オフィスおかん導入企業1200社突破!自動販売機プランもスタート

リカレント教育の重要性とは?社会人の学び直しについて考えよう

リカレント教育とは?

あなたは教育と聞くと、何を思い浮かべますか?小中学校の義務教育、高校、大学、はたまた通信教育などなど。一口に教育といってもその幅は私たちが考えている以上に広いです。そしてここ最近新たに注目されている教育システムがあります。
それが「リカレント教育」です。
リカレント教育とは、一言でいうと「学び直し」。つまり社会人として働いていても、本人が学びたいと思えば何度でも教育を受けることができるということです。

リカレント教育のメリット

リカレント教育のメリットは、上記にもある通り何度でも教育を受けることができるため、社会人としてのキャリアアップやスキルアップはもちろん、自分に必要な教育を自分で選べるという点にあります。
高校までの教育は、義務教育で、自分学びたいものを勉強するというような学生主体ではなく、学ぶべきものを与えられた学校主体の学習です。
どうしても各々が学びたいことにスポットが当たることはありません。ですが大学や社会人になると、物事を自分自身で決めることが多くなります。そうすると自分が望むことを叶えるためには何が必要かという考えが自然にできるようになります。そのときに学べる環境があるというのはとてもすばらしいことなのです。それを叶えてくれるのがリカレント教育であり、最大のメリットなのです。

リカレント教育の問題点 その1

メリットをお伝えしましたが、実のところまだまだリカレント教育は世の中に浸透していません。この場ではじめて知ったという方も少なからずいるはずです。
ではなぜリカレント教育はあまり世の中に浸透していないのか。それにはいくつかの問題が絡んでいます。

1つ目は日本の働き方に対する考え方です。
ご存知のとおり、日本は1つの会社で長く働くことを良しとしてきていました。今でこそ働き方改革という言葉がでてきて少しずつその考え方も変わってきていますが、それでもまだまだ深く根付いていることに変わりありません。
その考え方にとって、リカレント教育のようにわざわざ今の仕事をストップして新しいことを学ぶということは受け入れにくいことなのです。このあたりは周りの理解が必要なことなので、なかなか個人でどうにかできる問題ではないのがやるせないところです。

リカレント教育の問題点 その2

2つ目は学び直したい人へのサポートです。教育を受けるためには当たり前ですがお金がかかります。義務教育であれば国からのサポートが受けられるため、ほとんどの人が教育を受けられます。
しかしリカレント教育をサポートするような制度はほぼありません。そしてこれは国だけの問題ではありません。各々が働いている企業からのサポート、周りの人のサポートなど、自分に関わるすべての人たちからのサポートがあってはじめて成り立つ教育なのです。

リカレント教育を浸透させるための対策

上記で挙げた問題以外にも、まだまだ浸透させるための壁は厚くい現状です。
今のところの対策としてより早く浸透するためには、国が動くことが考えられます。
実際に昨年2017年には政府が「人生100年時代構想会議」を開き、リカレント教育を本格的に進めていくという方向に話がまとまりました。これは大きな一歩です。日本の教育が大きく動き出しそうな予感を感じさせてくれます。
他に考えられる対策は、世間がリカレント教育を前向きに考えてくれるようにはたらきかけることです。これは効果こそたかがしれているのかもしれませんが、昨年の会議のようなことが今後何度もニュースになったり話題に出るようになれば、リカレント教育が知れ渡るようになり、教育についての見方もかわってくるはず。コンピューターやAIが急速に進化していることも相対的に影響してくるはずです。
具体的な対策ではありませんが、こうやって世の中がリカレント教育に注目するようになること、または注目してもらえるようにすることが地道ながらも一番の近道になっていくでしょう。

社員の健康を想う"食"の福利厚生

健康的で安心・安全な美味しいお惣菜をオフィスに常備できる 社食宅配型のサービスオフィスおかんを導入してみませんか?

全国対応
初期費用0円
自動販売機プランがスタート

資料ダウンロードはこちら