オフィスおかん導入企業1200社突破!自動販売機プランもスタート

1記事でわかる 福利厚生サービス|徹底比較!メリット・事例

少子高齢化に伴う労働人口減少により、ますます人材確保が難しくなってきている昨今。平成30年4月の有効求人倍率は1.59倍、正社員有効求人倍率は1.09倍となり調査開始(2004年11月)以来最高となり売り手市場の今、企業の人事・総務に求められるのは、従業員の満足度向上や離職率の減少、そして新しい優秀な人材の確保をすることと課題がいっぱいです。

そんななか今、福利厚生のサービス内容が見直されています。
仕事探しの際に求職者は福利厚生の重視度は高く、そのサービス内容にも非現実的なサービスより日常的なサービスを求められているようです。ここでは日常的なサービスを上手く取り入れている企業と、そのサービスを提供している会社をご紹介します。

1.83%も重要と回答!福利厚生の重視度

正社員で働くことを希望する女性向け求人情報サイト「[en]ウィメンズワーク」で、サイト利用者女性819名を対象に「福利厚生」についてアンケートが行われました。

正社員への転職を希望する女性819名に「福利厚生」について聞きました。「お仕事さがしで福利厚生をどの程度重視するか」をたずねたところ、「非常に重視する」が28%、「まあまあ重視する」が55%で、計83%の方が重視すると回答しました。

全体的に年代での差はなく、20代、30代、40代の全年代でほんとんどの割合で福利厚生を重視していると回答しています。

重視している理由としては、“仕事だけでなく生活全体に関わる”(仕事を)長く続けられるか大きく左右する”などが挙げられました。まあまあ重視する理由には、“働きやすさの目安になる”  “社員のことを考えてもらえていると感じる” といった声がありました。

あるといい福利厚生を質問したところ

第1位は、健康診断・人間ドック補助で64%
※年代別に見ると、20代で53%、30代で65%、40代では79%となり年齢とともに健康を意識する方の割合が高まっていることが分かります。

第2位は、寮・社宅/住宅手当・家賃補助
※こちらも全年代で支持を得ている福利厚生で住宅費は生活費を占める割合が大きいことから、その負担を軽減してくれる住宅補助はとても社員に役立つ福利厚生といえます。

第3位は、育児休暇・短時間勤務制度
※20代、30代の方に望む声が多いです。仕事と育児の両立は難しいなか、育児休暇・短時間勤務制度を選択することで、従業員は会社を辞めずにキャリアを継続することが可能になり、企業側は出産・育児での退社を防ぐことが可能となります。

この結果、求める福利厚生は年齢や生活環境によって変化していくことがうかがえます。

一方、「なくてもいい福利厚生」については、年代を問わず

第1位は、社員旅行
理由としては、“気を遣うので楽しめない”  “旅行と言えども仕事の延長”などの声があげられてます。

第2位は、運動施設・保養所
“利用者が限られる”  “利用したいが時間に余裕がない”
などの理由が挙げられ、使う人や機会が限られる福利厚生を不要とする考えがうかがえます。

今後より一層、企業は従業員・求職者が求めるサービス(福利厚生)を常に考える必要があるでしょう。
なぜなら職場環境の整備により、有能な人材の職場への定着や新たな人材確保を容易にし、企業の競争力を高めることも期待できます。

福利厚生とは、どのようなもの?

企業から従業員へ支給される給与以外の報酬のことをいいます。
福利厚生は法律で定められている法定福利厚生と、企業が独自に定める法定外福利厚生の二種類があります。
その中でも細かく見ていくと16に分類にわけられます。
詳しくは下記の記事をご参考ください。

福利厚生全16種類とその事例!従業員満足度をあげる福利厚生を大解剖

人材の確保が難しい時代で働き方の質や働く環境を重視する従業員が増えている現代、従業員の定着率向上・人材確保のために、他者との差別化を図るためにも福利厚生の充実度は企業にとってとても重要なことと言えます。

