オフィスおかん導入企業1200社突破!自動販売機プランもスタート

今日から取り入れたい!部下を上手に褒める5つのコツ

29誰だってほめられたら嬉しいもの。でも上手にほめるのって意外と難しい。ほめたい気持ちがあっても、うまく伝わらなければ意味がありません。そこで今回は、ほめ上手になるコツを紹介します!

ほめ上手になるコツ

1.まずは変化をほめる

ほめ方初心者はまず、変化に言及することから始めましょう。今まで持ってなかった持ち物、新しそうな服、短くなった髪。それらに気づいたら、「変わりましたか? いいですね!」と一言。すぐに口に出すのが、ほめ上手への第一歩です。

2.手短に相手をほめる

ほめるときに長々と理由を言うと、うまく言えなくて嘘っぽくなってしまうことも。ほめ言葉は短く、一言で十分です。「それ、いいね」「最近よくやってるじゃん」「新しいんですか? 素敵ですね」くらいに留めておきましょう。

3.謙遜されたらもう一言で終わらせる

ほめられると謙遜してしまう癖がある人も多いもの。そこでほめたり謙遜したりが繰り返されると、だんだん微妙な空気になり、自分もほめた理由を説明しなければならなくなりボロが出やすくなってしまいます。「そんなことないよ」と謙遜されたら、「そうですか? 私はいいと思ったんですけどね」とだけ言って、その話題は切り上げよう。

4.理由を聞かれたら主観で答える

「えー、どこが良いと思ったの?」と、理由の説明を求められたら、主観で答えるのが基本。客観的に理由を言おうとすると否定されて謙遜されたりもしますが、こちらの好みや気持ちを理由にすれば、相手も納得せざるを得ません。「僕、そういうの好きなんですよ」「あの案件大変なのに良くやってたじゃん」「明るい雰囲気がかわいいなって思って」と自分の気持ちをベースに答えよう。

5.自分がほめられたらお礼を言う

自分がほめ上手になると、ほめられる機会も増えてくるもの。ほめられたら「ありがとう、自分でも気に入ってるんだ」と答えられれば上級者。真のほめ上手はほめられ上手でもあるのだ。

気持ちを素直に表現しよう

ほめるのがうまくいかない人は、気持ちを素直に表現し慣れていないというケースが多くあります。とにかくストレートに!がほめ上手の基本。しっかり気持ちを伝えて、人間関係を円滑にしましょう。