オフィスおかん導入企業1200社突破!自動販売機プランもスタート

単純作業を辛いと思っているあなたに。少しでもラクにする5つのヒント

仕事には全くクリエイティブじゃない作業がつきものです。単純作業や雑用がどうにも苦手で、どうにも辛い気分になってしまうという人もいるのではないでしょうか。そんなときに、気持ちが軽くなる5つのヒントを用意しました。

辛い単純作業を少しでも楽にするヒント

1.そもそも仕事が楽しくなきゃいけない理由なんてない

楽しくない仕事よりは、楽しい仕事の方がいいでしょう。しかし、必ず楽しくなければいけないわけでもありません。いつもいつも楽しくて、やりがいがあって、人間関係も良好で、クリエイティブじゃない仕事はゼロの上、お金がたくさんもらえるなんて、そんな仕事はなかなかありません。どんなにやりがいのある仕事だって欠点があり、興味の持てない作業だってあるものです。それでもお金がもらえるのなら、それも立派な仕事のうちです。仕事は楽しくなくちゃいけない、という呪縛から自分を解き放ちましょう。

2.この仕事はつまらないと認めてしまったらラクになる

今から自分がやる仕事は自分は好きではないし、つまらない、と認めてしまうと途端にラクになります。自分は何のためにこんなことをやっているのか、と感じてしまうような作業があっても、残りの時間が楽しいのであればそのための必要経費だと思うことにしましょう。

3.工夫をする

この仕事は楽しくはない、と認めてしまったらあとはカンタン。つまり、そんなつまらない仕事はさっさと終わらせて、自分が楽しいと思える仕事に気持ちを向けましょう。そのためにどうしたら短時間で終わらせることができるかを考えるようにしましょう。タイムトライアルだと思って、時間短縮の工夫をしながらやるのがオススメです。作業自体はつまらなくても、ゲーム感覚で短い時間でやろうとすれば、少しは楽しくなってくるかもしれません。

4.テンポ良くやる

素早くやろうと工夫を始めると、だんだんリズムがつかめてきてテンポ良くやれます。そうすると、つまらない仕事でも楽しそうにこなすことができるようになります。そうなればしめたもの。人間の頭や体は実は意外と雰囲気に弱いのです。テンポ良くリズムに乗ってやっていると、だんだん楽しいような気がしてきてしまいます。そうなれば、もう単純作業は苦痛ではありません。

5.お金に換算する

それでもどうしても単純作業は嫌だ、という人は、自分をご褒美で釣ることを考えましょう。単純作業をしているときだって、給与は発生するのです。これをやったら1つあたりいくらになる、これを何回やったら欲しかったあれが買える、と思いながら仕事をこなしていくと、案外つまらなさも気にならなくなってきます。その仕事が嫌であるほど、早く終わらせて次へ行きましょう。

クリエイティブな仕事だけが仕事じゃない

胆汁単純作業が辛いのは、クリエイティビティがないからですが、全ての仕事が素晴らしい楽しいものである必要もありません。嫌なことは割り切ってさっさと終わらせてしまいましょう。そうすれば、楽しいことが待っているのですから。