あなたの職場にオフィスおかんを!

【完全理解】ミッションステートメントの9つの要素と作り方!

企業と従業員が共有すべき価値観や果たすべき社会的使命などを意味する「ミッションステートメント」。近年、経営層の間では共通言語として使われることが多くなってきているように思われます。

しかし、いざ作るとなると、どこから手をつけて良いのか、どう作るべきなのかをイメージするのはなかなか難しいと思います。ですが、実は作り方のポイントさえ押さえておけば、極端に難しいというものではありません。

ミッションステートメントはどのように作成していけばよいのでしょうか?今回は、作り方や作る際に必要となる9つのポイントや、実際にミッションステートメントを作る上で大事なポイントなどを解説します。

 

ミッションステートメントの作り方 準備編

ミッションステートメントを作り始める前に、「対象」「範囲」「作る目的」を明確にする必要があります。大風呂敷を広げて、結局できないようなミッションステートメントを作っても何の意味もありません。

 

ミッションステートメント作り方で必要となる9要素

ミッションステートメントで、主に必要とされる9要素があります。

環境に関する要素

  • 顧客
  • 市場(マーケット)
  • 技術(テクノロジー)

自社に関する要素

  • 企業理念
  • 製品、サービス
  • 企業の強み(競争優位性)
  • 企業の成長性や財務の健全性
  • 社会的責任・自然環境への配慮(パブリックイメージ)
  • 社員に対する姿勢

この各要素に対して、イメージを持ってから作成に取り掛かりましょう。

ミッションステートメント作り方で必要となる9要素の詳細説明

1.顧客

自社が現在どういった顧客を抱えていて、それに対して今後どのような範囲までを顧客として定義するのか、という点です。通常の仕事をしていると、改めて考えることもないかと思われますが、一番最初に認識の齟齬が生まれやすいポイントでもあります。

例えば、BtoBのサービスを提供している企業であれば、toBに当たる顧客企業が「顧客」として定義に含まれるのは当然ですが、その顧客企業がさらに顧客としている「消費者」は、自社の「顧客」に含むのか含まないのか、または顧客企業のパートナーは「顧客」に含まれるのか、などが考えられます。

2.市場(マーケット)

今後目指していく市場はどのような範囲なのか、国内なのか海外を含むのか、海外とはどの国なのか、その市場とは今後どのような成長・衰退を予測しているのか、といった情報を整理する必要があります。

また、一般的に言われていることを鵜呑みにするだけでなく、その状況をどのように変えていきたいのか、というところまで検討すると良いでしょう。

3.技術(テクノロジー)

自社の技術のみならず、世界的にどのような技術が生まれていて、今後どのように成長拡大していくのか、ということになります。

技術の進歩やイノベーションによっては、想定していた「顧客」や「市場」が一気に変化してしまうという可能性もありますので、できるだけそういった脅威や可能性についての検討をしておくべきでしょう。

また、技術が自社のビジネス拡大のボトルネックにならないように常に最新の技術をキャッチアップし、自社のビジネスに取り入れていくという姿勢が重要です。

4.企業理念

こちらは改めて定義するという企業は少ないかもしれませんが、もしミッションステートメントを検討する上で、様々な要素を考慮した結果、今後の会社の方向性と少しズレがあるようであれば、企業理念の再考も検討の余地があるかもしれません。

5.製品、サービス

改めて自社の製品やサービスについての理解をきちんと明文化しておくことをオススメします。

製品サービスという範囲は、単に提供しているモノやサービスの外形だけでなく、訴求している付加価値は何か、顧客の満足するポイントはなんなのか、というところまで合わせて考えておく必要があります。

ドリルを売るのではなく、穴を作ることができるツールを売っている、つまり顧客は穴を必要としているのだ、という話に通ずるところもあります。

6.企業の強み(競争優位性)

企業の強み、つまり競争優位性の整理も必要です。

日頃あまり言語化する機会がない部分ですが、ミッションステートメントを作成する上では、今後どのような優位性に基づき会社が進んでいくのかということは、ミッションステートメントの実現性に大きく影響を及ぼします。

7.企業の成長性や財務の健全性

自社のビジネスが今後どのような成長を遂げていくと予測しているのか、それを裏付ける財務的な健全性がどの程度確からしいのか、ということを改めて整理しておきましょう。

極めて高尚なことをミッションステートメントとして掲げるのは良いものの、一方でそれを可能にする成長性や財務的健全性がなければ、説得力はありません。

これはイメージですが、自社の手の届く範囲からストレッチしたところ、すなわち「現実感の全くない場所ではない」ところにミッションステートメントをおくのが良いと思います。

