オフィスおかん導入企業1200社突破!自動販売機プランもスタート

株式会社ツナグ・ソリューションズの愛にあふれた福利厚生「LOVE休暇」

仕事をしている上で、プライベートが仕事の集中度に影響を与えてしまうという方もいらっしゃいますよね。良くも悪くもそんな時があると思います。例えば、大切な人の誕生日。

「約束してたんだけど、急遽やらないといけない仕事が入って、今日は行けそうにない・・・。本当にごめん。」

「仕事と私とどっちが大事なの?」

そんなやり取りが発生しないように福利厚生としてケアしている会社が株式会社ツナグ・ソリューションズです。

株式会社ツナグ・ソリューションズの福利厚生、その名もLOVE休暇とは?

人材採用のコンサルティングを手がける株式会社株式会社ツナグ・ソリューションズは、従業員一人ひとりの自立性を応援してくれる企業です。

人によっては、仕事とは会社から与えられるものと捉えている方もいらっしゃいますが、株式会社ツナグ・ソリューションズでは、仕事は自分で創り出すものであり、職場は自己成長に関心を持って楽しく感じられる、自己実現の場として考えています。

さらに、株式会社ツナグ・ソリューションズではよりよい職場環境を実現するために、ワークポリシーとして、

  • 周りの人を喜ばせる
  • 周りに注意を向ける
  • 遊びを取り入れる

ことを掲げています。そして、このワークポリシーに基づいて誕生したのが独自の制度である“LOVE休暇”なのです。

では、このLOVE休暇とはいったいどのような福利厚生制度なのでしょうか?

このLOVE休暇は年に1度、大切な人(家族や恋人、友人、知人など)の誕生日に休暇を取得できる制度です。さらにプレゼント代として、会社から1万円まで支給され、社員の間では通称“LOVE休”と呼ばれています。

株式会社ツナグ・ソリューションズでは、今ではこのLOVE休暇をコンサルティング先の企業にも提案していると言いますが、この制度が生まれた背景をより詳しく見ていくことにしましょう。

独自の福利厚生であるLOVE休暇の誕生の背景

株式会社ツナグ・ソリューションズでは、人材採用のコンサルティング会社として、採用活動から人材の定着まで、様々なノウハウや企画を立案しています。その際、特に重要視していることが、自分たちが行なってきて有効だったことをクライアントにも提案することです。

休暇といった福利厚生制度も、まずはどのような休暇があれば働き手は嬉しく感じるかをトップダウンではなく、社員みんなが考えているそうです。

株式会社ツナグ・ソリューションズには、創業期から現在も続けられている休暇として、このLOVE休暇の他にも自己啓発を目的とした「勉強休暇」、文化や教養に触れるための半休である「カルチャー&エンタメ半休」、心身のリフレッシュをするための「理美容半休」などがありますが、実際に新卒社員採用の面接の際、特にLOVE休暇は学生たちからの興味関心も強く、またコンサルティング先であるクライアントに対しても休暇制度誕生の背景を含めて話し、興味を持っていただきながら制度導入の提案を行なっています。

では、株式会社ツナグ・ソリューションズがこのような休暇制度を自ら企画実施し、クライアントにも提案している真の理由とはなんでしょう?また、どのようなメリットがあるのでしょうか?

LOVE休暇を福利厚生制度として導入したことによる効果

株式会社ツナグ・ソリューションズがLOVE休暇を実施している目的は、先に挙げた「よりよい職場環境の実現」や「採用活動の告知効果」だけではなく、「社員の働き方改革」も考えてのことです。

LOVE休暇は、社員から申請し自発的に取得するものなので、実際に休暇を取るためには誰かに業務を引き継ぐ必要が出てきます。そのため、日常的に仕事をいつでも誰かに引き継げるように引継書をまとめたり、仕事内容の整理を行なっていなくてはなりません。

つまり、「誰かにしかできない業務」をなるべく減らすことで、業務改善効果にもつなげているのです。他人の業務を引き継ぐことで、無理ムダを発見し、異なる視点から改善のメスを入れるのが真の理由であり、メリットなのです。

だからこそ、このような働き方改革が社員の意識を変え、クライアントの満足度も向上させているといえます。