オフィスおかん導入企業1200社突破!自動販売機プランもスタート

贈り物で人間関係を円滑にする! 会社でのプレゼント活用ポイント

みなさん、周囲の人に贈り物はしていますか? 最近ではお中元やお歳暮の習慣はなくなり、社会人になると友人も誕生日のお祝いもあまりしなくなってしまいますよね。でも、贈り物を上手に生活に取り入れると、人間関係がスムーズになります。スマートにちょっとした贈り物を使って、普段言いにくい気持ちを伝えてみましょう。

みんなを幸せにする賢い贈り物の贈り方

もらっても負担にならない程度のものを選ぶ

双方気持ちの良い贈り物の大原則は、贈っても貰っても負担にならないものを選ぶこと。あまりに高価なものをあげてしまうと、相手はお返しをどうしようかと困ってしまったり、場合によっては周りの人間からも不審な目で見られかねません。「あいつはゴマすりをしている」「あの人に気があるんだ」などと言われないように、贈り物はちょっとしたものに留めましょう。

タダでもらえるものをあげる

贈り物は買ったものだけではありません。無料でもらえるような試供品、ポストカード、おしゃれなショップのパンフレットだって、気軽な贈り物にできてしまいます。この場合、贈る日を選びません。「これ、この前もらったんだけど良かったらあげるよ」と、興味のありそうな人に渡してあげるだけで立派なプレゼントとなります。相手は、「自分にと思って持ってきてくれたんだ」という気持ちがうれしいもの。たとえ気に入らなくても、無料でもらったものなら捨てることに罪悪感がないので、実は贈り物に最適なのです。

ほめたいときに渡す

人をほめるのはなかなか照れくさいですが、ほめられると嬉しいものですよね。ちょっとしたお菓子を渡しながらならば、人をほめるハードルはかなり下がります。「最近頑張ってるよね」「今日はお疲れ」とお菓子を差し出すだけで気持ちが伝わります。モノを貰ったことよりも、ほめられた気持ちが嬉しいもの。渡すのはコンビニの飲み物やお菓子で十分です。

お礼と共に渡す

「ありがとう」の気持ちを伝えるのも照れくさいし、本当に感謝しているときはどんな風にお礼を伝えたらいいか……なんて悩んでしましますが、ちょっとした贈り物と一緒ならば怖くはありません。「ありがとう! 良かったらこれ……」と差し出せばOK。この場合は職場で食べれるならお菓子、持って帰ってもらうなら数百円くらいの小物がオススメです。小さなフィギュア、ジョークグッズ、ガシャポンのおもちゃも最適です。

お土産はここぞというときに買ってくる

せっかく買ってきた旅行のお土産も、全員に同じものをただ配るのでは効果が半減。お土産を渡すときは、何かを伝えたいときに、その人にだけ「普段お世話になってるので、これ、お土産なんです」と渡しましょう。また、休みを取るのにフォローしてくれた人にもお礼として渡しましょう。それ以外のときはお土産は買わない主義、としていた方が、お土産の効果がアップします。

お詫びとともに渡す

何かをしてしまった謝罪の折に、ちょっとした品をスマートに渡せたら上級者。しかし、相手が怒っているときに、最初から品物を渡してしまうと「物で釣っているのか!」と逆に怒らせてしまう可能性も。まずは謝罪の姿勢を見せて謝ることが大前提。お詫びの品を渡すのは相手の怒りが去ってからか、後日「この前は迷惑かけてごめんね」と渡したり、お詫びとは言わずに「これ、良かったら」とだけ言って渡したりするのがスマート。

人間関係をスムーズに

このようにちょっとした贈り物の習慣は、言いにくいことを伝えるきっかけを作ってくれ、人間関係をスムーズにしてくれます。あなたも、ちょっとした贈り物を話しかけるきっかけに使ってみてはいかがでしょうか。