8.社会的責任・自然環境への配慮(パブリックイメージ)

自社の発信するメッセージとして、社会に対するものがこの項目にあたります。

コーポレートシチズンシップ(corporate citizen-ship)という言葉も、少し前から使われるようになりましたが、「企業や従業員も市民社会の一員であり、すなわち「企業市民」(コーポレートシチズン、corporate citizen)であるとして、企業の存立基盤である地域社会やコミュニティーの健全な発展に貢献すること、あるいはそうした企業精神や実際の取り組み」をすべきである、という考え方が一般的になりつつあります。

そうした社会的責務とも捉えられるようになってきた役割を企業としてどう認識し、どうアクションしていくのかということを、ミッションステートメントの要素として組み込むと良いでしょう。

9.社員に対する姿勢

自社のメッセージのうち、もう一つが社内向け、つまり社員に対する姿勢です。

今後の会社の行く末を決める上で、社員に対して会社がどのようなメッセージを発信していくのかという点はミッションステートメントの要素として非常に重要です。

一方で、ミッションステートメントがそのまま社員への姿勢のみに閉じてしまわないように注意をしましょう。

冒頭でも記載しましたが、ミッションステートメントは企業と従業員が共有すべき価値観や果たすべき社会的使命などを意味する言葉です。単に社内向けの情報発信に止まってしまってはその意味は半減してしまいますので、ここは誤解なさらないようにお願いします。

 

ミッションステートメントの作り方 体制編

ミッションステートメントを作るのは、一人の手ではまず不可能です。

それは、物理的に時間がかかってしまうと同時に、あらゆる知識を持っている者が行わないと、立ち行かないからです。よって、通常は複数人で行うのが一般的です。この作成メンバーには、会社を運営に関わるレイヤーの人材も入れておくべきです。

これにより、よりその会社に合ったミッションステートメントが作成できます。

また、ワーキングチームで活動するには、必ずチームリーダーを選定して行ってください。進捗管理はチームリーダーの重要な役割にもなります。

 

ミッションステートメントの作り方の手順

9つの要素について意見を出しあう

ミッションステートメントの作り方の具体的な手順へ移りますが、まずは9要素の各項目を特定することが必要です。

例えば、顧客の要素を議論する場合、どこまでを顧客と呼ぶかを明確にします。既存の顧客のみに限定せず、将来的にどんな顧客増をイメージするのかというところまで検討していけると良いですね。

もちろんこれは、各メンバーで意見の相違が発生する可能性もありますが、それぞれの意見を尊重して行うようにしてください。各メンバーに意見をうまく引き出させるのも、チームリーダーの腕の見せどころです。

特に、社内の要素よりも顧客や法令に係るような要素に対しては、特に時間をかけてじっくりと議論することが重要になります。

出し合った意見を組み合わせる

出し合った各要素に関する意見を組み合わせて、整合性などを確認していきましょう。

顧客と市場、自社の成長性など、ストーリーとして1つにまとめることができるのか、一つの線上に乗っているのか、乗せることができるのか、ということを確認していくと、ある要素は検討し直す必要が出てくるのかもしれません。

その場合、現時点ではその要素はミッションステートメント作成によって理想とのギャップがある要素だということが認識されます。

ひとまずミッションステートメントを作成する段階では、そういった不足要素については目をつぶるとして、今後の会社としての補強ポイントでもあるわけですから、別途対応策については検討をする必要があります。

これこそミッションステートメントを作成する意義の一つでもあります。

組み合わせた上で文章化する

各要素に対してでてきた意見を、今度は文章として明確にしていきます。

単に意見を文章にするのではセンスがなく、上手く組み合わせた上に見る人に訴えかけるようなフレーズを用いると、より会社のミッションステートメントをアピールしやすいです。

また、堅苦しい文章にする必要は全くありません。相手に伝わりやすく、わかりやすい言葉で書くことをおすすめします。社内の人でないとわからないような表現ではなく、社外の人向けにもわかりやすい文章とすることで、採用活動時や会社紹介で、活用することができます。

ただ、砕けすぎる表現ですと、会社の信用にも関わってきますので、メンバーでレビューを繰り返しつつ作成することが重要です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ミッションステートメントは、会社のスタンスを示す重要なものです。

有識者を如何に集めてチームを構成できるか、そしてそのメンバーの持てる力を発揮して作成することが重要です。

今回紹介したミッションステートメントの作り方を参考に、よりリアリティがあり、社員の拠り所となるようなミッションステートメントを作成して、多方面にアピールできると良いですね。