あなたの職場にオフィスおかんを!

失敗しないテレワーク環境作りに役立つサービス3選

テレワークを始めるにあたり重要になるのが環境づくり。テレワーク導入初期に適切な環境を整えておかないと、業務を行う上で様々な問題が発生してテレワークが失敗してしまうことも。今回はテレワークを失敗させないために役立つサービスをご紹介していきます。

 

テレワークの種類について

テレワークのサービスについて紹介していく前に、まずはテレワークの種類いついてみていきましょう。

テレワークはどこで勤務するかによって「1. 在宅勤務」「 2.サテライトオフィス勤務」「3.モバイルワーク」の3種類に分類されます。会社の形態やテレワークを用いる目的などにより、どの種類のテレワークを利用するのかが異なってきますが、導入時に共通した問題点がでてくるのです。

テレワーク導入時にぶつかる問題とは?

1.コミュニケーションが鈍化する

テレワークを利用する人が増えると、社内コミュニケーションが鈍化する恐れがあります。またテレワーク利用の際のコミュニケーションはタイムラグが発生することが多く、さらに社内コミュニケーションが鈍化していく原因となります。

2.情報共有が難しい

上記でも触れた通り、テレワークではコミュニケーションの際にタイムラグが生まれる他、業務上の細かい共有事項の共有が難しいという問題も。

オフィスで業務をしていると、口頭で細かい内容は口頭で情報共有することが多いのではないでしょうか。このような場合、リモートワークの利用者には必要な情報が共有されず、後の業務に影響が出る可能性があります。

3.互いの業務状況を理解しにくい

遠隔で勤務するテレワークでは、互いが「今どのような仕事をしているのか?」「進捗状態はどのくらいか?」を理解しづらくなってしまいます。互いの業務状態が理解できていないと、作業の大幅な遅れや業務上のストレスを発生させる原因となってしまいます。

ここまで見てきたように、テレワーク導入時には様々な問題にぶつかってしまいますが、適切なサービスを使うことでテレワーク導入時の問題をクリアすることが可能です。そこで次からはテレワークを成功させる便利なサービスを見ていきましょう。


コレで解決!テレワークを成功させるサービス3

Slackでコミュニケーションを活性化

テレワーク導入の際に社内コミュニケーションを鈍化させないためには、オンライン上で手軽にやり取りが出来る環境が必要となります。そんなテレワーク導入の際に、オンライン上で手軽にやり取りが出来るようになるサービスがslackです。

slackは、急速にユーザーを増やしているチャットサービスです。slackでは他のチャットサービスと同じように11の個別チャットの他にも業務やグループ別のチャットを作ることができ、リモートワークでも分かりやすくコミュニケーションを取ることができます。

また、チャット上で使えるスタンプも豊富なため、ついつい業務上の会話ばかりになりがちのテレワークでもフランクに円滑なコミュニケーションを取ることのできるサービスと言えます。

esa.ioでテレワークでも情報共有を的確に

情報共有のしにくいテレワークでも情報共有を的確に行うことのできるサービスがesa.ioです。esa.ioは「情報を育てる」ことに重きを置いたドキュメントの共有サービス。ドキュメントで情報を共有するときについつい「完成したマニュアルや議事録でないからまた後で共有しよう」と思ってしまうことは無いでしょうか?情報の伝達にタイムラグのあるテレワークでは、その見送り時間が情報共有を妨げる原因の一つ。

esa.ioは作成途中のドキュメントもWIP (下記途中)として共有することができ、一つの情報をメンバー間で更新し合って情報を育てながら共有することのできる便利な機能があります。これならテレワークでも必要な情報を漏れ無く共有することができますよね。

Trelloで業務状況を把握しやすく

テレワークで把握しにくい互いの業務状況を分かりやすく可視化できるサービスがTrelloです。

Trelloではメンバーと共有したボード上に、各タスクを書き出したカード管理できるサービスです。各タスクの進捗に合わせてカードを移動させて、タスクの進捗状況を把握できるため、離れて業務を行うテレワークでも誰が何の業務を行なっているのか?思うように進んでいないタスクは何なのか?を一目で把握できるサービスとなっています。

 

まとめ

テレワークは対面のコミュニケーションがない状態でお仕事をするわけですから、当然共有できる情報の量は減ってしまいます。そこをいかにキープするかという点がテレワーク導入のポイントです。

今回ご紹介したサービスを導入検討し、テレワークでもパフォーマンスが発揮できるような環境づくりをしてみましょう。