導入企業1000拠点突破!導入事例から見るオフィスおかん

健康経営銘柄とは?2018年選定された26企業を紹介

2018年2月20日、経済産業省と東京証券取引所は従業員の健康管理を経営的な視点で考え、健康経営に戦略的に取り組んでいる企業を「健康経営銘柄2018」として選定・公表しました。そこで今回は健康経営銘柄とは何か、選定プロセス、「健康経営銘柄2018」に選定された企業を紹介します。

健康経営銘柄とは

「健康経営銘柄」とは、経済産業省が「国民の健康寿命の延伸」を目的に行っている取組の一つで、戦略的に健康経営に取り組んでいる企業を「健康経営銘柄」として選定・公表しています。公表することで健康経営に対する取り組みが株式市場で適切に評価されるという狙いです。

経済産業省によると以下のように説明されています。

「健康経営」とは、従業員等の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に実践することです。企業理念に基づき、従業員等への健康投資を行うことは、従業員の活力向上や生産性の向上等の組織の活性化をもたらし、結果的に業績向上や株価向上につながると期待されます。

本取組では、東京証券取引所の上場会社の中から「健康経営」に優れた企業を選定し、長期的な視点からの企業価値の向上を重視する投資家にとって魅力ある企業として紹介をすることを通じ、企業による「健康経営」の取組を促進することを目指しております。
(経済産業省HPより)

選定プロセス

健康経営銘柄は、以下のようなプロセスで選定されます。

1.「平成29年 健康経営度調査査(従業員の健康に関する取り組みやその成果についての調査)」の総合評価の順位が上位20%以内の企業を選定。
2. ROE(自己資本利益率)の直近3年間平均が0%以上である企業は一定の加点
3. 昨年度の調査回答企業に対しても一定の加点
4. 評価結果が業種内で最も高順位の企業を「健康経営銘柄2018」として選定。
※重大な法令違反等がある場合は除外
(2018健康経営銘柄 選定企業紹介レポートより)

「健康経営銘柄2018」選定企業一覧

社名 業種名
住友林業株式会社 建設業
株式会社ベネフィット・ワン サービス業
株式会社ワコールホールディングス 繊維製品
味の素株式会社 食料品
花王株式会社 化学
塩野義製薬株式会社 医薬品
テルモ株式会社 精密機器
コニカミノルタ株式会社 電気機器
バンドー化学株式会社 ゴム製品
TOTO株式会社 ガラス・土石製品
JFEホールディングス株式会社 鉄鋼
株式会社フジクラ 非鉄金属
リンナイ株式会社 金属製品
株式会社ダイフク 機械
株式会社デンソー 輸送用機器
凸版印刷株式会社 その他製品
キヤノンマーケティングジャパン株式会社 卸売業
株式会社丸井グループ 小売業
株式会社みずほフィナンシャルグループ 銀行業
リコーリース株式会社 その他金融業
株式会社大和証券グループ本社 証券・商品先物取引業
東京海上ホールディングス株式会社 保険業
フジ住宅株式会社 不動産業
東京急行電鉄株式会社 陸運業
ANAホールディングス株式会社 空運業
SCSK株式会社 情報・通信業

(経済産業省HPより)

総務・労務・管理部 担当者必見!!

初期費用なしで始められる社食サービスで従業員満足度を向上させよう

  • 健康経営に力を入れたい
  • 生産性向上に取り組みたい
  • オフィスの食環境を整えたい
  • サービス詳細はこちら