あなたの職場にオフィスおかんを!

インターンシップで自分に合った会社を探す今どきの学生事情

イメージ

ビジネス SNS「Wantedly」を運営するウォンテッドリーは、「Wantedly」のユーザーを対象にサービスの利用目的についてアンケートを行い、そのうち176名の学生から回答を得ました。今回、そのアンケート結果が公開されています。

アンケート結果について

ビジネス SNS「Wantedly」は、企業とビジネスパーソンをつなぐプラットフォームです。2012年2月にサービスを公式リリースし、現在は登録企業数25,000社、月間200万人を超えるユーザーが利用するサービスへと成長を続けています。最近では学生向けのインターンシップの募集が増加しており、2017年度では15,842件(前年比154%)の募集が掲載されました。

インターン募集掲載数

Wantedly登録時期と登録目的

2018年2月5日(月)~2月12日(月)にかけてユーザーアンケートが行われ、そのうち 176名の学生から回答が得られています。

学生回答者の約50%が大学1・2年生時に「Wantedly」に登録しており、登録の目的として「インターンシップ」が一番多く、次いで「就職活動」という結果でした。

登録時期

登録目的

インターンシップ経験と参加目的

また、学生回答者の約60%が1社で1ヶ月以上のインターンシップを経験しており、インターンシップの参加目的として「学生のうちに働く経験をしたかった」という回答が一番多く、次いで「将来について考えるきっかけとして参加した」という回答が多く得られています。

インターンシップ経験

インターンシップ参加目的

自由記述によるアンケート結果

自由記述でも、多くの学生が実体験から自分に合った仕事や会社、働き方を見つけようとする声が多く寄せられています。

・インターンで働くことで、自分の向き・不向きを就職活動前に確認することができた。

・アルバイトとインターンシップは全然違うと感じた。学生は働く前にインターンシップに挑戦するべきだと思った。

・目標に向かって顧客とともに伴走する仕事を経験したことで、人の人生に大きく影響を与えるような仕事に就きたいと感じた。

・仕事の目標の立て方を学び、自分がどのような会社で働きたいかを考えるきっかけになった。

・働くことの大変さ、アルバイトとの違いを感じた。責任がある分、プロジェクトが完了した時に達成感を味わうことができた。

・大学で学んでいることを活かすために、インターンでビッグデータの分析を行なった。実際の業務を経験したことで、社会に出た時のイメージがついた。

・職場の雰囲気や働いている人を事前に知ることで、その企業が自分に合っているかどうかを見極めることができた。

・新事業の立ち上げや、目標を達成した際に働くことのやりがいが感じられた。インターンに行ったおかげで、働くことへのイメージが明確になった。

調査概要
調査方法:インターネットによるアンケート
調査対象:「Wantedly」を利用しているユーザー
有効回答数:1,121名(うち学生176名)
調査期間:2018年2月5日(月)~2月12日(月)

リリース元