導入企業1000拠点突破!導入事例から見るオフィスおかん

OKRとは?新しい手法で叶えるエンゲージメント向上と目標達成

OKRは、企業目標に沿って社内全員がひとつの方向に向かって目標達成をしていける手法として注目を集めています。現代の企業が抱える人材的な課題を解決するツールとしての認識も高まっているようです。ここでは、OKRとは何か、組織にどんな効果をもたらすのか、多くの先進企業が導入している理由を探ってみましょう。

 

OKRとは何か

OKRは英語のObjective and Key Resultの頭文字を取ったものです。目標設定で活用され、O(目標)に対して必要なKey Result(目標を達成するために得るべき結果)を設定します。。

まずは、OKRがどんな観点で使われるものかについて説明していきます。

目標管理が目的ではない

目標設定で活用されるOKRですが、実は目標の達成を目的としたものではありません。目標も達成値もやや高めに設定し、成果のストレッチを狙います。一定期間内の達成率の理想は60~70%と言われています。100%クリアすることは悪いことではないのですが、目標設定値としては低すぎたということになります。その達成率をプロセスの中で管理し、分析や評価を行ない、修正や改善を繰り返してくためのものです。

キーは可視化と共有

組織でOKRを活用することのキーポイントは、OKRが企業と全社員の目標を見える形で共有できる点にあります。目標設定の手法にはさまざまな種類が存在していますが、このOKRの特徴が組織の目標達成と組織の人事的な課題にたくさんのメリットをもたらしているようです。

 

OKRの導入で得る組織のメリット

組織でOKRを活用していく際のメリットを紹介します。

期待と目標の一致

OKRは、企業のメインの目標の達成のために必要なことが各部署や各社員に落とし込まれていきます。おのずと、企業の期待が部署や社員に伝わることになります。これによって、企業の期待と、社員の目標の方向を一致させられるのです。

集中度が増し無駄が減る

各部署、各社員は、多くの業務を抱え、ときにあまり重要でない業務に時間を掛けてしまうこともあります。OKRの設定によって、自分が注力すべきことがクリアになり、優先的に集中して取り組むことを促します。これは無駄な作業を排除する意識を高めます。

協力体制の充実

自分の仕事、自分の部署の仕事は常に接しているのでよく見えていても、他部署のことや他のメンバーのことは何をやっているのか、どう進んでいるのかが見えないものです。OKRの共有によってこの問題は解決します。組織内の自分以外の部署や人が何に注力し、何を必要としているかが分かると協力や相互理解が促されます。

目標達成への重要感

OKRの縮図は、企業の掲げる大きな目標を達成するために、自分の部署や個人の目標を達成できるかできないかが大きく影響することを意識して仕事を進めることになります。良い意味の刺激とプレッシャーが掛かるのです。

評価に対する公平感

OKRで目標、進捗、成果が全社員に伝わります。周りがどんなことに取り組みどれだけの成果を上げたのかも把握することができます。それを基にした評価であるとき、誰もが納得のいく公平さを保つことができます。

 

OKRが従業員エンゲージメントを高める

OKRの存在によって、従業員エンゲージメントが高まることもOKRを導入する魅力のひとつです。

具体的にどういった点がエンゲージにつながるのかを確認してみましょう。

組織の一員という認識

OKRは企業目標を社員全体に割り振った縮図です。自分の目標がその縮図の一部に属していることで組織の一員であるという責任感と安心感を持って業務に取り組む意識が芽生えるようです。

一致した方向に進む安心感

OKRは、各部署や各社員がずれた方向に無駄に頑張ってしまうことを防ぎます。業務に組織内のすべての社員が一つの大きな企業目標に向かうための目標を掲げ、確信をもって、その達成のための仕事を行なうことができるのです。

目標達成へのコミット

OKRで目標を開示することは、自分だけが知っている自分だけに影響する目標ではなくなります。周囲にコミットすることになるので達成への意欲や責任感も高まります。コミットによって周りからの理解や協力も得やすくなります。

 

まとめ

従業員のエンゲージメントを向上させることは、社員の定着率にも直結するため人事の課題の一つ。OKRは業務の進捗や目標管理ツールとしてだけでなく、モチベーションアップやコミュニケーションの活性化など組織力向上にも役立っていくようです。