導入企業1000拠点突破!導入事例から見るオフィスおかん

仕事のパフォーマンスに影響大?オフィスの気温問題

オフィスの気温管理は大きな問題

毎日の大半を過ごすオフィス。居心地のいい場所であることは重要ですよね。 あたたかすぎるとポカポカとして眠くなったり、ぼーっとして集中できなくなってしまいます。逆に、 寒すぎると風邪をひいたり、血流が滞って代謝が悪くなったり、体調を崩してしまいます。

オフィスの気温が気になっている人はどれくらいいるの?

ダイキン「第7回 現代人の空気感調査」では、 “真夏のオフィスの空気環境で気になること”の項目で以下の通りの調査結果が出ています。

1位:「場所(席)によって室温にムラがある」(67.0%)

2位:「冷房の設定温度が低すぎる」(51.3%)

3位:「空気が乾燥している」(43.0%)

参考:http://www.daikin.co.jp/air/knowledge/library/vol07/index.html?ID=air_knowledge_library

オフィスの気温に関する困ったあるある

オフィスの気温について不快な思いをされた方は多いのではないでしょうか?オフィスの気温に関する困ったあるあるを書き出してみました。

夏編

  • 冷房の効きすぎで身体が冷える
  • エアコンの風が直撃して寒い
  • 外から帰ってきた時の気温差で夏バテする
  • 外から帰ってきた直後は涼しいけどすぐに寒くなるので上着を常備している
  • エアコンの温度設定競争になる
  • 暑い人がパタパタとあおぐうちわの音が気になる
  • 扇風機の音が気になる
  • 汗が気になる
  • 汗をかいた人があおぐうちわの風が直撃するのが気になる

冬編

  • とにかく寒い。窓側の席が寒い。
  • 壁際も寒い。
  • 人が少ないと寒い。
  • エアコンの温度設定競争になる
  • 風邪予防のついでに寒さ対策としてオフィス内でもマスクをつけている
  • オフィス内でもマフラーを巻いている人がいる
  • 寒いと思った1時間後に暑いと思う
  • 部屋があたたまりすぎてぼーっとしてくる
  • ぼーっとしてくるので身体を冷やそうと思ってアイスを食べてしまう

 

快適なオフィスの気温の基準値は?

オフィスの気温は法律で決められている?

オフィスを快適な気温にしなくてはならないことはわかりましたが、では一体オフィスの気温は何度に設定すればいいのでしょうか。
実は、労働安全衛生法の事務所衛生基準規則第5条3項に、

「事業者は、空気調和設備を設けている場合は、室の気温が17度以上28度以下及び相対湿度が40%以上70%以下になるように努めなければならない」

と記載があるのです。日本のオフィスではこの基準の中で快適な気温を見つけ出す必要があります。

今のオフィスの気温を調べてみよう

では、自分のオフィスの気温はきちんと基準に沿っているでしょうか?まずは現状を知るところから始めましょう。エアコンの温度設定ではなく、実際に室温が適温になっているかどうか、温度計をオフィス内の各所において確認してみましょう。 気温を見える化することで、どこが寒くてどこが暑いか、またその原因を推測することが可能です。 原因を推測することができれば、その原因に対する対策も考えることができます。

 

オフィスの気温を変化させている原因は?

いくらエアコンで温度を設定しても、オフィスの気温は様々な影響を受けて変化してしまいます。オフィスの中では様々なものが要因となり気温の変化をもたらしていますので、 それぞれの原因を特定し、特定したらそれについてしっかりと対策をしていくことが大切です。

照明

仕事をする上で明るい照明は必要ですが、熱を発している照明は要注意です。特に白熱灯や蛍光灯は発する熱量が多いので気をつけましょう。

パソコンやプリンター

オフィスの中にどうしても置かなければならないパソコンやプリンターからも、たくさんの熱が放出されています。特にプリンターの近くは熱くなりやすく、たくさんの人が行き交いますのでよりたくさんの人が暑さを感じることでしょう。

ドアや窓の開け閉め

外出する方が多いオフィスではドアの開け閉めが激しく行われますので、そのたびに外気温と内気温が一気に混ざり合って気温が変化します。外気と直接触れないオフィスでも、お手洗いや給湯室への移動などで執務室のドアを開けて出入りすることで執務室の温度は大幅に変化します。特にドア付近の席は気温が変化しやすいです。

人の多さ

外出する方が多いオフィスでは、執務室内に人が多いときと少ないときがあると思います。人からも熱が発されていますので、執務室内にいる人数でもオフィスの気温が変わってきます。

 

快適なオフィスの気温を保つには?

