦略的な役割も増している今日、「エンタープライズデータの統治」の概念は、データドリブンな組織へと進化したい企業に対し、変革の青写真を提供します。

このゴールを達成するには、データのインテグレーション、カタログ化、セキュリティ、トレーサビリティなどの対応に向けた長期的な投資が必要になるかもしれません。

しかしこうした取組みは、慎重に計画することで進化し続けるダイナミックなデータマネジメントの仕組みを構築させ、データから継続的なROIが得られる投資となるでしょう。

ニューコア:次世代の基幹システムに向けて

企業の役員会議では、そう簡単には、広範囲に亘る変革のアジェンダに対しての投資の承認は得られません。

特に、バックオフィス組織に関するアジェンダの場合にはさらに困難になります。

しかし、デジタルという変革の波は、待ったなしで企業全体に急速に押し寄せてきており、これを無視し続けることはそれ自体リスクとなってしまいます。

デジタルイノベーションに基づくニューコア、次世代の基幹システムというトレンドは、潜在的な価値の実現の可能性、ビジネスのコアを再定義すること、ひいては顧客にも影響する変革と成長のチャンスの基盤となり、企業の将来像を描くにあたり重要なコンセプトとなっています。

Digital Reality™の利用機会創出へ

Digital Realityの活用事例が加速的に生まれている状況に鑑みると、没入型技術が次世代の巨大プラットフォームとなることは、もはやSFの世界などとはいえないのではないでしょうか。

確かに、Digital Realityの完全な商用利用に向けた道のりには、超えるべき壁が残されていますが、いずれもDigital Realityの秘める破壊的な可能性を損なうものではありません。

Digital Realityは、我々がデータをやりとりする方法や、身の周りの世界を経験する方法をいつでも変革できる状態にあります。

ブロックチェーンの複合化

ブロックチェーンを取り巻く過度の期待が収束し始めたことに伴い、多くの企業が堅実な事例を開発し、ブロックチェーンの商業化の機会を模索するようになってきています。

実際に、アーリーアダプターの中には概念実証を本番導入させた企業もあります。

テクノロジーとスキルの標準化の欠如は短期的な課題となる可能性はありますが、企業がこれらの課題を乗り越え、単一のバリューチェーン内で複数のブロックチェーンを統合および連動させることにより、ブロックチェーンの普及が今後数年で着実に進むことが期待されています。

ビジネスに必要不可欠となったAPI

APIはビジネスにとって必要不可欠であるというトレンドを先進企業が示したため、各企業はIT資産を管理するよりも、IT資産を共有することでより多くの収益を上げることができると認識し始めています。

このトレンドを完全に受け入れるためには、開発、統合、ガバナンスに対する長期的なアプローチを再考する必要があります。

これまでの方法に固執することはもはや選択肢ではなく、個々に独立したシステムからAPIプラットフォームへのトランスフォーメーションはすでに進行中です。

飛躍的進化が期待されるテクノロジー

汎用人工知能や量子暗号化のような飛躍的なイノベーションがビジネスに与える影響の全貌は明らかになっていません。

しかし、やがて訪れる実用化に備えて、今から取り入れておく選択も存在します。

他の新興技術と同様に、飛躍的なイノベーションは早期採用によって競争優位の機会をもたらします。

CIO、CTOを始めとする経営層は、今日における技術の飛躍的進化による可能性を模索し始めることはできるし、模索し始めるべきなのです。

リリース元