オフィスおかん導入企業1200社突破!自動販売機プランもスタート

広がる社内イベントの重要性とその効果!効果別具体例まとめ

昨今、社内イベントに力を入れている企業が増えてきているのはご存知でしょうか。景気低迷を背景に運動会などを始めとした社内イベントは2000年代に入って影を潜めていましたが、近年再び脚光を浴びています。

産労総合研究所が2014年に実施した「社内イベント・社員旅行等に関する調査」によれば、「業務関連行事」を実施している企業は96.7%、「余暇・レク行事」は 82.0%の企業が行なっており、そのうちの様々な企業が新たな行事をはじめたり見直しや再編などを行なっています。
なぜ、社内イベントを活用する気運が高まってきているのでしょうか。

高まる社内イベントの重要性

リアルコミュニケーションの減少
近年は、ICT(情報通信技術)の導入によって業務上における意思疎通の効率が上がった一方で、対面でのコミュニケーションが減少する傾向にあります。加えて、分業が進んだことで、接点のある人が部署内などに限られ、他部署の社員との関係が希薄となる傾向もあり、リアルコミュニケーションの減少が課題となっています。

モチベーションの低下
社員間のコミュニケーション不足は、職場に対する愛着や全社での一体感などを醸成する機会を持つことが出来ず、ロイヤルティの低下やモチベーションの低下にもつながります。社員間の関係が希薄になると、組織全体として相乗効果も生まれにくくなります。

業績との関係性
このようなコミュニケーションの減少やモチベーションの低下、組織力の弱体化を解決する一つの方法が、社内イベントです。実際に、業績の良い企業の経営者ほど、社内イベントを重視する傾向があるとされています。社員のモチベーションの高さと顧客満足度の高さは比例するという研究もこの傾向を裏付けていると言えるでしょう。

社内イベントの実施目的(効果)
コミュニケーションの促進やモチベーションの向上といった社内イベントの実施目的は相互に重なる部分もありますが、すべての社内イベントがすべての目的に対して万能なわけではありません。特定の目的や効果を上げるのに適した社内イベントを活用しましょう。次章では目的別社内イベントの具体例を紹介しますが、その前に社内イベントの目的にはどのようなものがあるのか紹介していきます。

コミュニケーションの促進
上記の「社内イベント・社員旅行等に関する調査」によれば、1,000人以上の企業の中では、社内イベントを実施する目的として最も多く挙げられたのが「コミュニケーション促進」でした。社内イベントを実施することで、「タテ」と「ヨコ」、そして普段関わることのない「ナナメ」の関係の他の社員とコミュニケーションを取る機会を持つことが出来ます。また、そのようなイベントを糸口に、イベント以外の日常においてもコミュニケーションが活発になるのではないでしょうか。
 
モチベーションの向上
コミュニケーションが促進されることで、職場への愛着が湧き、モチベーションが向上する場合も多くありますが、表彰式など、より直接的にモチベーション向上のために働きかける社内イベントもあります。適切な社内イベントの活用で、モチベーション向上の効果も見込まれます。

ビジョンや方針戦略の浸透 
社内イベントの目的として、299人以下の企業では「連帯感や一体感の醸成」が最も多く挙げられました。社内でビジョンが共有されることで、一体感が生まれ、組織としてより強い力を発揮することが出来ます。社内イベントを通じて、ビジョンや方針戦略の浸透を図ることも可能です。

目的別社内イベント

コミュニケーションの促進

花見
春といえばやっぱりお花見ですよね!綺麗な桜を眺めながら美味しいお酒とご飯が進みます。社員のご家族の方にも参加して頂くと、普段の業務だけでは見えない新たな一面も発見できるかもしれません。

ウォーキング・ハイキング
暖かくなってくると外で体を動かすのもいいでしょう。1~2km程度の距離に設定すれば、運動が苦手な方でも気軽に参加することができます。山菜採りや温泉などを楽しめるようなコースを考えたり、チームを編成してゲームの要素を設けてみたりと、様々な工夫を凝らしてみるのも面白いかもしれません。

