あなたの職場にオフィスおかんを!

女性の活躍のためのワークライフバランスについて考える!

ワークライフバランスは、仕事と私生活の両立を行い、私生活も充実させることで仕事の成果に対しても相乗効果を期待するという取り組みです。労働人口が減少している日本社会において、女性の働きやすい職場にすることは必須の条件と言え、女性活躍のためにもワークライフバランスの重要性が叫ばれています。そこで、今回は、女性活躍のために、ワークライフバランス実現にむけた環境をどう整備すべきなのか、考えてみたいと思います。

 

なぜ女性にとってワークライフバランスが重要なのか

女性が活躍するために、ワークライフバランスが重要とは言え、なぜ女性にとってワークライフバランスが重要なのか、考えてみたいと思います。

女性社員の場合、出産や子育てといったライフイベントを機に、生活パターンが大きく変わり時間的な制約が増える傾向にあります。かつて日本で働く女性従業員のパターンとしては、結婚や出産を機に退職し、子育てが一段落してから仕事に復帰するというものが一般的でした。しかし、現在の日本社会においては、男性従業員だけでは企業の成長が見込まれず、従業員の多様性や能力活用という観点から女性も継続して働ける職場を目指す方向にあります。女性が結婚や出産後も継続して働けるようにするためには、育児休暇や短時間勤務などの子育てや家事をしやすい制度を整える必要があるのです。

このような子育てや家事をしやすい制度を企業側で整備することは、時間的制約の多い女性にとってワークライフバランスを実現しやすくなるとも言えます。ワークライフバランスを実現しやすい環境づくりは、女性を活躍させたい企業にとって重要なのです。

 

女性のワークライフバランス実現に向けた取り組みをご紹介

女性がワークライフバランスを実現しやすく、働きやすい職場にするために行われている制度の例をご紹介します。

・短時間勤務・フレックス勤務制度

まず女性のワークライフバランスで、もっとも難しいと言われるのがお子さんのいる家庭の勤務時間問題です。多くは保育園への送り迎えをしなければならないことと、会社の出社退社時間及びそれに必要な通勤時間とのバランスの取り方になります。

そのため、短時間勤務制度やフレックス勤務制度で対応している企業があります。

短時間勤務制度は出社時間を遅くしたり、退社時間を早めに繰り上げるなどの勤務時間を調整する制度です。出社時間を遅くすることで、子供を保育園に送ることがしやすくなり、退社時間を早めに繰り上げることは、保育園へ迎えに行きやすくなります。

フレックス勤務制度は、基本的な考え方として9時から18時まで、のような固定の勤務時間を設定せず、月内の合計の勤務時間が所定の時間数を満たしていれば良いという制度です。

子育てをしている女性は、フルタイムで決まった時間で働くことが難しくなります。しかし、短時間勤務制度やフレックス勤務制度が整備されていれば、正社員のまま子育てをしている女性も働きやすくなるのです。企業にとっても、貴重な人材を確保し続けられるというメリットがあります。

・病児シッター制度

子供の急な発熱等で、保育園に預けられないときに、企業側で契約しているベビーシッターを派遣して子供を見守ってくれる制度です。ベビーシッターの利用に、利用料を徴収している企業もあるようですが、子供の急な体調不良等に対応でき、母親にとっては有効な制度と言えるでしょう。

・企業内保育所・託児所

保育園が整備されてきているといっても、急用等で保育園に預けることが難しくなることがあります。そこで、企業側で保育所や託児所を整備し、出勤しながら子供を預けることができれば、母親は子供を心配せずに働くことができるのです。企業内保育所・託児所については、整備する際に国や自治体からの補助金制度もあるようなので、補助金等も活用しながら整備すると良いかもしれません。

社内託児所についてはこちらの記事にもまとめています。

https://okan-media.jp/archives/352

まとめ

今回は、女性活躍のためのワークライフバランスについて考えてみました。

女性は結婚や出産を機に、時間的制約がかかりやすくなります。しかし、企業としてみれば、女性も貴重な戦力であり、有効な人材を手放すのは大きな損失です。勤務時間を柔軟なものにしたり、企業内保育所・託児所などの施設を整備したりするなどにより、結婚や出産した女性も従業員として確保することができれば企業には大きな効果をもたらすのです。女性活躍のためには、ワークライフバランスを実現しやすい企業側の環境作りが重要だということが分かっていただけたかと思います。