オフィスおかん導入企業1200社突破!自動販売機プランもスタート

健康は福利厚生ではなく投資対象。そしてDeNAがプレゼンティーイズムにこだわる理由

2017年12月7日(木)<働き方改革と健康経営の共通項! 注目ワード“プレゼンティーイズム”から考える労働損失と事例>が開催されました。株式会社ディー・エヌ・エー CHO室 室長代理 平井孝幸氏、株式会社ジンズ 管理本部総務人事グループ マネジャー 堀友和氏が登壇し、今注目の健康経営について議論を交わしました。当日は「sli.do(※)」を利用して参加者の質問を拾いながら進行。給湯室ではその様子を5回に分けてお送りします。
※リアルタイム、匿名で会場から質問を集められるサービス

第1回は、「健康経営の効果を測る指標について」というテーマで、健康経営の成果を測る指標として最近注目が集まっているプレゼンティーイズムの話題を中心に、健康経営専門の部署CHO室を立ち上げたことでも有名なDeNA平井氏と集中力を測るウェアラブルデバイスJINSMEMEで話題のJINS堀氏のトークセッションの様子をレポートします。健康経営の成果を測る指標として注目されるプレゼンティーイズムとは何か、DeNAではどのように測っているのかなど健康経営を進める上で大変参考になる内容になっています。

DeNAが行う健康経営については、「健康経営のサクセスストーリーを描く。社内が変わったプレゼンティーイズムという考え方」こちらをご覧ください。

【登壇者】

(スピーカー)
株式会社ディー・エヌ・エー(DeNA) CHO室室長代理
平井孝幸氏(健康経営アドバイザー)、

株式会社ジンズ 管理本部総務人事グループ マネジャー
堀友和氏(集中をコンセプトしたワーキングスペースThinkLab担当者)

(モデレーター)
株式会社おかん 沢木 恵太
代表取締役CEO

健康経営は指標で測る。プレゼンティーイズムとは何か

沢木恵太氏(以下沢木) 早速トークセッションを進めてきたいと思います。

本日は、参加者のみなさまから事前に頂いた質問をグルーピングして4つテーマで進行させていただきます。sli.doを見ながら質問を取り上げていきたいと思いますので、会場の皆さんもぜひ気になることは質問してください。よろしくお願いします。

ではまず、最初のテーマ「プレゼンティーイズム」について話していきたいと思います。会場からも「プレゼンティーイズムはどのように計測するのですか?」、「DeNAでは計測されているのですか?」という質問をいただいています。

平井さんいかがでしょう。

プレゼンティーズムの正体

平井孝幸氏(以下平井) プレゼンティーイズム自体は「会社に出社しているけれども、生産性が下がっている状態」のことを指しています。

プレゼンティーイズムの計測に関しては、関係する項目を全て網羅することは難しいため、DeNAではいくつかの個別的な項目でプレゼンティーイズムを計測しています。2017年に計測した結果、DeNAでは年間23.6億円の経済損失が生じていることがわかりました。

例えば、弊社では、腰痛に関して全社アンケートをとっています。そのアンケートで、腰痛によってどれだけ生産性が下がっているのか調査します。そしてアンケートにより明らかになった生産性の低下の数値に平均年収をかけてどれくらいの損失が生じているのかを推計しています。

沢木プレゼンティーイズムの低下でどの程度損失が生じているのか定量的に示すことで、健康経営を行う上でのKPIを設定できるということですね。

平井 そうです。ただ現状はアンケートによる主観評価を利用しているので、指標としてまだまだ改善の余地があると思っています。

沢木 ちなみに腰痛以外には、どのような項目があるのでしょうか。

平井 「食事」「運動」「睡眠」「メンタル」の大きなカテゴリから、それぞれの中で細かい項目に分けてアンケートをとっています。

その中で興味深かったのは、歯です。歯に関するアンケートでは、毎月2〜3回歯医者に行き、10万円以上のコストをかけている人は珍しくありませんでした。なぜこれほど歯に関してコストをかけているのかというと、皆さんデンタルリテラシーが低いからなんです。例えば、アメリカやスウェーデンでは、歯ブラシだけだと歯垢が残ってしまうので歯間ブラシやフロスを使うことが浸透しています。ただ日本だとそれが浸透していないので、歯周病になりやすく、時間的にも金銭的にも社員が損失を被っているという状況がわかってきました。