2.福利厚生の現状の実態とトレンドは

福利厚生というと、一昔前は豪華な保養所だったりレジャー施設との提携など、優待利用といった非日常でのサービスが多かったのですが、多様な働き方を求める現代のニーズにはマッチしません。前のアンケートでもあったように、利用者が限れらる傾向にあります。時代の変化とともに福利厚生のサービスはハコモノ→ヒトコトへと変化をしていってます。こうした流れは働く世代の仕事に対する考え方の変化があります。

非日常のサービス求めるのではなく、より身近な日常でのサービスが求められています。

その背景にはワークライフバランスといった、ライフスタイル全体を自分らしくよりよいものにしていきたいという価値観が拡がっています。「自分らしさ」や「自分の幸せ」といったことを軸に、働き方を変える人が増えているので衣・食・住・医療・子育てなど、日常生活における直接的に影響するサービスが従業員の満足度を高めていると言えるでしょう。
企業は働く人のライフスタイルに合わせたサポートをする必要があります。優秀な社員を確保するためにも、企業にはフレキシブルな対応が求められるのです。

3.福利厚生サービスをうまく取り入れている企業の事例

一生健康で働き隊 | 株式会社ランクアップ 

女性社員による“一生健康で働き隊”を結成!41名の社員のうち、19名がワーキングマザーの弊社では、社員の活躍と健康増進のため、就業中のヨガ教室や無農薬野菜の支給などを実施。

●無農薬野菜支給
代表岩崎の地元である北海道のおいしい旬の無農薬野菜や果物、お米が支給されます。

●スポーツトレーナーによる整体
月2回、プロのスポーツトレーナーを呼んで就業時間内に施術を受けることができます。

●オフィスおかん
和食を中心とした惣菜・添加物を制限した、お惣菜を購入することができるサービスを導入しています。

女性活躍支援に力を入れている株式会社ランクアップは代表自らもワーキングマザーであり、ママ社員の働きやすい環境作りを実践されています。

残業ゼロ、創業以来9年連続売上増の会社が本気で取り組む健康増進経営とは?

merci box | 株式会社メルカリ

merci boxは「Go Boldにおもいっきり働ける環境をより充実させてていくため」の仕組みや制度をまとめたものです。

●妊活の支援
高額な費用が発生する可能性のある不妊治療を行う場合、治療開始から10年間、所得や年齢の制限なく、その費用を会社が一部負担します。

●病児保育費の支援
子どもが病気になった際、臨時で保育施設に預けたりベビーシッターを利用した場合の費用を支援します。安心して仕事に専念できるよう利用時間の制限なく1時間あたり1,500円を支給します。

●プライベート活動の支援
プライベート支援の一環として、株式会社エウレカが提供する恋愛・婚活マッチングサービス「pairs」の有料プランを、社員は無料で利用できます。

フリマアプリ「メルカリ」を提供する株式会社メルカリは、結婚、出産、育児などの「ライフイベント」を控える社員たちが安心しておもいっきり働けるための制度を充実させよう「merci box」を導入することなったそうです。

merci box コーポレートページリンク

安心できる福利厚生 | 株式会社サイバーエージェント

女性が出産・育児を経ても働き続けられる職場環境の向上を目指して8つの制度をパッケージや技術者の活力を引き出す人事制度として8つの制度をパッケージなど、サイバーエージェント独自の福利厚生が整っています。

●女性活躍促進制度 macalon
エフ休、女性特有の体調不良の際に、月1回取得できる特別休暇。
キッズ在宅、子どもの急な発病や登園禁止期間など、子どもの看護時に在宅勤務できる制度。
ママ報、ママ社員向けの社内報

●技術者向け支援制度 ENERGY(エナジー)
FA権、様々な事業部で活躍する技術者が、自己成長するためのチャレンジ異動を支援する制度。
ENERGYコンシェルジュ、技術者が開発に集中できるよう、開発以外の全ての業務(会議手配、事務作業、経費精算など)を代行する担当者を設置。
開発合宿サポートデスク、新規サービス立ち上げ時に集中して開発を行うため、オフィスを離れ、宿泊施設で行う開発合宿の手配をサポート。

