オフィスおかん導入企業1200社突破!自動販売機プランもスタート

イマドキカップルの新定番!? Trelloのデートプラン活用術

こんにちは。おかんの給湯室編集部のKです。みなさんTrelloというタスク管理ツールを、知っていますか? Trelloとは、プロジェクトの進捗管理などに使うタスク管理ツールです。僕は先日、Trelloに関する衝撃の事実を知りました。

〜ある日の同僚O君との会話〜

僕「彼女とどこデートいってるの?」

O君「Trelloでデートプラン決めてるー」

僕「Trelloね、、、(え!あれってタスク管理ツールじゃ??)」

O君「便利だよね(ドヤ)」

彼女とタスク管理ってどういうことなんだろうか?特に、ドヤ顔で言われたことが非常に悔しかったので、Trelloについて徹底的にリサーチしてみました。
※僕の主観満載の記事になっています。ご了承ください。

Trelloとは何か?

 ではまず、Trelloとは何なのか?改めて振り返ってみたいと思います。Trelloとは、タスク管理に特化したシンプルなプロジェクト管理ツールです。インターネット上で付箋を使うような感覚でタスクを管理できるツールで、タスク管理はもちろん、メモや備忘録といった ユーザーに合った使い方ができるところが特徴みたいです。


https://trello.com/

O君が彼女と使っているのか覗いてみた

僕「Trelloについてはある程度知っていたけど、そもそも彼女とどう使っているのかがまだ全然見えてこない…。タスク管理ツールなんて、意識高いって彼女に嫌われるんじゃないか。」

そこで、O君がどうやってTrelloを使っているのか覗いてみました。

O君の使い方
① 新しいボードをつくって彼女を招待
② やりたいこと、行きたい場所、作りたいもの、デートプラン、やったことリストを作成
③ お互いに、やりたいこと、行きたい場所、作りたいものを、カードに書いて追加
④ それをもとにデートプランカードを作成し、デートプランリストに追加
⑤ デートがおわった後は、やったことリストに移動

たくさん項目がありすぎて、どうせ使いこなせてないはず。うまくいってないことがあるはず。

彼女とTrello使うってそんなにいいの?

自分で考えても、使ってみないことには、わからないので、使い方を直接O君に聞いてみました。

僕「彼女とTrello使っていていいことあるの?」

O君「あるよ、教えて欲しい?」

僕「お願いします」

Trelloを彼女と使っていて良い事

① やりたいことを忘れない

O君は、やりたいこと・行きたい場所・作りたいもの候補を、お互いTrelloにあげていくそうです。そうすると、デートのプランに困らないみたい。ラフティングとかふわふわオムライス作るとか書いてあります。

「すごくうらやましい。楽しそう。」

② カードごとにコメントを残せる

お互いにやりたいことが一致したら、デートプランを考えるみたいです。確かにプランごとにコメントやチェックリストを作れるのは、すごい便利。

「話が違う話題で流れないから、すごく良さそう!」

③ 二人の思い出が溜まっていくのが楽しい

やりたいことや行きたい場所の管理をスタンプラリー感覚で、使えるので二人で行った場所がどんどん溜まっていくのが楽しいみたい。

「これなら、二人でやったこと、これからやりたいことを見ているだけで、幸せな気持ちになれるかも!」

なんでO君は彼女とTrelloを上手く使えてるのか
O君はなぜ彼女とTrelloを上手く使えているか考えてみました。

たどり着いた答えは、相手を思いやる気持ちです。O君は彼女が何をしたいのか、どこに行きたいのか一緒に考えてあげることができます。こういうデートがいいみたいに男が勝手に決めちゃうのは良くないことということですね。

これってビジネスでも同じじゃないでしょうか?

恋愛はもちろんビジネスでも、確かに相手を思いやる気持ちはとても大切。例えば、相手のやりたい事が分かっていれば、そのために何かしてあげようとか、一緒に何かしたいなど具体的な行動を起こす事ができる!その結果、相乗効果が生まれたり、効率化に繋がったりします。

「使い方は多少異なるとはいえ、ビジネスでも恋愛でも効果的に利用することができるのか!」


今回Trelloについて調べてみて、僕自身すごい勉強になりました。みなさんは、Trelloの活用方法がわかりましたか?今回は恋愛活用術としてご紹介しましたが、もちろん本来の使い方であるプロジェクト管理や、夫婦間の予定管理などにも使えそうですね。ぜひみなさんも活用してみてください。

*これはPR記事ではありません。純粋にこのTrelloの活用方法にびっくりしたのでまとめてみました。

Edit & Text:おかんの給湯室編集部