導入企業1000拠点突破!導入事例から見るオフィスおかん

中小企業でも取り組める!ワークライフバランスとは?

そもそも、ワークライフバランスとは?

ワークライフバランスは直訳しますと『仕事と生活の調和』です。こちらは政府主導で行っている取り組みで、

「国民一人ひとりがやりがいや充実感を感じながら働き、仕事上の責任を果たすとともに、家庭や地域生活などにおいても、子育て期、中高年期といった人生の各段階に応じて多様な生き方が選択・実現できる社会」

と憲章に掲げています。つまり、ワークライフバランスとは仕事もプライベートも充実させて相乗効果を図ろうとする取り組みを指します。

政府がこういった取り組みをするには、様々な問題があるからです。いくつも問題がありますが、主な2点ご紹介します。

参考:http://wwwa.cao.go.jp/wlb/government/20barrier_html/20html/charter.html

1 共働きが増加していても変わらない社会の固定概念

昭和の時代は男性が働きに出て女性が専業主婦というスタイルが当たり前でした。ところが、平成になって女性の社会進出は増えています。にもかかわらず、女性は結婚を機に退職するものだ、女性は家に入って男性が稼いでこい、といった社会における男女の役割分担が旧態然としているところも少なくありません。これにより優秀な女性社員が退職を余儀なくされるケースがあります。

2 正社員以外の就労形態が増えたことによる経済的格差の助長

非正規雇用者の増加も問題の一つと言われています。非正規雇用の増加は厚生労働省も発表していて、平成元年では全体の19.1%だった非正規雇用者が、平成28年には37.5%まで伸びており、実に2倍近く増加していることが伺えます。もちろん、非正規雇用自体が悪いわけではありません。

子育てや介護の関係上フルタイム勤務が難しい人もいらっしゃいます。ただ正規雇用を希望しても仕事に就けない、結果、非正規雇用の道を選ぶ方も多く、これにより経済的格差が増大していると言われています。また、将来不安による未婚率の増加、少子化への影響も懸念されています。

企業にとってのワークライフバランスとは?

もちろん、ワークライフバランスは推進すべきですし、企業の社会的貢献という意味では必要不可欠です。しかし、大企業ならともかく中小企業だと、社内インフラが充実していなかったり、賃金の関係上人材の確保が難しかったり、なかなか推進できませんよね。

そこで悩まれている企業に向けて、ワークライフバランスを取り組むことによってもたらされるメリットを改めてご紹介しましょう。

1、働きやすい環境を作ることによって優秀な人材を取り込める

働きやすい環境ですと離職率は下がっていきます。そして、求人を出したら優秀な人間が集まりやすくもなります。優秀な人材は企業にとって財産ですから、おのずと業績も伸びてくるでしょう。また、優秀な女性社員が結婚を機に退職ということも防ぐことができます。

2、労働環境によって引き起こされる事件・事故を未然に防げる

昨今ニュースなどでも取り上げられていますが、パワハラによる自殺や過労による重大事故など、劣悪な労働環境によって引き起こされた事件事故が少なくありません。これはテレビの中のことではなく、どの会社にも起こりうることなのです。こういった事件事故は企業にとって重大なマイナスとなりますので、未然に防ぐ上でも環境改善は必須と言えるでしょう。

3、従業員の生活向上が生産性の向上につながる

従業員のプライベートな時間を増やす、つまり残業や休日出勤を減らすことで仕事の生産性は上がります。どういうことかというと、残業を減らせば通常の業務時間に業務を終わらそうとする意識が高まります。そして、従業員は仕事後の時間を有効に使って、例えばジムに行って健康的になったり、セミナーに行って自分磨きをしたりして、体調管理に優れて知識豊富な従業員に育つことでしょう。そして、そういった従業員が業務時間に集中してくれるという、生産性の向上につながるのです。

4、残業による無駄なコストを削減できる

残業はすればするだけコストがかかります。残業代はもちろんのこと、オフィスの光熱費などもかかってきます。このような無駄なコストはカットするに限ります。

 

このようにワークライフバランスに取り込むことによって、いくつもメリットがもたらされるのです。

 

中小企業こそ取り組みやすい、ワークライフバランスとは?

ワークライフバランスにおけるメリットをご紹介して参りましたが、実際にはどのように進めていけばいいのでしょうか?幾つか実例をご紹介しましょう。

1、ワーキングマザーの雇用を推進し採用費用の圧縮

子育てお母さんは、保育園へのお迎えなどの理由で夕方には終業する必要があります。

とある企業は、あえて時間が決まっているお母さんたちを雇うことによって、周りの社員にも早く仕事を終える意識づけを芽生えさせました。それにより、もともと6人中4人は1年で退職する会社が、直近の2年間で退職者ゼロを実現させました。その効果として、膨大にかかっていた求人費用を大幅に抑えることができました。

勤務時間が限られていると柔軟な対応ができなくなるのではないか、という考えをする企業が多いと思いますが、逆転の発想ですね。

2、会議にゴールを設ける

社内インフラを整えたりコストをかけたりせずにできるワークライフバランスの取り組みもあります。その1つが会議。会議の時間を長く使っていませんか?1時間ならまだしも会社によっては午前丸々全社会議に費やしている会社もあるほどです。

会議の時間を短縮することによって通常業務がよりスムーズになったという事例が多々ございます。

会議の短縮方法は、まず会議の目的をはっきりさせること。これで話が脱線することを防ぎます。そして進行用の資料は簡潔にまとめること。ひと目でわかりやすい資料ですと余分な説明を省くことができます。あらかじめ決めたいこと、相談したいことなどを議事録として会議前に作成しておき、出席者はその資料に目を通しておき、当日はその議事録に沿って会議を進めていく、という方法をとると、会議時間が圧縮でき、会議の質も上がります。

まとめ

ご紹介した事例は中小企業でも十分取り組める内容だと思います。むしろ大企業より取り組みやすいと言えるのではないでしょうか。

ワークライフバランスに取り組む上で、忘れてはならないのは従業員の意識付けです。ただ、ご紹介したように取り組むだけでこれだけ働きやすい環境になるというのを説明すれば、賛同してくれる従業員も多いのではないでしょうか。ぜひ、ワークライフバランスに取り組んでみてください。

総務・労務・管理部 担当者必見!!

初期費用なしで始められる社食サービスで従業員満足度を向上させよう

  • 健康経営に力を入れたい
  • 生産性向上に取り組みたい
  • オフィスの食環境を整えたい
  • サービス詳細はこちら