オフィスおかん導入企業1200社突破!自動販売機プランもスタート

本音を聞き出しモチベを分析せよ!従業員満足度調査の方法を解説!

企業によって、顧客満足を得るというのは、大きな目標のひとつです。

顧客満足を得るためには、従業員が如何に自分のパフォーマンスを発揮して、企業のために働いてくれるかが重要です。

その従業員が、企業に対してどれだけ満足しているかの指標である従業員満足度も、顧客満足度同様に重要な指標となるのです。

では、従業員満足度は具体的にどのように調査するものなのでしょうか?

 

従業員満足度の調査方法は?

始めに、従業員満足度をどのようにして把握するかについて説明します。

従業員満足度は、主にアンケート形式で調査を行うのが一般的です。アンケートでは、主に会社の制度や自分の仕事についての設問、経営層との関わり合いについての意見を聴取します。

 

重要なのは、如何に従業員から本音の意見を引き出すことができるかです。

上辺だけのアンケートをとっても、従業員にとっては何のメリットもないアンケートであり、極論で言えば時間の無駄になってしまいます。

具体的な意見を引き出すために、例えば無記名方式のアンケートにするなどの配慮を行った上で作成するようにしてください。

なるべく、選択式のアンケートだけでなく記述式にして具体的な意見を聞くという点も重要になります。

対象となる従業員は、基本全員に調査することも重要です。正社員だけでなくパートや派遣社員の方の意見を聞くというのも、改善に繋げるために重要となります。

 

ビジネス口調のアンケートは避けて、あえてざっくばらんな文面にするなど、より回答しやすい雰囲気を作り出すことも大切です。

 

調査結果をしっかりと分析する

実際に従業員へのアンケートを聴取したら、次にその結果をまとめる作業を行います。この集計を行う際に重要なのは、単に回答数を集計するのではなく分類できるようなフラグを付けておくことです。年齢や性別、部門などを明確にしておけば、後で分析する際に効率よく行うことが可能です。

記述式の設問でも、その内容を要約した分類フラグを付けておくことをおすすめします。これにより、傾向を容易に把握することが可能です。

 

集計が完了したら、実際にデータから何が結論として導き出せるかを分析します。会社の制度に関して不満が多いという数値が見えてきた場合、性別や年齢などの要素で何か傾向が見えないかをチェックします。

例えば、休みが取りにくいというデータが見えてきた場合、若い従業員に多いのか?女性が多いのか?などのファクターでチェックします。

 

各設問に対してしっかりと分析を行って、改善につなげるのが重要なのです。

 

外部調査会社に依頼するのも有効的

この従業員満足度の調査は、社内的な活動として行うのが一般的ですが、実は外部調査会社に依頼して実施することも可能です。

多くの調査会社が存在しており、そのレベルもまちまちです。目的や調査レベルに応じて、依頼する会社を決定する必要があります。

外部調査会社を利用するメリット

外部調査会社を利用するメリットは、より改善に繋げやすい調査を行える点です。設問の設定に感しても、調査会社が持つノウハウでより具体的な結論を出すことが可能となります。

一般企業は調査のプロではないので、折角従業員調査を行っても効果を発揮しないケースも多々見られます。その点で、多少費用は発生しますが、外部調査会社に依頼するのは有効的な手段であるといえます。

また、内部調査ではどうしてもデータで得られた結果以外のさじ加減が入ってしまいがちです。その要素も除外できるという点も評価できます。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?従業員満足度調査は、簡単に見えて非常に難しい調査です。本気になり取り組まないと、逆に従業員のモチベーションを下げる原因ともなります。

外部調査会社の利用も考慮しつつ、働きやすい環境を実現するために調査を行うことが重要になります。

従業員満足度向上の取り組みまとめ!メリット・事例を紹介

社員の健康を想う"食"の福利厚生

健康的で安心・安全な美味しいお惣菜をオフィスに常備できる 社食宅配型のサービスオフィスおかんを導入してみませんか?

全国対応
初期費用0円
自動販売機プランがスタート

資料ダウンロードはこちら