沢木 今の平井さんの話を聞くと、皆さんの会社でもプレゼンティーイズムを計測しようとした時、どのような項目をアンケートでとればいいのか疑問に感じる方が多いような気がします。DeNAさんの場合、社内で研究し、プレゼンティーイズムを測るための項目を考えているということですよね。

平井 そうですね。外部に目を向けても、プレゼンティーイズムを測るための納得出来る項目というものがありませんでした。だからこそ自分たちで作るしかないと思い、専門家に知見をいただきながら、オリジナルの項目を作ろうとしています。

沢木 アンケートは定期的にとっているのでしょうか?

平井 全社員を対象として半年に1回とっています。最近はCHO室の人員も増えたので、「食事」・「運動」・「睡眠」・「メンタル」ごとに担当者がいて、それぞれがアンケートをとっています。

社員からすると、最近健康に関するアンケートが多いという印象かもしれません。DeNAは、取組みごとの目的に応じた成果を求められる会社で、人件費を使う以上は相応の成果が求められます。成果を定量的に示すには、プレゼンティーイズムという指標が重要です。そのプレゼンティーイズムを測るためには、項目ごとのアンケートが重要だと考えています。

沢木 ちなみに、ここまでプレゼンティーイズムにこだわるのは、どうしてですか。

平井 一般的に健康は福利厚生だと思われがちで、そこに対して積極的に投資はできないと言われることがあります。ただ私は、社員の健康への投資は福利厚生でなく、企業が積極的に投資すべき対象だと考えています。この考えを理解してもらう為には、健康経営に投資する価値があると伝えなければいけない。そこで重要になってくるのが、プレゼンティーイズムなんです。

沢木 なるほど。では次に堀さんにお聞きしますが、JINSはワークスペース「Think Lab」のオープンが話題を集めていますが、“集中”に注目したきっかけは何でしょうか。

堀友和氏(以下堀) 集中に注目したきっかけを話すと、社内で集中できないという課題が明らかになり、世間的にも職場が集中できない環境になっているということから、集中にフォーカスした経緯です。当時、集中を測るためのツールがまだなかったことから事業としてやる意義もあると考えました。

ちなみに職場で最も集中を阻害する要素としてあげられるのは、実は上司と同僚です。なので私は上司に近づかないように仕事しています。そうすると集中する時間がしっかりとれるんですよ。(笑)

沢木 上司としては複雑ですね。(笑) JINSの社内では集中に関する調査を実施されているのでしょうか。

 はい、計測を行っています。最近は、緑を置く時と置かない時、音楽を流す時と流さない時で集中に差が出るか計測しています。効果があるとされている音楽を流したり、緑を置いたりすると、集中が上がることが証明されました。こういった取り組みを継続してデータを溜めていくことで、社会に発信できることを増やしたいと思っています。

沢木 そうなのですね。次はちょっと漠然とした質問なのですが、お二人はプレゼンティーイズムと集中に関連性があると思いますか?

平井 あると思います。なぜなら結局生産性の低下は、集中力の低下に影響されるものだからです。

沢木 堀さんはどうですか?

堀沢木 なるほど。プレゼンティーイズムも集中も心身の状態を数値で測るという意味では似たような考え方かもしれませんね。今後の健康経営は、組織の状態の数値化が必須になってくるでしょう。

Edit & Text:おかんの給湯室編集部

<働き方改革と健康経営の共通項! 注目ワード“プレゼンティーイズム”から考える労働損失と事例>レポート

#02 「会社を病院にはしない」社員のパフォーマンスに投資する真の健康経営とは