オフィスおかん導入企業1200社突破!自動販売機プランもスタート

仕事のできる人は総務と仲がいい!? 総務に好かれるたった3つのテクニック

総務は会社全体に関わる業務をしていて、全ての部署を支えている存在です。前回の記事「総務って想像以上に大変! リアルな総務のお仕事まとめ」では、総務の業務内容について紹介しました。このように総務がたくさんの業務を着実にこなしてくれているおかげで、私たちは仕事を円滑にすすめることができるのです。

みなさんは会社のそんな大切な存在である総務と友好的な関係を築けていますか? こういった関係を築くことで、自分の業務をスムーズに進めることができます。そこで今回は総務と友好的な関係を築くために覚えておくべき3つの教訓を実際の使用例とともに、ご紹介します。

総務と友好的な関係を築く最大のメリット

総務と友好的な関係を築いておく最大のメリットは、効率よく仕事ができることです。総務の方も人間なので、依頼された人との関係で業務の優先順位が変わることもあるでしょう。

「急に入社が決まってPCの手配などの稟議を優先的に通して購入してもらった」、「イレギュラーな請求書作成や振り込みに対して柔軟に対応してもらった」など緊急案件やイレギュラーな対応をしないといけない場合に、優先的に対応してくれる事が多くなるかもしれません。

これだけは覚えて!総務と友好関係を深めるための教訓

例)総務のYさんが電球の交換をしてくれた。毎日ゴミ出しをしてくれてる。

〜ここがポイント!〜
備品の発注や電球の交換、その他庶務は総務の仕事です。でも意外とそれが当たり前になっている方いませんか?そこに気づき、「ありがとう」と一声かけてあげましょう。

例)月末、総務のYさんが勤怠記録・経費申請を出すようにアナウンスしてる

〜ここがポイント!〜
取引先の締め切りは守るけど、社内だと少しぐらいはいいだろうなんて思っていませんか?1人遅れると次々業務が遅れてしまいます。締め切りは絶対守りましょう。

例)総務のYさん考案のシャッフルランチ開催

〜ここがポイント!〜
業務の成果が数字で見えにくい総務は、モチベーションを維持するのが難しい仕事でもあります。業務の仕事に対して、フィードバックしてあげることで、業務に対するモチベーションを上げることができます。

実際にやってみた

「ありがとう」の気持ちを忘れない

全力で「ありがとう」と言ってみました。
Yさん:「意外と当たり前になっていて、言ってくれない人もいるから嬉しい!」

締め切りは絶対に守る

締め切り前に、勤怠管理のお願いをしてきました。
Yさん:「ありがとう!」

フィードバックしてあげる

本気でフィードバックしてみました。
Yさん:「フィードバックしてくれることが少ないので嬉しいです」

最後は仲良く写真撮影

最後までお付き合いありがとうございます。最後の実践は、わかりやすくお伝えするための企画でしたが、皆さんは本当にこの3つの教訓を実践できていますか?意外とできてない人が多いのではないでしょうか。

総務に気になる人がいるあなた!これからは、クリスマス・バレンタインなどイベントごとが増える季節です、この教訓を意識すれば、社内で優位に立てるかもしれませんよ。

Edit & Text:おかんの給湯室編集部

コンビニ食が続く
ランチ代が高い
もっと健康的な食事を提供したい
社員食堂を作るスペースや費用捻出は難しい

1品100円の食事サービスで、こんなの食環境を改善しませんか?

サービス詳細はこちら 資料ダウンロード