導入企業1000拠点突破!導入事例から見るオフィスおかん

株式会社ノバレーゼで年に2回付与される福利厚生「Rockの日」とは?

株式会社ノバレーゼで実施されている福利厚生「Rockの日」とは?

株式会社ノバレーゼは、全国に50以上のブライダル&レストランを展開しており、施設はどれも地域特性が活かされていて、お互い違うコンセプトで設計されているのが特徴です。また、経営理念として「Rock Your Life(=世の中に元気を与え続ける会社でありたい)」を掲げ、社会全体に対してエネルギーを生み出すことを目的としています。

そんな株式会社ノバレーゼで特別に年2回付与されている休暇制度が「Rockの日」です。

ノバレーゼで福利厚生「Rockの日」が誕生した背景

ブライダルという業界において、お客さまの大切で特別な日をもてなす社員スタッフに、お客さまと同じように大切な時間を過ごしてほしいという考えのもと、先にご紹介した経営理念をなぞって制定されたこの「Rockの日」という休暇が制定されました。

しかし、この「Rockの日」が誕生するまでに、株式会社ノバレーゼには他のユニークな休暇制度もありました。「Rockの日」ができあがるまでの背景を具体的に見ていくことにしましょう。

ブライダル業界は近年、就活を行なっている学生たちにも人気で、就職希望者も殺到しています。しかし、苦労して入ったブライダル業界も、現実では3年未満で辞めてしまう方も大勢いて、株式会社ノバレーゼでもこうした業界特性を変えようと数年前から取り組みが行なわれていました。

株式会社ノバレーゼでは、今から7年前にまず「アイデア休暇」という有給休暇制度を導入しました。この制度は、ユーモアあふれる休暇の理由を生み出すことができれば休めるといった大変変わった制度で、複数のメディアにも取り上げられました。

ブライダル業界はエンターテインメント性を求められる業界です。社員に対し、面白おかしい、楽しくなるようなことを生みだす自主性を育てるために導入されました。

例えば、「サッカー日本代表に選ばれてしまいました」、「私、石油王と結婚することになりました」などといったアイデアも生まれ、当初はこの休暇制度を取得する人たちも複数現れました。ところが、会社の狙いとは裏腹に、アイデアが出ても実際には休暇を取得しない人もたくさん現われ、全員に気軽に休暇制度を利用してほしいという同社の願いが叶えられることはなく、2015年に新制度として導入されたのがこの「Rockの日」なのです。

「Rockの日」はこうした背景により、有給休暇率と社員のモチベーション向上を理由に、誕生したわけですが、株式会社ノバレーゼがこの休暇制度を制定した真の理由やメリットとは、どのようなところにあるのでしょうか?具体的に見ていくことにしましょう。

福利厚生「Rockの日」を制定したことによるノバレーゼのメリットとは?

この有給休暇制度である「Rockの日」も、その母体となった「アイデア休暇」も、社員が楽しい時間を過ごして、エンターテインメント力を磨いてほしいといった株式会社ノバレーゼの根底にある考えは変わりません。こうした有給休暇の取得率が向上していけば、自ずと日常の仕事現場にも好影響が現われると考えており、これが同社のメリットにもつながるわけです。

「Rockの日」になってからは実際に有給休暇取得率もアップし、部署や店舗ごとに遊びに行くなどの社員の交流にも結びついており、会社の雰囲気づくりやコミュニケーション力の向上にもつながっています。

さらに2年前からは全社員で年休計画表も作成しており、四半期に一度は休暇取得を調整したり、それぞれの取得状況を確認しています。また、部署ごとに取得率も算出し、ランキングを作成した後、全社のイントラネットに掲載しているという徹底ぶりです。