導入企業1000拠点突破!導入事例から見るオフィスおかん

検討に役立つ!新卒通年採用のメリットとデメリット分析

新卒採用は4月入社に向けて限定した時期で行なうという従来の形式が崩れつつあります。

近年では、新卒の通年採用に踏み切る企業が増えているようです。ここでは新卒通年採用のメリットやデメリットの詳細をお伝えします。新卒採用の戦略検討にお役立てください。

 

新卒通年採用への注目度の高まり

新卒の通年採用への注目度が高まりには理由があるはずです。

まずは、通年採用の内容と従来の一括採用のメリットとデメリットについて再確認していきます。

通年採用とは?

「通年採用」とはその言葉が表す通り、年間を通して採用活動を行なう制度のことです。

通年採用に対し、新卒などを大量募集する採用を「一括採用」と言います。

通年採用制度は、ヤフー、ユニクロ、ソフトバンクをはじめ比較的大企業で導入されているようです。

しかしながら、新卒社員の確保に難航する新卒市場では、従来の一括採用の時期だけの採用活動では間に合わず、必然的に年間を通して社内リクルーターの活用やインターンシップの受け入れを行なっているというのが現状のようです。

一括採用のメリットとデメリット

一括採用のメリットは、企業側の視点では採用や教育に掛かるコストと採用の手間と自体が省けることです。短期間に一気により多くの就活生に対するアプローチが可能になり選考母体数を増やせます。同期で入社する仲間が多いため、仲間意識や組織への忠誠心も醸成しやすくなります。

一括採用のデメリットは、同時に募集を掛ける企業が多いため内定辞退のリスクが大きくなります。

一括採用は期間限定のため、その期間に就職活動ができない優秀人材を逃したり、大量な応募に人事の業務負荷が高くなり入念な選考ができないという懸念もあります。

 

新卒通年採用のメリット

新卒を通年採用するメリットは次のようなものです。

多様な人材確保の期待

既卒者だけでなく、新卒者対象とした通年採用を導入することで、学生時代や卒業後の時間を自分らしい経験につなげ、多彩な経験をした人材が集まりやすくなります。一括採用は学生の時間も縛ってしまうことで、光る人材を見出しにくいのです。

グローバル人材へのリーチ

3月ではなく9月が卒業時期となる海外留学生、海外経験のある若者、海外の若者などからの応募の期待も持てるでしょう。グローバル人材の確保を課題とする企業では欠かせないアプローチです。

入念な見極めが可能

一括ではない代わりに、応募者の一人ひとりを入念に見極めることができます。複数回の面接を行なったりすることも可能で、選考充実度は高くなります。必然的にミスマッチの確率も下げられます。

内定辞退、離職者の補完が可能

内定辞退、離職者が出た場合にも、通年採用では、必要になれば、必要な能力とスキルを持つ人材を採用することができます。

自社の流れに合わせた採用活動

自社の事業戦略、計画、新規事業の立ち上げなど企業の状況に合わせて臨機応変に募集を掛けることができます。ピンポイントで必要な人材を探し出せることは企業の大きなメリットでしょう。

 

新卒通年採用のデメリット

新卒を通年採用することの注目度は高まっていますが、デメリットもあります。

効率的でなくなる

一括採用に比べると、効率性はグッと下がります。うまく欲しい人材を見つけ出せればいいのですが、優秀な人材の多くは一括採用ですでに働き始めています。

モチベーションと意欲の低下

新卒通年採用の場合、応募者の中には一括採用で他社に入社できなかった新卒者が含まれる可能性が高いです。そのため入社意欲やモチベーションの面では一括採用と比較すると劣ってしまうことも多いようです。

採用に掛かるコストは上がる

新卒通年採用での新入社員のほとんどが、一括採用の社員に必要な教育を必要とします。

採用活動から、入社後の教育までのすべてを分散的に行っていく必要が出てきます。

 

まとめ

新卒通年採用のメリットとデメリットをご紹介しました。通年採用はコスト負担が大きくなることは避けられません。ただ、企業や新卒者にとって現代の懸念を払拭するメリットがあることも確かです。事業や経営戦略に合わせて検討してみてください。

【採用・従業員定着にも効果あり】人事担当者必見!

初期費用なしで始められる社食サービスを人事戦略に

  • 従業員エンゲージメントを高めたい
  • 優秀な人材を集め、採用をスムーズに進めたい
  • 組織開発を加速させたい
  • サービス詳細はこちら