導入企業1000拠点突破!導入事例から見るオフィスおかん

デジタル化により社員数が増える?労働白書「スキル革命2.0」発表

総合人材サービスのマンパワーグループ株式会社は、オートメーションがデジタル時代の労働力に与える影響を、短期にフォーカスして検証した労働白書「スキル革命 2.0」を発表しました。

オートメーションがデジタル時代の労働力に与える影響とは?

オートメーションが、今後2年間の社員数にどのような影響を与えるか

マンパワーグループが、日本を含む42カ国の雇用主20,000人に「オートメーションが今後2年間の社員数にどのような影響を与えるか」という質問をしたところ、多くの雇用主が、デジタル化で短期的には、雇用が増えると回答しています。

つまりデジタル化が進めば、企業が必要とする人材は減るどころか、増えるという結果になっています。

日本においては、雇用が「減る」と回答した雇用主は、わずか13%。「増える」と答えた雇用主が18%、「変わらない」が58%、「分からない」が11%となりました。

イメージ

ロボットが奪うのは定型業務であって仕事ではない:求められるのは、スキルの再整理

多くの雇用主は、デジタル化を受けて社員数が増えると予想していますが、その影響は部門によって異なります。

最も社員数が増えるのは、デジタルスキルに投資を行うIT部門です。営業・接客部門がこれに続きます。

対照的に、社員数が最も減少するのは総務・事務部門です。

コンシューマーリズム(消費者主権主義)が高まり、企業が顧客サービスとラストマイルデリバリー(最終配送拠点から消費者までの配達サービス)に重点を置く現在の傾向が、デジタルの世界でも次第に顕著になっています。

オートメーションの脅威に最もさらされているのは、定型業務や、顧客への付加価値が低い業務です。

イメージ

「適切なスキルミックスを習得できれば、人間はテクノロジーと対峙するのではなく、それを活用する存在になれます。」― マンパワーグループ会長兼CEO ヨナス・プライジング

デジタル化やオートメーション(自動化)は様々なスピードで進行し、時期や形を変えながら、色々な地域、業界、企業に影響を与えています。

昔は変革が起きるのに数十年、時には数世紀の時間が必要でしたが現在は、かつてないペースで変革が起きています。

しかしながら、その影響はまだ定かではありません。

人間ならではの選択や創意工夫が、日常生活やビジネスにどうテクノロジーを活用していくのかを決める鍵になるでしょう。

未来のシナリオがどんなものであれ、この急激に変化する働く世界において、雇用を継続的に維持・確保するためには、スピーディかつ広範囲にわたって、人材のスキル向上を支援することが必要です。

適切なスキルミックスを習得できれば、人間はテクノロジーと対峙するのではなく、それを活用する存在になれます。

雇用主として社員のスキル向上を支援し、未来への対応力を育成することが、現代特有の課題になるでしょう。

必要なスキルを明らかにし、就業機会につなげることこそが、スキル革命を生き抜く鍵となるのです。

調査概要

調査時期:2017年10月
調査対象:42カ国の6業種19,718人の雇用主

【調査対象国】

アルゼンチン、オーストラリア、オーストリア、ベルギー、ブラジル、ブルガリア、カナダ、中国、コロンビア、コスタリカ、チェコ、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、グアテマラ、香港、ハンガリー、アイルランド、イスラエル、イタリア、日本、メキシコ、オランダ、ニュージーランド、ノルウェー、パナマ、ペルー、ポーランド、ポルトガル、ルーマニア、シンガポール、スロバキア、スロベニア、南アフリカ、スペイン、スウェーデン、スイス、台湾、トルコ、イギリス、アメリカ

◇労働白書「スキル革命 2.0」の詳細
https://www.manpowergroup.jp/company/r_center/w_paper/#SkillsRevolution2.0

◇労働市場の現状と将来を見通し、次に何が起こるかを予測する「マンパワーグループ リサーチセンター」
https://www.manpowergroup.jp/company/r_center/

リリース元

総務・労務・管理部 担当者必見!!

初期費用なしで始められる社食サービスで従業員満足度を向上させよう

  • 健康経営に力を入れたい
  • 生産性向上に取り組みたい
  • オフィスの食環境を整えたい
  • サービス詳細はこちら