キャンプ・BBQ
大自然の中で心身ともにのびのびと過ごすことで、リラックス効果も見込めます。料理の準備やテントの設営など、協力しながらの作業が必須となるので仲間との連帯感がアップします。水鉄砲や水風船・流しそうめんなど、学生時代に戻った気分で思いっきりはしゃいで遊んでみてはいかがでしょうか。

夏祭り
社内のフリースペースやホール、屋上などを有効活用して夏祭りを行う企業も増えてきています。屋台や模擬店の企画・実行に本気で取り組んでみるのも面白いでしょう。

運動会
支店も含めた全社員で行う大規模なものから、お仕事終わりにサクッとできるもの、チームビルディングに特化したものや福利厚生がメインの目的なものなど、その規模や形態は様々です。また、企業対抗の運動会などもあるので様々なタイミングで効果的に取り入れていくことができます。適度に体を動かすことで、ストレス解消にも繋がりますね。

ハロウィンパーティー
やはり、ハロウィンといえば仮装ですね!今流行りのキャラクターのコスプレをしたり、あまりメジャーではないけれど大好きなキャラになりきったり…。それぞれの個性が色濃く出るので、普段話したことが無いような人たちとも交流する良いきっかけになります。

クリスマスパーティー
「クリスマスを一緒に過ごす恋人がいなくて寂しい…」そんなあなたも大丈夫!オフィスでお祝いしちゃえばいいんです!ドレスコードを決めたり、ツリーなどを飾り付けて雰囲気を盛り上げましょう。盛り上がるコンテンツは様々あると思いますが、中でも一番の目玉となるのはプレゼント交換。日常の業務をちょっと楽しくするような便利グッズや文房具を贈り合えば、パーティーが終わったあとも会話が弾むきっかけになりますね。

初詣
記念すべき新年1発目。幸先のいいスタートを切るためにも、初詣へ行ってみてはいかがでしょうか。昨年度を無事に過ごせたことへの感謝、そして何より新年の商売繁盛や安全を祈願することで、きっと新たな気持ちで仕事を始められるでしょう。オフィス近くの神社に気軽に立ち寄るのもいいですが、商売繁盛で有名な神社まで足を伸ばしてみるのもオススメです。

飲み会
「飲みニケーション」という言葉がよく用いられるように、お酒が入ると少しくだけた雰囲気になり、普段は言えないようなことも話せたり、より親密に交流を深めることもできます。しかし金銭的な負担が大きい、パワハラやセクハラに発展しやすいといった問題もあるので参加しやすいように会社が補助を出したり、飲み会の目的意識を個々人がしっかりと意識するなど、何かしらの対策は必要でしょう。

ファミリーデー
社員の子供やパートナー、親御さんなどを職場に招待することで、企業や仕事内容に対する理解を深めてもらいつつ、従業員の家族同士の交流を図るきっかけにもなります。社員や家族にとってのメリットも大いにありますが、それだけではなく、企業にとってもプラスの影響が得られます。家族の理解を得ることによって社員の高いモチベーションを維持できたり、社員同士が互いの家族状況を知ることで急な休暇や早退時にも快く対応することが可能となり、相互リスク管理意識が醸成されます。また、企業イメージの向上にも一役買うでしょう。

ヨガ
日々の業務で凝り固まった体をほぐすには、ヨガが一押しです。運動不足解消だけでなく、デスクワークに伴う腰痛や肩こりなどの症状改善が見込めたり、ストレスを軽減させ精神疾患予防に繋がるなど、メリットがたくさんあります。コミュニケーション活性化はもちろん、集中力も高まるので業務効率も格段にアップしますよ。朝に行うと、体も心もスッキリした状態で仕事に取り掛かることができます。

誕生日会
小さい規模の会社なら丁寧に1人ずつ、大きい規模であれば1ヶ月や3ヶ月単位で社員の誕生日をお祝いするのもコミュニケーションを活性化する上で有効な手段と言えるでしょう。ほぼ毎月行われる可能性のあるイベントなので、あまり準備に手間がかかるようなものより、気軽にお祝いできるような会が良いですね。仲間の好みを日頃から把握しておき、さりげなく好きなお菓子や小物などをプレゼントすると社内の人間関係もより円滑になるかもしれません。

