オフィスおかん導入企業1200社突破!自動販売機プランもスタート

働きやすさをつくるには?「ストレスオフ組織」の事例を参考に議論 #おかんの井戸端会議

化粧品の企画、開発、販売を行う株式会社メディプラスは、ぷち社食サービス「オフィスおかん」を提供する株式会社おかんと共同主催で、企業の「働き方向上の取り組み」に携わる担当者を対象に「働きやすさの作りかた」を考えるイベントを2018年3月15日(木)に開催しました。

取り組みを浸透させるポイントは「継続できる仕組み作り」

本イベントは「働くヒトのライフスタイルを豊かにする」をミッションに活動する株式会社おかんが2017年より開催している「おかんの井戸端会議」の一環であり「おかんの井戸端会議」の開催は今回で30回目になります。

メディプラス社は「ストレスオフ組織」の考えのもとに取り組んでいる数々の施策が他企業のヒントになればと思い、本イベントの共同開催を決定しました。

ストレスオフは、ストレスのオン、オフの切り替えを自分自身で意識的にコントロールできていることであり、社内の組織作りにも“ストレスオフ”を実践しています。

イベント当日は、同社の取り組みに対して、参加企業の質問に答える形で事例の発表がされました。

同社には全社員が参加し業務時間を毎朝1時間使って約6年間継続して実施している「朝ゼミ」があり、会社の方針や様々な情報を共有をし、話し合える場を設けています。

参加企業からは「業務を優先したいという反発はなかったか」という質問がありました。

同社の社員からは

「最初はそのように思う気持ちもあった。しかし現在は“やらされている”という感情ではなく、経営に参加し一緒に作っていると感じられている。今では出張や休み等で欠席するとソワソワし、主体的に出席したいという気持ちが強い」

というコメントがありました。

同社には数多くの取り組みがありますが「朝ゼミ」をはじめ、継続させるための工夫があることも取り組みを組織に浸透できる理由であると言えます。

イメージ

イメージ

働き方や人材の多様化で「コミニュケーション」に悩み

5~6名に分かれてのグループワークでは「働きやすい組織について他社に聞いてみたいこと」をテーマに話し合いがされました。

他社に聞いてみたい内容には、制度作りや効率を上げる工夫などもありましたが、外国人社員との文化の違い、世代や働き方の違いなど社内の多様性から「どのようにコミュニケーションを取っているか」の質問も多く飛び交いました。

実務担当者だから共感できる悩みが多く、企業を越えて活発な議論が行われました。

食事だけでなく、あらたな「居場所」も生まれる

メディプラス社の「ストレスオフ」の取り組みの中には「グルーミング」という項目があります。

グルーミングは他者との交流やスキンシップがストレスを緩和するホルモン「オキシトシン」の分泌を活性化させると言われています。

同社には部署だけでなく、5~6人のメンバーで構成される「クラス」や「男子会・女子会」などの男女別やキャリア別など、複数の「居場所」があります。

落ち込むことがあっても、居場所が複数ある場合は、他の場所で違う視点の人と関わることで気持ちが変わったり、視点が変わることがあります。

同社では、2014年から株式会社おかんが提供する“ぷち社食サービス”「オフィスおかん」を「社員の健康への意識向上」を目的に導入しています。

「オフィスおかん」の導入をきっかけに「少しでも体に良いもの食べよう」と意識する社員や、購入した惣菜をシェアする文化も生まれています。

以前は1人で食事をしていた社員も他の社員と賑やかに食事をする姿も見るようになり、社員同士のコミニュケーションの場が増えました。

メディプラス社は、今回の株式会社おかんとの共同イベントをスタートに、企業に「ストレスオフ組織」の取り組みを伝え、ストレスのオン、オフの切り替えを自分自身で意識的にコントロールできる女性を増やすことを目指しているということです。

イメージ

イメージ

リリース元

【株式会社メディプラス】100年続く会社へ。社員から愛されるストレスオフ組織の秘訣に迫る

社員の健康を想う"食"の福利厚生

健康的で安心・安全な美味しいお惣菜をオフィスに常備できる 社食宅配型のサービスオフィスおかんを導入してみませんか?

全国対応
初期費用0円
自動販売機プランがスタート

資料ダウンロードはこちら