あなたの職場にオフィスおかんを!

仕事効率化の鍵は「社内コミュニケーション」にあった!!様々な事例を参考に

仕事を円滑に進めていく上で「社内コミュニケーション」はとても大切です。社内がギクシャクしていては円滑に仕事が進みませんよね。職場内でしっかりとコミュニケーションをとることで良い仕事ができるものです。

しかし、最近の傾向として最低限のコミュニケーションだけで十分。というような人が増えてきています。本当に最低限のコミュニケーションだけで十分なのでしょうか。社内コミュニケーションの様々な事例をみながら、社内コミュニケーションの活性化が仕事にもたらすメリットを紹介します。

「社内コミュニケーション」とは

社内コミュニケーションという言葉は広い意味で使われています。例えば仕事の進捗をこまめに確認するのも社内コミュニケーションですし、仲間との交流を深める飲み会も社内コミュニケーションの1つといえます。多くの人は、社内コミュニケーションが盛んな方が働きやすいでしょう。

しかし社内コミュニケーションの活性化には反対派の人も一定数います。そこで多くの企業は、様々な工夫を凝らし、反対派の人をうまく巻き込みながら、社内コミュニケーションを活性化させる施策を行っています。

円滑な「社内コミュニケーション」が仕事に与えるメリットとは

必要最低限のコミュニケーションでも仕事ができるというのは事実です。しかしコミュニケーションをしっかりとる事で仕事の効率アップが期待できます。効率化に繋がる理由は以下の通りです。

雰囲気のいい会社は、良い仕事ができる

社内の雰囲気は仕事の質に繋がります。そんな訳ないと思う方もいるでしょう。しかし考えてみてください、全く同じ条件で雰囲気の暗いチームと雰囲気の明るいチームに仕事を依頼したとします、良い仕事をするのはどちらだと思いますか。

一人の仕事だとしても、明るい気分で仕事に取り組んだ方が作業は捗るものです。良い社内コミュニケーションは良い仕事をする上で大切な条件なのです。

会議の結果に直結する

社内コミュニケーションがとれている人たちの会議は積極的に意見が飛び交い、良質な会議になります。会議の発言の数は、会議までにどれだけコミュニケーションを取れていたかと比例します。ギクシャクした仲の人たちの会議では発言が少ないですよね。発言のない会議は会議ではなく、ただの連絡会になってしまいます。

上司から新人までが意見を出し合う会議を作りたいのであれば、良い社内コミュニケーションをとることが必要だといえます。

風通しの良い職場は、助け合いがある

仕事は一人一人が同じペースで進んでいくわけではありません。時には大変で、時には手が空いていることもあるでしょう。社内コミュニケーションが活発に取れている職場では個人の状況も把握できるので、大変な時には助けを求めることもできますし、手が空いている時には大変な人を助けることができます。

一人が忙しすぎてパンクしてしまい、チーム全体の遅れに繋がるようなトラブルを回避することもできます。個人個人が助け合うことで、結果的にチームの効率化に繋がります。もっと大きくみたら、会社の仕事の効率化に繋がります。

面白い社内コミュニケーションの事例

社内にBARを設置

お洒落なBARを社内に設置することで、自然と会話の弾む空間を提供します。普段話しにくい人とも、オフの状態でお酒が入ればコミュニケーションが取りやすくなります。社内にBARを設置することで社員同士が話をするきっかけを作り、成功した事例といえます。

社内卓球を通じて交流の活性化

男女問わず簡単に楽しめる卓球。その卓球を社内に設置することで、社員同士がリラックスしながら交流できるスペースを作った例です。簡単に楽しめるスポーツを通じて、社内コミュニケーションが活発化します。

社員向けのシェアハウスで交流

社員向けのシェアハウスを建設し、社員同士が同じ空間で生活していくことで良い社内コミュニケーションが取れるようになった事例です。そのシェアハウスでうまれたアイデアが仕事に繋がったケースもあるようです。

 

いかがでしたでしょうか、「社内コミュニケーション」の活発化は良い仕事を作ります。コミュニケーションの形は無限にありますので、あたなの会社もオリジナルの社内コミュニケーションを作ってみてはいかがですか。