モチベーションの向上


表彰式
モチベーションの向上に直結するのが、表彰式です。社員の取り組みや成果を讃える場を設けることで、表彰を受けた社員は言うまでもなく、他の社員も努力が報われることを実感することで、次こそは自分が壇上に上がりたいと思うようになるなど、社員全体としてモチベーションが向上します。

納会
納会と言うと堅苦しく聞こえますが、納会はプロジェクトの終了後や期ごとに開催する打ち上げのことです。仕事の区切りがついたタイミングで会を設けることで、プロジェクトの振り返りやフィードバックをフランクに行えるなど、次のプロジェクトに向けたモチベーションと英気を養うことにつながります。

自社セミナー
自社セミナーは、マーケティングの一環として、業界の潮流やノウハウ、自社製品/サービスの紹介などを行う、自社主催のセミナーです。企画、集客、運営のプロセスを通じて、業界の動向や自社への理解が深まり、モチベーションの向上につながるでしょう。

ビジョンや方針戦略の浸透


社員総会
企業のビジョンを共有するためには、社員総会は有効な施策です。社員総会では、社員間の交流やゲームだけでなく、経営層からのプレゼンや、表彰、映像や様々な演出によって、企業のビジョンや方向性を示す機会が多くあります。結果として、社員総会に参加し、会社の方向性を正しく理解することで、自分の仕事の意義を再認識できたといった感想をもつ社員も多いでしょう。

周年イベント
周年イベントも社員総会と同様にビジョンや方針の浸透に役立ちます。年に数回開催することも可能である社員総会と比較して、「周年」ごとのみでしか開催することが出来ない周年イベントの方が特別感がありますね。特別で大きいイベントだからこそ、会社全体での一体感が醸成され、会社への愛着も増すこととなるでしょう。

合宿
合宿で数日間行動をともにすることで、社員間の理解が深まります。同じ釜の飯を食べ、同じ屋根の下で生活するというだけでなく、会社のビジョンはどのようなものであり、自分自身のキャリアを良いものにしていくうえでどのように仕事に向きあうべきか考え直す貴重な機会となります。社員間の相互作用、化学反応を上手く引き起こすためにも、実施するコンテンツを事前によく練っておく必要があります。
     

社内イベントの改善ポイント

双方向・参加型のイベントに
特に、モチベーション向上やビジョンの浸透を目的とした社内イベントで、逆にモチベーションを削ぐような結果にならないための注意が必要です。例えば、セミナーや全社総会において経営側からすれば、企業の理念を理解してもらうための熱の入ったスピーチが、社員にとっては一方的で退屈な時間となってしまう場合も少なくありません。
そこで、経営者が話す際には、出来る限り双方向で参加できるようにすると良いでしょう。社員の要望を取り入れたコンテンツやその場で手を挙げる簡単なアンケートを実施するなど、社員が楽しんで参加できるものであればイベントに対して社員の気持ちも高まり、両者にとって良い結果を生むことができます。

参加者の負担を少なく
社内イベントに参加する上で気になるのが、イベントの日時です。休日に社内イベントを行う場合、社員にとっては休みの日まで会社のために動かなければならないという点で負担に感じることがあります。
そこで、負担に対する何らかの配慮があると、社員にとってもイベント参加のモチベーションが高まるでしょう。休日にイベントを行うのであれば、労働とみなして賃金を払ったり、振替休日を設けるなどの対策を行うとよいかもしれません。

まとめ

このように、社内イベントを実施することで、コミュニケーションの促進やモチベーションの向上、ビジョンの浸透などによる組織力の強化の実現につながります。これまで社内イベントを開催していなかった会社は、ぜひこの機会に社員全体で楽しめるイベントを企画してみてはいかがでしょうか。

健康経営に取り組みたい
人材定着を向上させたい
コミュニケーション活性化
残業時間短縮
女性の働き方支援

働き方改革にインパクトを与える食の福利厚生サービス

サービス詳細はこちら 資料ダウンロード