オフィスおかん導入企業1200社突破!自動販売機プランもスタート

意外と知らないマウスの選び方。今期おすすめのマウスは…

みなさんはマウス選ぶとき、どんなポイントを見て購入しますか?多くの方が当たり前のように使っているマウスですが、こだわって選んでいる方は多くないのではないでしょうか。実はマウスにもさまざまな種類があります。そこで今回は、マウスの種類と選び方について整理しました。

マウスの種類

ケーブルの有無

有線型/無線型

PCと有線ケーブルでつないで使うのが、有線型です。赤外線通信などでPCとケーブルでつながなくても利用できるのが無線型です。

有線型は、無線型に比べ機動性には欠けますが、価格が安く電池が不要というメリットがあります。またケーブルで直接つなぐので接続が安定します。

無線型は、有線型と違い電池が必要ですが、ケーブル無しで使える利便性が特徴です。また、

読み取りのための光線の種類

IR/LED型/BlueLED型/レーザー型/光学式

マウスは、マウス底から出る光線を読み取り、その動きをPC上に反映しています。光線種類にも主に4種類あり、それぞれに特徴があります。

IR/LED型

IR(赤外線)センサー方式のマウスは、駆動電圧を抑えた省電力仕様という特長があります。マウスによっては半年から1年以上もの間、電池交換不要で使用できるものもあります。ワイヤレスマウスには、電池交換が必要というデメリットがありますが、IRセンサー搭載のマウスであれば電池交換の回数を減らすことができて、省エネにも節約にも効果があります

BlueLED型

ブルーLEDマウスは読み取り性能が光学式マウス・レーザーマウスより更に強化され、今まで読み取ることが難しかった透明に近いガラス面やカーペット・衣服などの起伏がある布の上などでも操作できます。青色LEDの青い光は従来の光学式マウスの赤い光と比べ、波長がより短く、小さな凹凸・陰影などを細かく判別できるためです。
マウスパッドなしでも問題なく操作ができて、持ち運びのときに便利です。
従来のブルーLEDの1.5倍の読み取り性能を持つスーパーブルーLEDマウスは光沢面でもストレスなく操作できます。

レーザー型

レーザー式マウスは解像度・感度・読み取り精度などが光学式マウスと比べて強化されているので、光沢のある白いデスクやプラスチックの下敷き、不透明なガラスの上など光学式マウスでは操作しにくい場所でも安定した動作が可能です。かつては最上位機種を中心に搭載されていましたが、現在ではお求めやすい価格のものも増えています。デスク上で使用される場合であればマウスパッドを使用しなくても十分な性能を発揮します。

光学式

光学式マウスは、価格が比較的安価でドライバが不要な場合が多く、他の読み取り方式のマウスと比べて手軽に使用できるメリットがあります。しかし、光沢のある素材の上や規則的なパターンの上では認識能力が落ちるので思うように動作しないことがあります。そのため、光学式マウス使用時にはマウスパッドを用意することをオススメします。

参考:マウスの豆知識 – サンワサプライ株式会社

 

おすすめのマウス

上記の種類が色々とあり、またコスト面でもピンからキリまであるマウスですが、ここでおすすめのマウスを3種類、独断と偏見でご紹介しようと思います。

エレコム M-XGL10BBBK

手の形状から生まれたデザインにより、ありそうでなかった「握り心地」の良さを実現した5ボタンマウスです。

ロジクール Marathon Mouse M705t

手と指を自然な状態で休ませ、ボタン操作もしやすい立体形状により、高い快適性と操作性を実現したマウスです。

バッファロー BSMBU23S

いつも使うマウスなので、握りやすさを追求。長時間使用しても疲れを感じにくいデザインです。

 

健康経営に取り組みたい
人材定着を向上させたい
コミュニケーション活性化
残業時間短縮
女性の働き方支援

働き方改革にインパクトを与える食の福利厚生サービス

サービス詳細はこちら 資料ダウンロード