オフィスおかん導入企業1200社突破!自動販売機プランもスタート

4月1日時点の新卒内定率は18.8%!2019年の就活生の実情を調査

グラフ

株式会社ディスコは、2019年3月卒業予定の大学3年生(理系は大学院修士課程1年生含む)を対象に、4月1日時点での就職意識および就職活動の準備状況に関する調査を行い、キャリタス就活2019 学生モニター調査結果(2018年4月発行)速報を発表しました。(調査期間:2018年4月1日~5日、回答数:1,140人)

詳細については4月中旬に確報版が発行される予定となっています。

1.4月1日時点の内定状況について

○内定率は18.8%。3月(8.0%)より10.8ポイント上昇しています。

○前年同期実績(14.6%)を4.2ポイント上回っています。

○内定取得者のうち、就職先を決定し活動を終了したのは17.3%となっています。
4月1日時点の内定状況

内定率の推移

4月1日の調査時点で内定を得ている学生は全体の18.8%でした。

また、先月(3月1日)の8.0%から1カ月間で10.8ポイント増加しています。

前年同期(14.6%)より4.2ポイント上回り、前年よりも企業の内定を出すペースが早く、採用活動の前倒しが進んでいることが推測されます。

ただし、内定取得者のうち就職先を決めて就職活動を終了したのは2割弱(17.3%)となっており、内定者の8割超(80.8%)が就職活動を継続していると回答しています。

モニター学生全体を分母にとると、就職活動を終了した者の割合は3%程度とごくわずかとなっています。

2.エントリー状況について

○一人あたりのエントリー社数の平均は26.2社となっており、前年調査(31.7社)を5.5社下回っています。

○今後の予定社数の平均は5.6社となっており、前年調査(7.6社)より2社少ない社数となっています。

エントリー状況

一人あたりのエントリー社数の平均は26.2社という結果となり、前年同期調査(31.7社)を5.5社下回っていました。

そのため、前年との差は先月(3月)調査よりも開いています。

今後のエントリー予定社数も平均5.6社で、前年同期調査(7.6社)より2社少ない社数となっています。

エントリーの伸びは鈍く、序盤から企業を絞り込んでいる様子がうかがえる結果となっています。

調査概要

「キャリタス就活2019学生モニター調査(2018年4月)」

調査対象 : 2019年3月に卒業予定の大学3年生(理系は大学院修士課程1年生含む)
回答者数 : 1,140人(文系男子356人、文系女子342人、理系男子294人、理系女子148人)
調査方法 : インターネット調査法
調査期間 : 2018年4月1日~5日

サンプリング : キャリタス就活2019学生モニター(2016年卒以前は「日経就職ナビ・就職活動モニター」)

リリース元

社員の健康を想う"食"の福利厚生

健康的で安心・安全な美味しいお惣菜をオフィスに常備できる 社食宅配型のサービスオフィスおかんを導入してみませんか?

全国対応
初期費用0円
自動販売機プランがスタート

資料ダウンロードはこちら