オフィスおかん導入企業1200社突破!自動販売機プランもスタート

お中元をやり取りする際の正しいビジネスマナーとは?地域別の贈る時期を教えます

ビジネスシーンにおいてはプライベート以上に礼儀が重要です。取引先に対し礼儀に欠けた対応をしてしまっては今後の付き合いに悪影響を及ぼすことがあります。

しかし、自分はビジネスマナーを守っているつもりでも、それが間違ったマナーであったために思わぬ失礼となっていることがあるため注意が必要です。

今回解説するのはお中元のビジネスマナー。お中元はいつ贈るべきものなのかをよく分かっていない人も多いのではないでしょうか。お中元を贈る意義を知り、失礼にならない対応を押さえておきましょう。

 

ビジネスマナー以前に、お中元とはそもそも何か

夏になると誰しもがお中元というワードを耳にするはずですが、そもそもお中元とは何かご存知でしょうか?

お中元という言葉は旧暦のちょうど半分にあたる中元に由来します。この時期はちょうどお盆と重なる時期でもあり、お世話になっている人に訪れて贈り物をする習慣がありました。現在のお中元はこの贈り物の慣習が残ったもの。季節の節目の挨拶のようなものと考えておけば良いでしょう。

 

ビジネスのお中元を贈る時期はいつか

お中元を贈り時期は関東と関西で違います。関東では7月初旬から中旬、関西では7月下旬から8月中旬に贈り合うのが一般的です。

地元同士のやり取りであれば地元の時期に合わせてお中元を贈れば済みますが、地域による違いがあることも抑えておいてください。時期は贈る相手の地域に合わせるのが基本です。

以下を目安とすると良いかと思います。

北海道:7月15日〜8月15日頃(現在では7月初旬〜も)
東北:7月上旬〜7月15日
関東:7月上旬〜7月15日
北陸:7月上旬〜7月15日
東海:7月15日〜8月15日頃(現在では7月初旬〜も)
関西:7月15日〜8月15日頃(現在では7月初旬〜も)
中国:7月15日〜8月15日頃(現在では7月初旬〜も)
四国:7月15日〜8月15日頃(現在では7月初旬〜も)
九州:8月初旬〜8月15日頃

時期を過ぎてしまった時も慌てずに熨斗の表書きを変えて送りましょう

お中元を贈る時期については、地域別に少しずつ差があることがお分かりいただけたと思います。それでは、この時期を過ぎてしまった時にはどうすれば良いかご存知ですか?

過ぎてから送るのはマナー違反と考える方もいるかもしれませんが、そんなことはありません。もし遅れてしまった場合には、熨斗の表書きを変えるようにします。

また、こちらで送っていない相手からお中元を頂いた時も、時期がずれてしまうことがあります。そのような場合も、お中元の時期を過ぎてから残暑見舞い、残暑お伺いの形でお返しすれば大丈夫です。

■お中元の時期を過ぎた時の熨斗の表書き

7月16日〜立秋(8/7 頃) 暑中御見舞・暑中お見舞・
暑中お伺・暑中御伺
立秋(8/7 頃)を過ぎてから〜9月上旬まで 残暑御見舞・残暑お見舞・
残暑お伺・残暑御伺

 

お中元を贈るのは今後もビジネスがある相手だけ!

お中元はこれまでお世話になった方に贈るものですが、それと同時にこれからもお世話になります、今後ともよろしくお願いしますという気持ちを伝える贈り物でもあります。そのためお中元が一回きりになってしまうのは礼を尽くすどころかむしろ失礼になってしまうのです。

お中元はあくまでこれまでもこれからも継続的に付き合いのある取引先だけに贈るようにしてください。どうしてもお中元の時期と合わせて品物を贈りたい場合は御礼の品として贈りましょう。

 

お中元を贈ってはいけない人とは?

感謝を伝えるためとはいえ、お中元を送ってはいけない相手もいます。それは政治家や公務員など、法律で金品等のやり取りが禁止されている人たちです。あくまでお礼のつもりでお中元を贈っても、それが世間一般の目にどう映るのかは別問題。せっかくお中元を贈ったにもかかわらず返送されてしまうこともあります。こうなってしまってはお中元はかえって迷惑です。

また、会社によってはお中元のやり取りをしないと決めているところもあります。企業に対してであれば送り返されることはないでしょうが、相手に気を使わせてしまうかもしれません。そのためやはりこのような企業を相手にもお中元を贈るのは控えるべきです。贈り物をして大丈夫な相手かは事前に把握したうえで準備をしましょう。

 

ビジネスのお中元で選ぶべき品物

お中元にかける費用としての目安はおおむね3,000円から5,000円程度です。相場から安すぎるのも失礼にあたりますが、高すぎる品物を用意しても不要な気を使わせてしまいます。よほどお世話になった場合を除き、基本的には相場からかけ離れた品物を選ぶのは遠慮しましょう

具体的な品物についてですが、お中元を贈る季節は夏ですのでこれに合わせた季節感を演出できる物を選ぶべきです。お菓子であればチョコレートのような溶けやすいものを避け、ゼリーや羊羹といったチョイスをすると喜ばれます。地元でしか買えない限定のお菓子であればなお喜ばれるでしょう。いずれにせよ大事なことは、相手が夏に貰って嬉しい物を第一に考えることです。

 

ビジネスのお中元は直接渡す必要はない?

本来、お中元は直接手渡しするのが礼儀です。とはいえ今やネットを通して日本中、それどころか世界中の企業を相手にビジネスを行う会社もあるほどですので、宅配便を利用することも珍しくありません。直接の面会にこだわらなくともさほど失礼になることはないので安心してください。郵送でお中元を贈る時には挨拶や贈り物の説明を書いた送り状を同封するのがマナーです。

 

いかがでしたか?お中元のビジネスマナーを踏まえ、気持ちよくやり取りができるよう心がけましょう。

 

コンビニ食が続く
ランチ代が高い
もっと健康的な食事を提供したい
社員食堂を作るスペースや費用捻出は難しい

1品100円の食事サービスで、こんなの食環境を改善しませんか?

サービス詳細はこちら 資料ダウンロード