オフィスおかん導入企業1200社突破!自動販売機プランもスタート

ITエンジニアが健康的に仕事をするため今すべき5つの対策

今やどのような企業にもエンジニアが必要になってきた時代。
そんなエンジニアの方々、果たして健康的に仕事ができているのでしょうか?
あまり健康的なイメージはありませんよね。ではどのあたりが不健康なのでしょうか?
やはりそれは「デスクワークによる目の疲れや腰痛」でしょう。
なんと!1日に6時間以上座りっぱなしだと、死のリスクも高まるそうです。

engineer-health-control01
(参照:「1日に6時間座っていると死のリスクが40%増大する」など、座りっぱなしのデスクワークがもたらす弊害と解決法 – GIGAZINE)

それ以外にも、以下のような健康に与える悪影響があります。

・ 不規則な食事により栄養バランスが悪くなる
・ 血液の循環が悪くなり、酸素運搬がスムーズではなくなる
・ 残業による不眠で、疲労が蓄積する etc.
engineer-health-control02
(参照:「ITエンジニア不健康伝説」は本当か - @IT自分戦略研究所)

上げればキリがありませんね。
どう感じましたか?これを見たら健康的に仕事をできた方がいいと思いませんか?
そこで今回は、今すぐできるおすすめの健康法を5つご紹介したいと思います。

1. 姿勢を正そう

engineer-health-control03
まずは姿勢を良くすることが大事です。姿勢矯正クッションであれば、オフィスでも使えると思いますので、おすすめです。価格も3,000円もあれば購入できます。以下がおすすめですよ。

2. 食事を意識しよう

engineer-health-control04
デスクワークはほぼ全てにおいて頭をフル回転させますね。血糖値¥が低いと、脳に栄養素がいかず、仕事の効率が落ちてしまいます。それを防ぐには、ブドウ糖を摂取しましょう。作業をしながら気軽に食べられるラムネなどがおすすめです。間食のしすぎにはご注意くださいね。

3. 健康管理サービスを使用してみる

engineer-health-control05
なかなか自分の健康を管理するのって大変。健康管理ができれば、何を気をつければいいのかがはっきりするため、効率よく健康的になれます。しかし、毎日毎日記録したり、Excel等で管理したり・・は、忙しいエンジニアの方々には一手間もふた手間もかかりますよね。そこでおすすめなのが、健康管理サービスです。
Health Planet ヘルスプラネット

4. 目の体操をしてみよう

engineer-health-control06
目が疲れると、無意識に目頭を押さえてしまいますよね。ただそんなに効果がない。そんな時には、スキマ時間にできる目の体操をしてしましょう。目的別に体操の仕方が少し違うので、自分の今の状態にあった体操を選んでみてはいかがでしょうか。
疲れ目解消法あれこれ

5. スキマ時間に運動しよう

engineer-health-control07
お昼時間やちょっとした休憩時間に運動をしてみましょう。外に出て他の社員の方とランチに行くだけでも違いますよ。頭もスッキリしますし、ストレスの解消にも繋がります。また、そんな時間もないという方には、バランスボールがおすすめです。

まとめ

いかがでしたか?これまで健康にあまり意識をしていなかった方でも、簡単にでいるものを中心にご紹介しています。ぜひ、試してみてくださいね。

初期費用0円
全国対応
自動販売機プランスタート!

健康経営の施策にも効果的!

サービス詳細はこちら 資料ダウンロード