オフィスの気温を変化させている原因を特定したら、それぞれにあった対策をしていきましょう。

熱源の影響を少なくする

例えば仕事に使用しない冷蔵庫、ポット、コーヒーマシンなどの家電については別の部屋に移動させたり、プリンターもデスクから離れた場所に設置して影響を受けないようにします。

照明をLEDに変える

白熱灯や蛍光灯よりも発する熱量が少ないので気温が上がりにくいです。

ブラインドやカーテンをつける

直射日光が差し込む場所があれば、ブラインドやカーテンをつけて急激な気温の上昇を防止しましょう。

エアコン吹き出し口に取り付けるファンをつける

エアコンの風を部屋に均一に循環させるために回転式のファンなどを取り付ける方法もあります。冷房の風が直撃して寒い場合は風向きをコントロールする羽を取り付けましょう。

ドアや窓を開けて換気する

暖房や冷房を使用していると、だんだん空気が淀んできたような気分になりますし、あたため続けるまたは冷やし続けると気温はどんどんどちらかに偏ってしまいます。たまに換気をすることによって空気を循環させ、極端な暑くなりすぎ・寒くなりすぎを防止しましょう。

時間によって微調整

朝と夜はすずしく昼間はあたたかい場合、オフィスの気温もそれにあわせて調節しましょう。もしかしたら昼間はエアコンをつけなくてもいいかもしれないのに、朝から晩までずっと同じ設定気温でエアコンをつけておくのはもったいないですね。

あたたかい部屋と涼しい部屋にわける

人によって感じ方は様々なので、思い切ってそれぞれの人にぴったりの部屋を作ってしまうのはいかがでしょうか。自分であたたかい部屋か涼しい部屋か選べる状態になっていれば、全員の意見を一致させる必要がありませんので便利です。

 

全員にとって快適なオフィスの気温管理方法とは?

オフィスの各所で気温を変化させている原因を一つずつ解決していけば、オフィスの気温のムラを解消することが出来るかもしれませんが、 同じ環境にいても「寒い」と感じる人と「暑い」と感じる人がいることは事実です。 たくさんの人が過ごすオフィスという環境では、全員がちょうどよいと感じる空間を作ることは至難の業かもしれません。

そのため、インテリアや内装以外でコントロールして解決する方法も知っておきましょう。

衣服を調整

寒いと感じる人はストールを巻いたり、暑いと感じる人は冷却素材の下着にするなど、自分で気温の感じ方を調整することはできますよね。相手への思いやりを忘れずに、まずは自分で工夫してみてください。

卓上扇風機

周りのみんなはそうでもないみたいだけど、自分だけ暑い…。そんな人は卓上扇風機で自分だけ涼しい風が届くようにしましょう。くれぐれも他の人に迷惑がないように気をつけましょう。

ひざかけ

下半身が寒いと全身寒いように感じるので、ブランケットなどをかけて適宜調整しましょう。最近はちょうどよいサイズのブランケットが様々なデザインで販売されています。

席を移動してみる

席を移動すれば自分にとって快適な気温の席が見つかるかもしれません。たまに席替えをしてみるのもいいですね。

身体を動かす

身体を動かして代謝をあげれば体温が上がります。寒い人は積極的に身体を動かして身体の中からあたたまりましょう。

 

まとめ

まずはオフィスで現状の気温の確認をして、問題はどこにあるのかを探りましょう。それが終わったらその問題の解決方法を考え、実行して様子を見てみましょう。どうしても調節が難しい場合には、同じ空間で仕事をするもの同士、個人個人が相手を思いやって快適な時間を過ごせたらいいですね。

総務・労務・管理部 担当者必見!!

初期費用なしで始められる社食サービスで従業員満足度を向上させよう

  • 健康経営に力を入れたい
  • 生産性向上に取り組みたい
  • オフィスの食環境を整えたい
  • サービス詳細はこちら