オフィスおかん導入企業1200社突破!自動販売機プランもスタート

どこまでOK?オフィスカジュアルのOKラインNGライン【男性編】

近年、頻繁に聞くようになってきた「オフィスカジュアル」という言葉。「ビジネスシーンはスーツ必須」という職場も、最近は少なくなってきました。

オフィスカジュアルといえば、「かしこまりすぎず、でもくだけすぎず」という漠然としたイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか?

実際オフィスカジュアルはどこまでがOKで、どこからがNGなのでしょうか?一般的にどのように解釈されているかを解説していきます。

オフィスカジュアルとは?

オフィスカジュアルとは、スーツからカジュアルダウンしたオフィスでの服装を指します。「ビジネスカジュアル」とも呼ばれ、「ビジカジ」と略されることもあります。
スーツのように「上下同じもの」ではなく、上下で色や素材など異なるものを組み合わせたスタイルです。

カチッとしつつ、オシャレ要素も取り入れることができ、「仕事もできるオシャレな人」という印象を与えることができます。

環境省がクールビズを推奨するようになってから、オフィスカジュアルという考え方も広まってきました。

参考:環境省が提唱しているクールビズの服装

男性のオフィスカジュアルの定番といえば、やはりジャケパン(ジャケット+パンツ)スタイルでしょう。ブラック、ホワイト、ネイビー、グレー、ベージュなどのベーシックカラーを組み合わせるのが一般的です。派手な柄物・色の服はビジネスの場にふさわしくないないので避けましょう。

オフィスカジュアルのトップス

ブラック、ネイビー、グレーなどベーシックカラーのものがオススメです。せっかくのオフィスカジュアルなので、チェックやストライプが入っているもの、ウールやリネンのものなど、若干カジュアルダウンされたジャケットを着てみるのもよいでしょう。シャツは基本的には襟のあるものにしましょう。会社によってはTシャツでもOKな場合もありますが、襟付きが無難です。もしTシャツを着る場合は上にジャケットを着てカジュアル感を抑えます。

シャツの裾はパンツに入れて出さないようにします。ただ、最近増えている着丈の短いシャツなら裾出ししていても問題ないと思います。長い裾を出してだらしなく見えるのはNGです。

オフィスカジュアルのボトムス

チノパンやスラックスが主流です。シンプルでも細身で丈感の合ったものならオシャレに見えます。ジーパンはややカジュアルにはなりますが、ジャケットと合わせればOKとされることが多いです。ポケットがいっぱいついた、カーゴと呼ばれるようなパンツはカジュアル感が強くなるので、オフィスカジュアルでは履かないようにしましょう。ハーフパンツは、スーパークールビズだとしても不適切です。

オフィスカジュアルの靴&靴下

オフィスカジュアルなら、多少デザインされた靴でも構いません。スエードシューズなどもオススメです。

靴下は白はNGです。パンツの色、靴の色に合わせてダークカラー(ブラック、ネイビー、グレーなど)の靴下を履きます。

まとめ

いろいろとご紹介してきましたが、オフィスカジュアルは、時と場所に合わせた適切なビジネス感、カジュアル感を意識することが最も重要です。これからオフィスカジュアルを始めようとしている管理部門の担当者の方、オフィスカジュアルをやっているけどいまいちどこまでOKか決めかねている管理部門の担当者の方、是非参考にしてみて下さい!