オフィスおかん導入企業1500社突破!自動販売機プラン受付中

デザインで成果は桁違い!?日本最大級のビジネス展示会で見つけたユニーク・ブース

8つの専門展を同時開催する日本最大の総務・人事・経理部・経営者のための総合展<総務・人事・経理ワールド>。防災・セキュリティ製品、省エネ製品から人事関連サービス、経理サービス、ワークスタイル変革ソリューション、福利厚生サービスまで、あらゆる製品・サービスが一堂に出展しています。

今年の東京会場では3日間で延べ4万5千人もの来場者を記録。最新ITを駆使したツールや、ユニークなアイディアが詰まったサービスなどバラエティに富み、多くの発見や学びを得られました。そして、展示されているサービスと同じように私たちを驚かせたのはそのブースの造りです!

大阪に場所を移して来週から行われる<関西 総務・人事・経理ワールド 2018>を前に、東京会場のブースを写真でプレイバックしてみましょう! 東京会場と比較しながら見てみるのもいいかもしれません。また来年、出展予定の企業の方もぜひ参考にしてみてください。

工夫満載の出展ブースを振り返る!

LINE WORKS


<ワークスタイル変革EXPO>エリアに出展したビジネスコミュニケーションツール『LINE WORKS』。スマホとPCが並べられ、来場者は自由に使用感を試すことができ、ブース内のオープンステージでは、導入事例や活用セミナーが行われ、連日多くの人で賑わっていました。会場奥にあることから、大きく「LINE WORKS」の文字が掲げられ目立つような造りになっていたのが印象的でした。

日本マイクロソフト(株)


日本マイクロソフトのブースでは、コラボレーションデバイス Surface Hub を含めた最新の Microsoft Surface シリーズの展示がされていました。特徴的だったのは、ブースが実際のオフィスを再現した作りとなっており、スタッフの方が実際に製品を説明しながらブース内を巡る“オフィスツアー”形式での展示となりました。

プラス株式会社


「WALK TALK WORK 動きながら、話しながら、仕事しよう」がテーマの元、社員が自分らしくワクワク働けるオフィス環境づくりのアイデアや製品が展示されていました。ブースは1坪から導入できるオフィスの雑談スポット「5 TSUBO CAFE (ゴツボカフェ)」を中心に、様々な製品が並び、商談なども実際に展示されているソファなどで行われていました。

RSUPPORT株式会社

「リモートで今日から始める働き方改革」「満員電車にもう乗らない」などのインパクト大の文字が並ぶのは、安心・安全・快適に利用できるリモートソリューションを提供するRSUPPORT株式会社。スタッフの方は赤い法被を羽織り、遠くからでも目立っていたのが印象的でした。

株式会社イトーキ


「ここで働く、私が選ぶ スタイル自在」をコンセプトとし、それぞれのワークスタイルに合わせてワークプレイスも選ぶ「はたらき心地オフィス」を再現したブース。会場の中心のスペースに木材を強調して建てられたブースは、自然と来場者の足が止まっていました。

株式会社オリバー


まるでカフェテリアの雰囲気のブースだったのは、総合インテリアメーカーであるオリバー。掲げるテーマ「PLAY WORK!」の通り、集中・発想・交流・行動のすべてを叶えてくれるオフィスが出現していました。緑があり、洗練された木目調のブースは他とは違う雰囲気に仕上がっていました。「カフェのようだけど、何のブースなの?」と、人だかりが常に出来ていました。

株式会社アーバンプラン

株式会社アーバンプランは、オフィスデザイン、設計・施工、物件探しから引越しに至るまでトータルにお任せいただける一級建築士事務所。ブースは今までご紹介したものよりも狭いながらもパレットを使ったシンプルでオープンな造りとなっていました。


Edit & Text:おかんの給湯室編集部


関西 ワークスタイル変革EXPO
開催日時:2017年15日(水)〜17日(金)10:00〜18:00
会場名:インテックス大阪
詳しくはこちら