株式会社サイバーエージェントのトップメッセージ、代表の言葉通り、今までの過去の利用されない福利厚生を捨て、合理的でより従業員に身近なサービスを取り組んでいくと語っています。

安心できる福利厚生

4.日常的サービスを提供している会社3選

では実際企業はどんなサービスを考えればいいか、悩んでしまいますよね?自社で0からサービスを考えるとなると、時間やコストがかかる、そこで今回注目したいのが、福利厚生のアウトソーシングサービスです。

食事支援サービス | オフィスおかん

株式会社おかんの運営するプチ社食サービス「オフィスおかん」。毎日お弁当を宅配する宅配弁当サービスなどとは違い、オフィスに専用冷蔵庫を設置し、その中にお惣菜やご飯が補充されていくサービスです。お惣菜・ご飯の補充は月に数回、専用冷蔵庫のほかに専用BOX・料金箱を設置しますが、管理・運用はすべて運営会社が行うため、導入企業に管理コストがかからないのは嬉しいですね。

一品100円~200円となっており、利用者は冷蔵庫から好きなものを取り出し、電子レンジで温めるだけ。専用のトレーや箸類、ご飯などの常温商品は、すべて専用BOXに常備されています。オフィスおかんの大きな特徴は、利用時間の制限なしに、添加物控えめのヘルシーな食事を摂ることができることです。ランチに限らず好きな時間に利用することができるので、ちょっと小腹がすいたときや残業時の夜ご飯にも活用可能。すべての働く人の味方となるサービスです。

初期費用なしの月額固定制の料金体系と、導入のハードルの低さも魅力的ですね。月額のサービス料金も複数のプランを準備しているので、気軽にお問合せしてみてはいかがでしょうか。

オフィスおかんの評判・料金・提供エリアは?導入事例や効果を徹底解説

家事代行サービスCaSy | 株式会社CaSy

「家事の時間を家族の時間」にをテーマに質の高い家事代行キャストがあなたの家事の負担を減らして、住宅内清掃全般のサービスを受けれる会社です。1時間あたり2,500円(スポット利用時・税別)という業界最安値で活用できます。

「法人向け福利厚生プログラム」は、企業の負担金額・割合や利用回数によって、以下3種類のプランから選択可能。

・買い取りプラン:導入企業が「ギフトコード」を一括購入し従業員に支給。ギフトコードの種類は、通常料金の20%引きとなる「平日利用限定ギフト」と、土日祝日も利用可能で通常料金の10%引きとなる「利用日限定なしギフト」から選ぶことができる。

・利用実績プラン:導入企業が「ギフトコード」を従業員に支給し、利用実績に応じた料金をカジーに支払う。ギフトコードの種類は、通常料金の14%引きとなる「平日利用限定ギフト」と、土日祝日も利用可能で通常料金の7%引きとなる「利用日限定なしギフト」から選ぶことができる。

・一部費用企業負担プラン:導入企業が「ギフトコード」を従業員に支給し、利用実績に応じて一部負担金をカジーに支払う。

健康支援サービス | 株式会社イーウェル

ストレスチェック支援、健診事務代行などの業務をトータルにサポートし、効率的で効果的な健康管理サービス。これまで1,200を超える企業·団体の福利厚生の仕組み作りをサポートしてきた実績で企業の悩みを解決します。

まとめ

従業員の満足度や企業PRの向上のためにも、福利厚生の拡充は有効な手段です。ワークライフバランスといった、ライフスタイル全体を自分らしくよりよいものにしていきたいという価値観が拡がってる今こそ、福利厚生にも多様性が求められていくでしょう。

各社の取り組み事例を参考に自社の企業規模や利用率にマッチし従業員のニーズなども含めて利用を検討して見てはいかがでしょか。

初期費用0円
全国対応
自動販売機プランスタート!

健康経営の施策にも効果的!

サービス詳細はこちら 資料ダウンロード